« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

あなたもわたしも 印象派


わたあめさんから ご指名ですので 



今日は ”博多弁 de 印象バトン”
なんだそりゃ


余計な話だけど、やっぱ男は広島弁がいいよねー。






1)回してくれた方の印象はどげんたい?
 
わたあめさんはねー、笑いのつぼが似てます。
私と。(あ、そんなに悲しまないで)。
3つ言えば10読み取ってくれるので、話しててとってもたのし!


おっと、印象だったね。
うーん、
わたげみたいにふわふわしてて、温かい人!



P.S.
って言うか、遊びに来る約束が社交辞令だったら泣きます。
そして、まーちんは「さみし!!!!」メールを送り続けます。
だからちゃんと計画してね!
 



 
2)周りから見た自分はどんな子だと思われとっと?

しゃべる前: おしとやかで おとなしそう (でしょでしょ!?)
しゃべりだした後: 。。。。。 だまされるとこだった。。。

小学校の時は、1ヶ月は騙せてたのに、今は1時間もちません









 
3)自分の好きな人間性について5つ述べんしゃい。

前向きに努力する人
人に優しくなれる人
人のせいにしない人
約束を守る人
感情が安定している人









4)反対に嫌いなタイプ

自分の負の感情をコントロールできない人。
”愛してるから”言い訳に使う人
自己責任の取れない人
人の目が判断基準になっている人
計画性のない人
 


ふふ、これ結構 過去の彼氏のダメだしリスト。










5)自分がこうなりたいと思う理想像とかあると?

私の大切にしている友達みんなが共通して持っている優しさ
そしてまーちんが持っている強さ
私に欠けてる物だから尊敬するし、そうなりたいと思う。
 








6)そんな大好きな人5人にバトンタッチ!(印象つき)

っていうか、ブログ友達 もう皆回っちゃってるので、回す人いません^^;
Dちゃんブログ休止中だよね。。。

あ、りさちゃん、もし見てたら やってみて。 
印象はちっしゃくてかわいいのに根性ある子!




友達でブログやってる人、速やかに連絡を。あなたに回します。



きょうはここまで!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

個性派研究者軍団 In すいす 

ふー。やっと灰色のイギリスへ帰ってまいりましたよー。





スイスでの5週間、
わたくし全力失踪 疾走いたしました。




何とかやりたかった実験は全て済ませて、いい気分に
なったのでボスにレポートまで提出して帰ってまいりました。

いやー、疲れたけど楽しかったなー。


私の働いた研究室は

ボス:イタリア人
研究者:イタリア人、フランス人、オランダ人、インド人
学生:スイス人、イタリア系スイス人

だったのですが、かなり個性はぞろいで楽しませてくれ
ました。





ボス
はマサチューセッツ大学にも もう1つ自分の研究室
を持っている切れ者ですが、かなりポジティブキングに私の
面倒を見てくれて、イタリア人特有のズボラさも無く、さすが
1流の研究者ねって人です。そして私がほんの少しだけ
イタリア語をしゃべれるのをとても気に入っていて、会う人
誰かれ構わず「この子はねー、イタリア語もしゃべれるん
だよー」
と紹介し、私に余計なプレッシャーを与えます
(そんなにしゃべれんって。。。)


で、研究者達がまた濃いーんですねー。



イタリア人研究者(男)
背が低く、顔は変なおじさん(By 志村)。8年近く英語圏
で働いてきているのに、超ヘビー級イタリア英語(ほんとに
並みの訛りじゃないよん)。にもかかわらず、彼女は美人
(しかもナイスな)オーストラリア人。うーん。奥が深い。。。



フランス人、オランダ人研究者(共に女)、

かなり頭が良い。ウィットの効いた話術はもろ*私好み* 
いつも一ひねりきいた答えが返ってくる。
オランダ人は過去ヘビメタ風青春時代を経験(彼女は丸刈り、
彼氏は腰までの長髪だったらしい)。さらに子供の時はヒッピー
両親にヒッピーキッズの格好をさせられ
ピ~~~~~~~~ス(ラブ アンド ピース ね)」
とか言ってたらしい。
フランス人は只今妊娠5ヶ月。中にいるのが人間かどうか
は教えられないらしい。2人とも5-6歳年上だから、お姉さん
みたいで一緒にいてとってもたのすぃ~。




インド人研究者(男)

私より2週間だけ早くやって来た、そこではまだ新人。
私的にゲイ疑惑濃厚。理由は私の事が大好きなのに(頻繁
に一緒にショッピングへ行こうとか、うちに泊まっても良いよ
とか誘われた)男臭さが全く感じられない。下心が感じられ
なさ過ぎる。いい人過ぎるし、顔も悪くないのに女の影なし。
これはやっぱアレでしょ。イギリスに長くいるとねー、なんか
分かっちゃうのよねー。しかも私ゲイに好かれるたちなのよ
ね(こっちのゲイの皆さんはいい子がほんとに多いです)。
女として敵視されないからかしら。フェロモン出てないんでね、
わたし。
しかし疑惑は持っていたものの、本人確認はさすがにできず。




イタリア系スイス人(女)。

大学院生。イタリア人の両親を持ち、フランス語圏のスイスに
生まれ育つ。イタリア語が母国語だが、英語・フランス語・ドイツ
語はネイティブ並み。
すげ~~~~





いやー、皆良くしてくれました。

私の研究室最後の日、感謝を込めてケーキを買って来ました
が、皆忙しそうだなーと思っていると。なんと皆でお金出し合って、
マグカップ・Tシャツ・チョコレートの箱詰め
(すべてスイス印)
余った現金(現金もらったの初めてです^^;)、そして寄せ書き
まで!用意してくれました(泣かせてくれるねー。皆。
泣きませんけど)

そして、ボスはなんとシャンパン買ってきてくれましたー!
たかが5週間いただけの学生のために。。。感動ですー(涙)
泣きませんけど。






そして、その忙しい5週間の間に、しっかりビジネストークもいた
しまして、大学院卒業後、彼の研究室で雇ってもらう内定(ただの
ボスとの約束ですが^^;)までいただいて参りました。と言っても、
彼の研究室は第一志望ではないのですがね。






でも、ほんとに充実した時間を過ごせたし、奨学金申し込んで
よかった^^*


経験は金成り。人脈も金成り。努力も金成り。


みんな、ほんとに さんきゅ です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

金田一 はじめ 3

思ったより、ながなが書いちゃってすみません><
別に引っ張りたかった訳ではないんですが、私と
彼の関係は大きく分けて、高校時代、大学の始め、
そして今日書くその後、の3つなのでひとまとまり
づつ書きたかったと言うのと、スイスでの実験の
追い込みで、長い文章を書く時間がなかったので
3回にもなってしまいました。

ま、今回で終わりなので、お付き合いくださいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やつの気まぐれでの、ちょっとしたデート期間を
経て、また妙な友人関係に戻っていた私達。


そーこーしているうちに、お互いの生活を別々に
送るなか、連絡し合う事もだんだん少なくなって
行きました。そしてやつが東京へ出て行ったのを
境に、私達はほとんどメールをする事もなくなり
ました



1年ほどそんな風に過ごしていた頃、久しぶり
にやつが連絡して来ました。久しぶりにこっち
に帰って来るから会わないか?
と言う内容で。

長い事、お互いどうしてたか知らなかったし、
久しぶりに帰って来るならと思い、以前のように
一緒に飲みに行きました。














でも、やつは




なんだか私の知っている、おバカで、でも根は
いい奴
な、あの頃のあいつではなくなっていま
した。








本当に頭がいいのに(私はまともに受験勉強
すればやつは東大理三:東大の医学部:に
入れたと今でも信じています)、東京へ行った後、
やつはホストになって、そんな世界にしっかり
染まってしまっていました。


どんな店に勤めていたのか知りませんが、きっと
あーゆー世界はつながっているんでしょう。高級
クラブに来るような政界の大物と知り合いに
なったり、ホステスの女の子達と付き合ったり、
そんな話をしてくれましたが、私が会っている間中、
感じていたのは「もう、この人は私の知っている
あいつじゃないんだな」
という悲しさだけでした。



言葉の端々から、地位と権力への傾倒、そして
女の子を物のように見ている冷たが感じら
れました。本人はきっとそんなつもりもないし、
気付いてもいないでしょう。異質な世界にいると、
始めに感じていた物も、感覚の麻痺に同時に
感じなくなるものです。






チャラチャラしていても、女の子達と遊び回って
いても、わざとおどけて隠しているやつの中
の泥くさい正義感
みたいなものが好きでした。


自由気ままな、でも誰にも卑屈にならない
やつの独特な存在感
がやっぱり大好きでした。





私は全て計画的に人生を築いていくタイプだし、
パートナーにもその点に関しては同じものを
求めるので、関わる事の無い生き方だけど、
自分にできない柔軟な、それでいて流されない
強い生き方ができるやつ。




そんな全然違う人間なのになぜが傍にいて
くれたあいつはもういないんだな。

やっぱり悲しくなりました











お酒に強いはずのやつが、その夜は酔って、
帰りの電車の中で眠っていました。疲れても
いたんでしょう。

自分の駅で、先に降りる私は、やつを揺り
起こし、

「あと2駅で、降りなきゃダメだよ。
しっかりしてよ。ほんと、無理な生き方して
自分の体ボロボロにしないでよ」

と言って、寝ぼけまなこで手を振るやつを
見送りました。










それが、やつに会った最後です。










その後私達は連絡を取る事もなく、今では
連絡先も知りません。高校のつてを回れば
やつの事を知っている友達もいるかもしれ
ませんが、私の仲間とやつの仲間は全く
違っているし、聞いて回りたいとも思いません。












でも、たまに



ふと、やつの事を
思い出します。









どうしてるのかな。












いまでも、あんな世界にいるのかな、やつ
の事だから企業を起こしててもおかしくない
し、海外にいてもおかしくない。どんな世界
でもホイホイ渡って行ってしまう
、そんな人
だから。













どこにいるんだろ。











私達は結局 親友ではなかったし、まして
恋人でもなかった。

戦友?悪友? 

そんな存在だった。









やつは私の事なんて、思い出しもしないと
思う。でも私は、いつかどこかでもう1度
やつに会いたいと思っているし、世界中
どこにいても、やつが私の事を思い出した
時、見つけられるような人間になりたい、
そんな風に思ってる。










私は自分のブログに過去の恋愛関係を
書くつもりは全然ありません。それは私
だけの問題じゃなく、恋愛した相手も問題
でもあるからです。まー、過去の男のこう
いう所がメチャクチャやだったとかは書く
かもしれないけどね^^;でも、個人的な事や
あらましまで話そうとは思いません。

でも、やつは恋人ではなく、やっぱり大事な
友達でした。とても変わっていて、でもそれ
だから信頼できた友達。だから今回彼の事
を書きました。ちょっと悲しかった友情の
終わりも含めて。







いつかまた、やつに会えたら、この続きを
書きます。

まだその時私がここに書いてたらですけど
^^;



長くなっちゃってごめんなさい。
ここまで読んでくれてどうもありがと!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

金田一 はじめ 2

先日、大学の後輩からメールが。




「とも と まーちん」見てます。
結構面白いですね。







あの、私一応作者ですが。。。






それは「まーあんまり期待してなかったけど
思ったよりそこそこイケてたよ」っていう、
結構なのでしょうか。。。後輩よ、気になります。




でも、楽しんでいただけたようなので、次は結構なし
で面白いと言っていただけるように、日々努力して
参りたいと存じます。





では、この前の続き。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は今でも、やつの事を、友達以上恋人未満
だったとは全然思ってません。

友達だったかさえ怪しいような。








とにかく、分類できない単純に名前の付け
られ
ない、彼の存在はそんなものでした。



私は無事第一志望の大学に合格し、彼は、東大
なんて余裕で合格できるのに、センター入試の
国語で、回答欄を間違って回答し通し、浪人す
ることになりました。やっぱり天才バカボン
んです。彼は。

高校卒業後も連絡を取り合って、私は大学での
事好きな人の事、いろいろやつに話していました。



そして、時間が出来ると(やつが塾にちゃんと
通って、真面目浪人生をやっていたとは思えませ
ん。確か、しょっちゅう友達と麻雀してた気がし
ます)、やつは私の大学に来て、放課後の教室で、
私の物理の宿題を手伝ってくれたりしてました。



誰もいなくなった大学の講義室で、さらさらと問題
を解いて行く
やつを見て、こんな風でもやっぱり
こいつはただのバカじゃないんだもんな
とか
思いながら、私は近くの席の椅子の上でクルクル
回って他愛も無い話をしゃべってました。


そして一緒に電車で途中まで帰ります。






その頃私は、多分いつまでたっても結局相手に
されないだろう人
に片思いをしてました。デート
はしていても、片思いだと言う事は自分で分か
っていました。その事も知っていたやつは、ある
日、電車を待つプラットホームで突然言ったの
です。












「**ちゃんさー
(彼は私を名字の短縮系に”ちゃん”付けして
 呼んでました)、

 そんなやつ止めてオレと付き合ったら?」










前にも言ったように、私はやつの事が好きでも恋愛
感情
は全くありませんでした。私の恋愛感情はかなり
はっきりしていて、一回合えばその人に恋するか、
しないか決まってしまいます。恋せずに友達になった
相手にその後恋愛感情を持つ事はありません


「なにを言ってんのよ。
無理無理。私達、ぜーんぜん正反対だしねー」

と言って、私は相手にしませんでした。





「そっかなー。おれって こんなにいいやつなのに
なー。もったいねーなー」

などと、大して残念そうでも無く言うやつも、本気
で私と付き合いたいと思っていた訳じゃないはず
です。今でも、なぜそんな発想がやつに浮かんだ
のか分かりません。










その後も私達は、それまでと同じ奇妙な距離感
まま、連絡は取り合ってました。












そんな私達ですが、1度だけデートした事があり
ます。


私が、何度かいつもの軽さで

「なあー、付き合お!」って言ってくるやつに

「じゃー、付き合おっか」
と言ったかどうか、覚えていません。でも、私達は
一緒に高校の近くの夏祭に行く約束をしました。






今までと同じ、親密距離感で、でも手をつなぎ
ながら私達はたくさん並ぶ屋台を覗いて、きれいな
飾りの下がる商店街を一緒に歩きました。


同じ高校だったやつの仲間は、私達2人を見て、
やっぱり驚いていたみたいでした。だって、ほんと
に私とやつは、全く違う人種として高校3年間を
過ごして来てたんですから。



私が覚えているやつとのデートはそれが最初で最後
です。もう私達大学生の年だったんですよ。でも、
私とやつはただ手をつないで夏祭りに行っただけ
抱きしめられもしなかったし、キスもしなかった。
私も別に恋人になりたいと思ってはなかったし、
たぶんやつも同じ気持ちだったと思う。やつは恋人
になってくれる 華やかで女の子っぽい子なんて
いっぱいいたと思うし。





それでも、その日一緒にいる間中、私は楽し
かったし、なんだか心があったかかった。





そして私はどうやって、私達がその後また妙な友情
関係
に戻ったかも覚えてません。

たまに、連絡とっては一緒に飲みに行ってはまた
他愛も無い話をお互い話し合う。そんな関係が
続いてました。





その後、しばらくして やつは東京に出て行きました。



すみません、また続きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

金田一 はじめ

ふー。ここ2週間ほどやって来た実験のうち
の1つがどうやら、うまく行かないみたい。
もう後1週間しかないから、この実験は諦め
ざるを得ないな。。まあ、ほんとに結果が欲し
かったらコラボレーションを提案して、実験に
必要な物をイギリスまで送ってもらえるかも
知れないけど。

こんな事は日常茶飯事とは言っても、やっ
ぱり落ち込む。この職業に限った事じゃない
けど、やっぱり仕事で失敗があると自分まで
ちょっとヤになっちゃう
って事ありますよね。





おとつい、夢を見ました。高校時代の友達
が出て来ました。それでその子の事思い出
してたので今日はその話しでもしますか。






彼はちょっと変なやつでした。




私が通っていた高校はいわゆる進学校
東大合格者数ランキングで公立ではかなり
上位にいます。でも、県内トップの天才集団
ではなく、どちらかと言うと、努力で勝ち取
ろう
系の高校でした。







私はいつものごとく、


凡人は努力でどうにかするもんよ

がモットーの、図書館と誰もいない教室で
勉強するのが好き(ちゃんと、部活はして
ましたよ)な学生で、職員室に行っては質
問しまくってる子でした。









で、彼は、天才です




でも天才バカボンなのです。サッカー部の
問題児で被服科の(うちの高校は普通科と
別に、1クラスだけ女の子ばっかりの被服科
がありました)オシャレした女の子達と仲の
いい、そんなグループの一人でした。




2・3日の勉強で学年トップの成績を取っ
ちゃうくせにしょっちゅう遊び回って。



そんな

天才ご気楽遊び人
のやつと、
勤勉凡人の私は

全く水と油。正反対の人種でした。



でも、2年で同じクラスになった私達は
なぜか気が合ってよく話しをする友達で
した。





見た目も、性格のタイプも私の好みでは
なかったけど、やつには一目置いていた
し、チャランポランに見えてたまに



「あいつが女の子にした事、俺は
ぜってー許せねー」



とか、自分の男友達の事本気で怒って
たりする、1本筋が通ったようなとこが
私は結構好きでした。











マンガの”金田一 はじめ”みたいやつ
でした。



私が生涯最大級の大失恋をした夜、たま
たま電話かけてきたやつに、私は全部話し
て大泣きしてしまいました。


次の日、ほんとは高校なんて行きたくない
けど授業を休みたくないが為に(あと、その
日行かないと絶対自分がダメになるって
気持ちもあったので)、泣き腫らしたひどい
顔で自分の席に着いた私のとこに来て、
やつは小さい声で

「大丈夫か?」

とだけ聞いて、
「大丈夫、ありがと」って言った私を

「そっか。がんばれよ」
と言って、そっとしておいてくれました。







別に大親友じゃなかったし、お互い友達付き
合いは全然別だったし、たまたまそこにいれば
話すような距離だったけど、なんか変な、でも
特別な存在
でした。

男の子として意識した事はなかったけど。





長くなったので、つづく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

嫁ぐあなたへ

今年の秋に、私の大親友の*ニコ*ちゃん
(仮名)が結婚します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すみません。ここで、ちょっとだけ、脱線

よく、インターネットとかで『僕がグッと来た
女の子のしぐさ!』とかの特集で、男の子に
一言インタビューとってる企画ありますよね。

そこで、名前は仮名です。とか書いといて、


あきら 18歳

ひろし 27歳

まこと 24歳

こうすけ 29歳

たかし 22歳

ゆきひろ 26歳

たつや 19歳

ひろかず 27歳

さとし 23歳

まさと 30歳











...

とかって、
どーなんですか?????






たかがコメントに付ける仮名にそのこだわりは


意味があるんですか????

現実味を出す為ですか????












仮名なら

A氏 とか

Bくん とか

C









で、十分だろ。。。







すみません、どうしても黙認できませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





話し戻って、ニコちゃん。
彼女と私は高校時代からの知り合いですが、
大学で同じ学部に入学した事で、すごく仲良
くなりました。前にも言ったように、私は典型的
な活動型B型女です。落ち込む事も多いけれ
ど、立ち直りは激しく早く、かなり都合良くプラ
ス思考になれるので悩みは無いと思われます。
(ありますけど!)


ところで親友ニコちゃん、同じくB型です。2人
して、興味の向く方にガンガン話題が飛びます。
そして周りに「こいつら、ほんとに仲いいのか
!?」
と思われます。どうやら、あんまり会話が
成り立ってないらしいのです。

ところが!2人の間ではちゃーんと通じ合って
るん
ですねー。

3分に1回話題が変わろうと、
相手の話しを聞いてないように見えようと、

私達は妙に気が合っていっつも一緒にいまし
た。私はどっちかと言うと面白そうな物には迷わ
ず手を出す行動型ですが、彼女はもう少しおっ
とりしていて、いっつもニコニコしてます。恋愛パ
ターンも私は激動型ですが、彼女は高校時代
の彼と6年も遠距離していたような子です。お
互い男の子の趣味も恋愛パターンも普段の行
動も違うのに一緒にいてとっても楽な子です。


私がイギリスへ来てからは、ほんとになかなか
会えなくなってしまったけど、ずーっと親友だと
思ってます。かと言って、私達メールなんて1年
に何回かするくらいで、全然常に話してる訳
じゃない
んです。でも、どうしてるかなって気に
かけてるし、ふらっとメールしては近状確かめ
合って、家族に近いものがあります。

くっついてなくても、離れて行かない。
そんな感じ






そんな私達、いつものようにしばらく連絡も取っ
ていなかったのですが、私はまーちんと婚約し、
大好きなニコちゃんに早速メールをしました。

と、なんと帰って来た返事は、






「私も、今付き合ってる彼と先週結婚決めて、
連絡しようとしてたとこだったの!」








何も、いっしょに結婚決めなくてもね^^;




こんなに離れて暮らしてて、お互い付き合ってる
人の事は知ってても、詳しい近状まで聞いてな
かったのに、この同調具合。。。










双子か?








実は双子なのか?








いいです。ニコちゃんとなら双子でもなんでも
なりましょーよーーーー(よっ!男前!!)

あ、メイク歌舞伎風でお願いします。













そしてニコちゃん、これは本物の天然です。


男の前での自己紹介で

「私って、皆に天然って言われまーす
(ハート!!」


とか言っちゃうような天然ではありません。






だいぶ前のメールで、彼女はこの頃、仕事も
忙しくて、休日でも一人暮らしをしている家
からあまり出なくなって来ちゃったの。と言う
話しをしていました。



そこで一発。








『私ほんとに、デブ症にならないように
気をつけなきゃね!』











『ね!』じゃなくて。。。













デブ症
になってるのかな。。。これはシャレを
効かせてわざと当て字をしているのか。。。











一応確認しました。













出不精
デブ症なのだと20何年信じて来た
そうです。








ニコ。私はやっぱり君が大好きだ!

デブ症にならない程度に、幸せになるんだよ!

ニコちゃん、旦那がムカついたら即報告を
まーちんと2人で蹴りに行きます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

にわかカップル

ワールドカップ始まりました。

まーちんの国ポーランドもちゃーんと参加してます。

私は今スイスにいるので、しかもスイスの丘の上の方の
研究所で週末なのに、サンドウィッチまで朝から作って、
1日中実験室にこもっているので、ワールドカップの
熱は伝わってきません。熱している国民はこんな日に
ここにはいませんがね。(この記事は日曜日に書き始め
ました。月曜日に結構皆盛り上がってる事に気付きました)

開幕戦、ドイツは快勝して大いに盛り上がったでしょう。
しかし、その試合のあとに実はポーランドの初戦があった
ことを、どれだけの人が知っていたでしょうね。私も
たまたまテレビをつけたらやっていたから知ったんですけ
ど^^;一応、準・自分の国みたいなもんです。

ポーランド
ガンバ ガンバよー!!と応援して
みましたが。











あっさり負けました。

2−0で。




まあ、でも私が応援してたところで、本人まーちんは
サッカーぜーんぜん興味なです。勝とうが負けようが
気にもかけてないんだよなー。じゃー、ま、いっか。





その晩遅く、いつもの様にインターネット電話でまーちん
とお話しタイム。

と: 「まーちん元気ー?」

ま: 「元気じゃないよ!!!」

と: 「なんで、キレてんのよ!?」

ま: 「エクワドールに負けたらもうどこにも
   勝つ相手がいないのに!」

と: 「。。。。。。。」










あんた、サッカー嫌いだった、

よね?












いきなり、サッカーファン
なっていた。。。






ワールドカップ
恐ろし。。。。



まーちん、どっかの掲示板に、監督をクビにする様に
書き込んどいたそうです。誰が監督かも知らなかった
くせに。この 激ニワカめ。

まー、私もウィンブルドンの時だけニワカ・テニスファン
だし。ワールドカップの時だけ、ミニニワカ・サッカー
ファンだし。一緒だけどね。

ポーランド、さりげにドイツと同じグループです。
そして、エクワドールにボロ負けした今、かなりの
確率で最下位決定です^^;そして、まーちんの
書き込みがポーランド・サッカー協会の目に触れ
れば間違いなく監督は解雇されるでしょう。

いったいどんなサイトに書き込みして来たんだろ。。。














そして只今、日本負けました。。。












ありゃないだろー><
ひど過ぎるよー。

試合見てなかったけど、速報をインタ-ネットで見て
ましたよ。あと12分、あと10分って。そして
ニワカサッカーファン、まーちんもメール速報して
くれましたよ。

3−1って。。。10分で。。。
天国から地獄?

っていつの間にか、熱くなってる わたし。
まーちんと一緒じゃん。

いいんですいいんです。わたしゃ、どうせニワカ
ファンだし。何も偉そうなことは言えません。




でもちょっとショックだった。。。

そして、「オーストラリアなんか だいっ嫌いだ!」
って私より怒ってるまーちんめ。かわいいやつだ。
ニワカでも許す。

こうやって国際的な大会があって、日本国民じゃ
ないのに、自分の事の様に熱くなってくれるの
を見るのは嫌じゃないね。ポーランド、応援する
からね、まーちん!ドイツ組の皆さん、私が応援
したからって、ポーランドがドイツにかなうとは
思えないので、許してね。

そしてニワカサッカーカップルは、日本とポーラ
ンドの勝利の為に
(せめて1勝。。。)がんばり
ます!



P.S.
日本人として韓国にいるとやっぱりライバル
だから、ワールドカップ中はチクチク
されちゃうのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

おっぱいはやっぱり谷底が命

みなさん、谷間と言うキーワードに食いついて
ますねー。いいですよー、食いついちゃってください。


谷間ってどこだっけと、さおりんごさんに言われて、
パソコンの前で、「ここらへん じゃない?」と思って
しまった私。そこらへんに、実物がないのがバレバレ
です。

仲間が集まったところで、ぷち胸強化団の結束と
いうのはどうでしょう。スローガンはやはり

「たかが微乳されど美乳」

でしょう。




強化選手として選ばれるには、強化委員会の
定める厳しい基準を満たさなくてはいけません。

1)学校時代(小学校、中学前半を除く)の部活、
修学旅行において、自分を超えるぷち胸は全体
の10%以下だった。

2)生理前になると、胸がちょっとだけ大きくなる
のでうれしい。

3)グラドルがちょっと目障り。

4)でも、叶姉妹は気にならない。
(目障りでないと言う意味で)



さー、この厳しい基準を満たす、未来のぷち胸
スター達。がんがん応募してください。

今期の強化活動内容は、未定です。








胸話ついでに、皆さんの理想な胸ってどんな
ですか?私はですねー。余計なお世話ですが、
ちょーっとこだわりがあるんですよ。まず、あご
の下にスイカ抱えてるようなのは、あまりそそら
れません。そして、イギリスに多いんですが、
日焼けサロンの通い過ぎできったない肌で、
谷間と言うかむしろおし0の割れ目??って
感じの胸。だめです。これはイギリスでは結構
年配の方に多いのです。いくら美乳でもやはり、
みせてすてきな年代と隠しているからすてきに
見える年代とありますしね。


余談ですが、マドンナのピンクのレオタード
正直きつかった。。。と思っている方、世界に
どれくらいいらっしゃるんでしょうか。。。




話を戻して、私の好きなのは、直線のおし0の
割れ目ではなく、こー、ちゃんと谷間の底も
見えるくらいの、カーブのきれいな胸ですよ。
そして肌もきれいな。

ハリウッドの女優さん達は結構そーゆー胸の
見せ方しますよね。無理して寄せず谷間カーブ
見せ、みたいな。いいですねー。好きです。



すっかり、熱弁してしまったわ。。。
私って他人の胸マニア。。


まー体つきのことは、生まれ持ったものだから
しょうがないとして、あにーた的精神の方は効果
出てますか?いつも明るく、優しくて面倒見が
すごくよい。この辺は私もほんとに見習わねば。


次回は、やっぱり書かねばね、

ワールドカップのこと

です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

貴女も今日からあにーたに

もーほんとに、絶望的です。
















何がって、


コメント欄に記入ができないの!!!








声を大きくして言わせてもらいましょう。






マッキン0ッシュなんて大嫌いだーーーーー!!!!!






という訳で、コメントくださってる心優しい皆さん、返事が
なかなかできなくて本当に申し訳ありません><でも、気に
せず書いてください(気にするよね。。。)コメントはとっ
ても励みになるので。。。そして、皆のところでコメント
残せなくてゴメンなさい><すごくもどかしいです。。。




記事なら問題なく日本語で書けるという事で、
記事でコメントにも答えちゃいます。



まずは今話題の「男服、ノンノン委員会」について、委員長
のさおりんごさん!いいんです。さおりんごハニーさんが
5指ソックスを履いていたとしても、我らの結束は
永遠ですっ!そして、ワイシャツの下にタンクトップを着て
いる夫を気にしていた、わたあめさん!いいんですいいんです。
見えないところはいいんです!


私、「見えない所にこそ気を使うのが大人のお・ん・な」
なんてせせこましい事(”せせこましい”の使い方が間違
ってます)言いません!見えるとこ、命です。表面的です。









コメントに返事をしてすっきりした所で、
今日の本題です。


先日ご紹介した、モテモテあにーたがまたまた巷でプチ
ブームを引き起こすかもしれない、予感がしているよう
なので、今日は初心者のための「今日からあなたも
プチあにーた!」特集を。




ー 初級編 ー



* 人と目が合ったら取り敢えずにっこりと微笑む^^


* 体系維持に気を抜かず、子持ちに見えないスタイル
  を維持


* おしゃれにも気を使い、高価でなくてはやりのアイ
  テムをさりげなくプラス





これをマスターしたら次は
ー 中級編! ー


* 男に媚びるためではなく、女友達にも気遣いがうまい


* バリバリ働いて(常に上の事に挑戦していくという
  意味で)、努力を惜しまない


* たまには、谷間を見せる





そして、いよいよ
ー 上級編!! ー


* 女同士の時に悪く言っていても、その男の人の前
  では結構かわいめに対応(えっ!?嫌いだったんじゃ)


* 自分のモテ具合、デキル女具合を日頃から会話に
  挿入して、手の届かない女感をアピール


* 自分に気のありそうな相手には、他の男の存在を
  それとなく匂わす。そして、聞かれたら「xxくん
  に言い寄られちゃって」と暴露してしまう


* 不倫するつもりがなくても、好意を持っている事を
  相手に隠さない





ここまで来れば、あなたの周りの男の子達は
「なぜかいっつも、面倒起こすの。なんでかしら?」
となるでしょう。

あにーた恐るべし。そして、彼女のすごい所は、これらを
計画的にではなく、無意識にやっているという事でしょう。
でも、彼女、自慢屋な訳ではありません。自分におこった
いい事も悪い事も、しゃべっちゃうんです。普通なら
「あっ、彼私の事見てる。気があるのかしら。」って
思っても、人に話しませんよねー。勘違いだったら恥ずか
しーじゃん!って事になりますが、あにーたは「彼、私に
気があるみたいなの。どうしよー」と言います。そして、
勘違いの時もあります^^;でも気にしてないみたいです。
それでも、何度もそんな話しを聞いてるうちに、あにーた
ってメッチャモテモテじゃんってイメージができちゃうん
ですねー。意表をついた作戦です。まー、勘違いじゃない
割合は普通の人より高いんですけどね。




さー、プチモテあにーたを目指すあなた。今日からさっそく
トライですよ!



そして、まーちんはあにーた系に全く興味のない数少ない
男の一人です。わたしら お互いマニアック趣味なのでね。




P.S.
効果のあった方、ご報告お待ちしてます。




 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

モテモテあにーた来スイ

Dsc04418 今スイスで私が住んでいるのは
←こんなとこです。大家さん夫妻
(2階に住んでます)とは別の
入り口、入るとおっきな部屋。
ここはベッドルーム兼リビング
ルーム兼書斎。で、トイレ、お風
呂場、キッチンがあります。

Dsc04427_1前にも書いたように、大家さん、
ホスピタリティー精神が半端じゃ
ありません!先週の祭日は娘達
とその子供または婚約者も一緒
に、私をハイキングに連れて行っ
てくれました。(まるでホームステ
イに来ている高校生のようです^^;)


かなーり すいす~な景色に囲まれて、幸せな私。Dsc04442












(救急車はどこにも停まっていませんでした、
一応報告までに。参照:5月30日「スイスからこんにちは」)






そして今週末は、イギリスから私の指導教官 兼 
とっても仲良し友達の モテモテあにーた が遊びに
来てくれましたー。うれしいうれしい! 

金曜日の夕方到着した彼女を駅まで迎えに行って、
土曜日は1日ロザンヌの市内観光+ショッピング。
そして日曜日は、またまた大家さんが、ヨーロッパ1の
鍾乳洞と、バイソン・熊・狼の飼われている公園、
そして、先週とはまた一味違うなだらかめの山へ
私達を連れて行ってくれました。





では、ここで モテモテあにーた入門講座を。








実は あにーた、







モテモテ です。













あっ、気付いてました?




これ事実ですが、彼女との会話には1回は
彼女のモテモテエピソードが入ってきます。

彼女ほんとにいい人なんです。だから別に
気にしてませんが、聞いてると面白いです。


彼女は2人子持ちの34歳の頭のいい研究者
です。もう10年も結婚して、自分のキャリアを
磨きながら、幸せそうな家庭も築いている尊敬
すべき良き先輩です。そして、2人子持ちとは
思えないほど、若々しいしスタイルもいいです。
困ってる人がいると助けずにはいられないし、
明るくて前向きで楽しいし、研究室でも良い
ムードメーカーです。
不倫などしませんが、いまでも色恋沙汰が絶え
ません。そこが彼女の悩みの種。


近頃は、彼女の事を気に入っている2人が
ひょんな事から医者と患者という立場で会う事
になったらしく、しかも2人とも彼女にとって
何かしら特別だという事を、もう片方に匂わせ
てしまったらしく。2人とも互いにジェラシーめき
めきだそうです。。。^^;


モテモテあにーた曰く、「だって嘘は付けないから
正直に言ったんだけど、そうしたらヤキモチ
やきだしちゃって。もー、トモ、どうして私の周りの
男の子達は決まって面倒を起こすんだろう。。。」



そーねー。どうしてだろうねー。





たぶん、あにーた
ちょ----っとだけ 思わせぶりなのかもねー^^





とは言いませんでしたが。面白いです。
別にイヤミとか、やな女じゃないんです、ほんとに。
私彼女大好きだし、最高の先輩研究者ですから。
でも、彼女本気で自分がそれらの”面倒”を引き
寄せてる事に気付いてないみたいなんです。




私は気付いてるけどね>・ 内緒内緒

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

いとしの まーちん

私はマッチョが好きではありません。
(自称マッチョの人気にしないでね)


しかも、超がんばって鍛えちゃってるマッチョ、
論外です。
(自称 超がんばって鍛えちゃってるマッチョの人、
全然気にしないでね!)



だいたい、男が自意識(自分への美意識)高
すぎるなんて、ほっーーーーーーーーんと 
キモイです。
(自称 自意識高い人 気にしないでねーーーーー!)


よくこっちやアメリカの視聴者参加型番組で、
”モテ男くん”として出てくる男の人たち。救い
ようがありません。。。(だれも私に救ってもら
おうとは思ってないと思うけど^^;)

だって、頭ワルそーじゃん。ほーんとにワル
そう><






筋肉があるのが悪いわけじゃなく、健康管理
をしっかりしているのが悪いのでもなく、いわ
ゆる”いい体系”と言われる男達が、プンプンと
匂わす

”鍛え抜かれたゴージャスな オ・レ

的な自己陶酔感が、私をマッチョ嫌いにさせて
いるんです。




とにかく、その必死な感じが男としては致命傷
ですね。





すっかり熱が入ってしまったわ。
本題。








まーちんはしょっちゅう

「ぼくは かっこいーです!」

とか言ってますが、ほんとは全然自意識が
ありません。(いいことです^^)

別に女の子にかっこいいーって言われたいとか、
もてる事を私に見せつけたいとか、全然思って
ません。




普段は(外にいる時は)ナル度のとっても低い
いい子なんだけど。。。



まーちん、一つだけ問題が。。。。







毎日服を着替える時なぜか彼はまっぱ
なって毎回私のところまで来てダビデ象並み
のボディービルダー風ポーズをとってくるの
です。


そしてそれは私がコメントを述べるまで
続きます。朝は忙しいのに。。。


私が洗面所の鏡に超近づいて、にきびの
かさぶたの成熟具合を見ていると(私は
かさぶたマニア^^)隣に来て私のマネを
します。ひっじょーにうざいです。




まーちんを見ていると、
「あー、子供が男の子だったらこーなる
のねー。。。」とちっちゃいのとおっきい
のが毎朝まっぱで走り回ってる地獄絵
いやいや幸せ家族の一幕が目にくっきり
浮かびます。





あ〜〜〜〜〜〜


想像するだけで頭が痛む。




産み分け研究して女ばっかにすっかな〜。

Img_0224

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

毎日でも伝えたいこと

今日は、今の私を作っている大切な要素について
書きます。面白い内容は何もありませんが、最後まで
読んでくれるとうれしいです。





私の父は次男、そして私も母も長女なので、祖父母は
まだとても元気ですが、唯一母方の祖父だけはだいぶ
前に亡くなっています。一番頑丈そうな体をしてたのに
細胞が元気だったせいで、癌になった時それが裏目に
でてしまったのでしょう。






私達は父方の祖父母と暮らしていて、おじいちゃんに
会うのは春、夏、冬の学校の休みの時だけでしたが、
母の実家に行くのは小さい私達にとって、パラダイス
に行くようなものでした。

私は、よくこの母方のおじいちゃんの事を思い出して、
一人で大泣きしてしまいます。今も、書いていて涙が
出てきますが、がんばって書きます。





おじいちゃんが亡くなった時高校生だった私は、ちゃん
と私がおじいちゃんの事大好きだった事を伝えられた
自信が無いのです。

母の実家は桃の産地で、夏に遊びに行く時には決ま
っておじいちゃんが何箱も上等な桃を買って待っていて
くれました。私も妹達もしっかり熟れたとても甘い匂い
の桃が大好きでした。でも、中学・高校になるにつれて
私たちも普通の10代の女の子達と同じように容姿を
気にするようになり、脂っこい物・甘い物は全然手を
つけなくなりました。あまのじゃくだったおじいちゃんは
休みが終って帰る時にわざと「あー、明日から皆がい
ないと寂しゅうなるなー」と言って小さい私達を泣かせて
面白がっていました。その延長ではありますが、桃を
食べなくなった私達を見て「桃全然食べんくなってしもう
たなー」と言っていた言葉が私には忘れられないのです。


そしてもう一つ。

癌の治療のため入院したおじいちゃんを、週末を使って
お見舞いに行った時、帰り際におじいちゃんが「もう会え
んかもしれんのう」と言ったのに対し、そんな事言ったら
現実になってしまいそうで嫌だった私はわざと大した事
無いように「そんな事無いわ、また来るからね」とそっけ
なく言って帰ってしまったのです。でも、それが本当に私
とおじいちゃんの最後の会話になってしまいました。


受け入れたくなかったのです。だから、あんな言い方を
してしまった。でも、その事が今ももの凄く重く私の心の
中にあります。おじいちゃんの事私がどれだけ好きだっ
たかちゃんと伝えなかった。


去年帰国した時に、売れっ子の霊能師がテレビの番組
で、「生前一緒にいたんだから、その人がなんて言うか
は想像できるでしょう。何か伝えられなかったとか、して
あげられなかったと後悔する必要は無いんですよ」と言
っていたのを聞いて、ふっと心が軽くなった。おじいちゃん
が私がどれだけ好きだったか知らなかったわけが無い。
どんな言い方しても、本当の気持ちが伝わっていなかった
訳が無いって。



でも、それでも、おじいちゃんとの事は私の気持ちを伝え
る事への姿勢を変えました。

私はもともとプラスの感情を出し惜しみするタイプではあり
ません。でも、あれ以来、私は私の為に、気持ちの全てを
精一杯表現して生きています。毎朝まーちんを抱きしめて、
一日中いつでも事あるごとに「まーちんのこと、すごくあい
してる。だいすきだよ」と伝えます。たとえ、明日何が起こ
っても、まーちんが”私がまーちんの事をどれだけ愛してい
たか”疑いようも無く確信できることを私は知っています。
”ちゃんと伝えられていたか”なんて心配は全く無いです。

家族や大切な友達に対しても、一生懸命”大事に思って
いるよ”と言う気持ちを伝えるようにしています。尊敬する
事、大好きだって事、思ったすぐから伝えています。

もう2度と、後悔したくないから。





そんな風に気持ちを伝えながら暮らしている自分の生き
方が今はとても好きです。おじいちゃんが教えてくれた
大切な宝だと思って大事にしていきたいです。


重くなってしまって、すみません。でも、いつか書きたいと
思っていたことです。正直、数年たった今でも完全に
回復できていませんが、この話がここを見に来てくれて
いる皆に、何か残せたらととても嬉しい事です。

ここのアドレスを教えている皆は私にとって、大切な人達
だから。



皆も、大好きな人達に「大好きだよ」って伝えてください。
両親でも、パートナーでも、兄弟でも、恋人でも、友達でも。
改めて伝えてなかったと思い当たる人がいたら、伝えて
欲しいです。今すぐにでも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »