« イースター | トップページ | まーちん出発 »

2006年4月14日 (金)

結婚までの時間わり

私達が人生の計画を一緒に立てはじめた時、
結婚に一番都合がいいのは私の博士取得
と、研究者としての就職の間でした。イギリス
では3年(私は4年制度でやっていますが)の
研究の後、殆どの生徒が卒論を書き、面接
のテストを受けます。2人の試験官がその
生徒が博士に相応しいかを判断する訳です
が、そこに日本のように発表した論文の数が
絶対要素として入りません。だから、卒業で
きるかどうかの目安は立てやすいです。

私の卒業予定は2007年のクリスマスまでに
卒論を書いて、2008年の1月に面接をパス
する事。

私は家族に教師が多いので、彼らがポーランド
の式に参加できるのは、夏休み。もしくは冬休み。

わたしとまーちんの実験の予定上、ポーランド
での式(+パーティー)と日本での披露宴を同じ
休みでやるのは避けたかったので(かなりの休暇
をとらなきゃいけないので)、まずポーランドで式を
挙げて、次の休暇に日本で披露宴をする事に。

これらを考慮して、大まかな予定を”年に1度という
私の帰国”を軸に考えてみると、

まーちんを日本に連れて行って家族に紹介。
(2006年秋⇒冬休みに式を挙げるのは無理)

     I
     I
ポーランドの準備
     I
     I
ポーランドで式+パーティー
(2007年夏)

     I
     I
式の後帰国し日本の準備
     I
     I
卒論+面接
     I
     I
日本での披露宴
(2008年早春)



と言う訳で、今回の帰国がポーランドでの式前、
最後の帰国になるのです。そして結婚の準備を
婚約も正式にしないまま始めたくなかったんです。

と言う訳で、この春の婚約は
”単なる恋人同士が結婚に憧れて計画を立てて
いる”のではなく、

”夫婦になる心構えの下、時間がかかる準備を
2人で進めていきます”と言う決心の証なんです。


ほら、何もしないまま2年近くも待ってる訳じゃない
でしょ?^^




まあ、まーちんの プロポーズがたまたま披露宴から
逆算した婚約時期にちょうど当たったというのが、
本当のところですが・・・^^; でも、全て終えるのに
これだけ時間がかかる事に気付いてなくて、のんびり
構えていたので、ちょうどよかったです。




日本国内でも遠距離中のカップルは毎週末、
結婚式をする予定の場所へ移動して、相談・見学
などの準備を進めなくてはいけないので大変みたい
ですが、私の場合 毎週帰国とかできないのでね。。

貴重な帰国時に、しっかりやることリスト(こーゆーの
作るの大好き^^)作って日本にいなきゃできない事
ガンガン進めますわ!






4月の半ばになるのに、まだ小寒いイギリス。先週は
氷点下になって雪が10センチも積もったところもあり
ました。うーん、むんむんした日本の春が恋しい!

では今回はこの辺で。

|

« イースター | トップページ | まーちん出発 »

コメント

博士とってからだと思ったよ。

でもいろいろ大変だね。
結婚もそうだけど、そろそろ留学のこと
考えて動かないかんなー。

おっとこっちはjapan!
論文出るかな???w

投稿: DSK | 2006年4月14日 (金) 12時40分

ともみ、婚約おめでとう!結婚や将来の計画を立ててる姿はとても幸せそう。^^
私と同じ国際結婚だね!相手がポーランド人とは私より格好いいなぁ。私は韓国で主婦、子育て、仕事と頑張ってるよ。
そう!私も最近ブログ始めたの。見に来てねぇ~!

投稿: su-tomo | 2006年4月14日 (金) 15時11分

Dちゃんへ
日本で披露宴は博士取ってからだよ(あくまで予定^^;でも取れるはず。。多分取れる。。。きっと。。。)しっかり実験して予定通りに卒業しなきゃね!

ともこへ
久し振りー!ブログ見せてもらったよー。サンホくん大きくなったねー。かわいー^^二人も幸せそうで嬉しいよ。日韓だろうと、日ポ(”にっポ”ってちょっと間抜けな響き・・・ふふっ)だろうと、ともこは国際結婚の先輩だからね、頼りにしてるよー。そっちもまた覗きに行くね!

投稿: ともみ | 2006年4月14日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81521/1386130

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚までの時間わり:

« イースター | トップページ | まーちん出発 »