« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

結婚式で大切にしたいこと

日本でも披露宴はまだまだ先でも、情報収集に余念の無い私。
リンクにも結婚式関係増えてくと思うので、これからの皆さんは
参考にしてください。

と、いつもの様に情報集めに没頭していたある日、リンク繋が
りで京都でウェディングプランナーをされているOmoさんのサ
イトへ転がり込みました。

そこでたまたま目にした記事。今日はその記事を紹介したい
と思います。







*************************

結婚式を2ヶ月前に控えた花嫁さんから、Omoさんに入った
電話。

お父さんが倒れて危篤状態に。最悪の場合、結婚式を
キャンセルすることになるかもしれないと。







幸せいっぱいに準備してみえたであろう花嫁さんに降りかか
った突然の出来事。




大切な人が危ない状態にある


自分はどうすべきなのか

そんな状態でおめでたい式を進めるべきなのか


きっと花嫁さんは父親を失うかもしれない大きな不安と衝撃
の中でもの凄く悩まれたに違いありません。

電話から数日後。Omoさんのもとを訪れた花嫁さん。 お父
さんは何とか命はとりとめられたが、ほぼ意識はなく、寝た
きり状態に。そこで花嫁さんが下した決断は、結婚式決行




父とバージンロードを一緒に歩きたい。

父の命があるうちに、ウェディングドレスをみせてあげたい。



その望みを実現させる為、寝たきりのままのお父さんと花嫁
さんに、移動ベットのまま、バージンロードを歩かせてあげる
為に、Omoさんは反対する上司を病院の主治医の了解を
取る事でやっと説得し、花嫁さんの願いを叶えたのです。



結婚式当日、皆の祝福につつまれ 花婿さんの押すベッドに
横たわるお父さんと、美しい花嫁さんはしっかり手を握り合い
ながら入場されました。体にかかる負担の為、30分のみ
式への参加を許可されたお父さんは幸せいっぱいに嫁ぐ
花嫁さんとバージンロードを進みながら、大粒の涙を流され
ていたそうです。



*************************



この話を読みながら、私はボロボロ泣いてしまいました。
どんな気持ちで花嫁さんが式の決行を決心されたのか。娘を
預ける花婿さんに押され、輝く様に幸せそうな花嫁さんの姿を
みて、お父さんがどれだけ嬉しく、そして安心されたか。



結婚と言うものの原点は、新しい人と人との繋がり。自分が築
いていく家族ができ、お互いの家族もまた繋がる。私の家族
彼の家族、そして私達が築いていくまだ形のできていない未来
の家族
を、私は心から愛していきたいと思う。そして、結婚式は、
私達を支えてくれた全ての人たちに感謝の気持ちを伝え、これ
からもよろしくお願いしますと新しい出発の時に立ち会ってもら
う、そんな場であってほしいと思う。

結婚式の準備をしていると、ついつい自己満足の披露会の
ような気分になってしまう事もある。そんな時、Omoさんの記事
に、私は心が洗われるような気持ちになりました。結婚式、
披露宴に来ていただいた人達に、どれだけ私達が感謝して
いるかがしっかり心に届くものにできるよう、がんばって準備
を進めていきます^^








上司とぶつかりながら、花嫁さんの願いをかなえたOmoさんに
敬意を払いたいです。大変な事もたくさんあるだろうけど、素敵
なお仕事ですね^^いや、Omoさんが素敵な方だからこそだと
思います。




*************************

ちなみに、そのお話には後日談が。

花嫁さんのお父さん、その後、車椅子で生活ができるようなる
まで回復され、花嫁さんは介護の専修学校に通い始められた
そうです^^

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

イギリスの参った・困った(ありえない事務女編)

どこかのサイトで読みました。

”ヨーロッパの店員さんはプロとして誇りを持って
仕事をしています。だから、たとえお客さん対しても
日本のように何でも「よく似合いますよー」などとは
言いません。その色は似合わない。こっちの形の
方が良い。と自分の意見をしっかり言ってくれます。
プロ意識の表れです。”



。。。。。。




。。。。。。。








プロ意識か~?。。。。。。。。。。。。。。。。。












いやいやいやいや!
ちょっと違うと思う。。。^^;



(日本人好意的に取りすぎだよ。。。)









どの国もピンからキリまでだけど、平均取ったら
絶対日本に勝るサービス精神はない!と私は
固く信じてます。こっちの店員は(全てのヨーロッ
パ各国の事情を把握しているわけではないが
少なくともイギリスは)自分がサービス業をして
いるという認識は限りなくゼロに近いのではない
かな。



大学の寮のお金をちゃんと期限前に払いに行っ
たのに、1ヵ月後「未払いの為、XXポンド上乗せ
した金額をOOまでに払うように」という命令の
お手紙が。

理不尽な言い掛かりにさっそく寮のオフィスへ!

と: 「こんな手紙が着たんですが、もうちゃんと
   期限前に払いました!!!」

受付の女: 「そんな事言われても、コンピューター
        のデータにそんな記録は無いわよ。
        領収書はあるの??」


と: 「部屋にあると思います(なかったらどーしよ
   。。。)でも、コンピューターの記録に無い
   なんてことはあるはずありません」

受付の女: 「領収書見せてもらわない事にはどー
        にもできないわね。だいたい、受け
        取ったお金は合計出してコンピューター
        に記録した後、毎日銀行へ振り込まれ
        てるのよ。払ったのに、記録が無いなん
        てことありえないのよ。どーしたらそんな
        事起こるっていうの??」



(どーしたらそんな事が起こるのかこっちが聞きたい
わー!!)




私、すっかり寮代をちょろまかそーとしている悪人扱い。。。





と: 「とにかく、領収書もってくればいいんですね!」


受付の女: 「そうね、そーして頂戴(あればの話だ
        けど←絶対この女そう思ってた!)」
        



次の日。
無事領収書発見!よかったー^^;



と: 「これ、領収書あったんですけど!!!」

受付の女: 「あら、そー。これが必要だったのよ」


!!!!!!!!!!!!!
なっぬ!このおんなー!!!!ブチブチブチブチッ!!!



と: 「昨日、”コンピューター処理してるのにどーして
   そんな事起こりえる訳?”とか言ってたじゃない 
   ですかー!バカみたいな扱いしといて、そっちの
   ミスだったのにすみませんもなしですか!?
   で、そーしてコンピューターに記録が無いなんて
   ことが起きるの?全くどんな情報処理してるん
   ですか」


受付の女: 「始めっから領収書持ってきて来れば
        良かったのよ。受け取って記録したの
        は誰だか知らないけど私じゃないから
        何が起こったのか知らないわ」




キーーーーーーーーーーー!!!!!!



このアマ、ほんと一回XXしてやろうか並みのチャンピ
オン級ムカつきヤロウだわ!!!!








こーんなやり取りが、事務関係では結構あります。

「あ、それは私がやったんじゃないから、知りません」
はふっつーに言われます。同じオフィスに書類提出して
もです。お前らここの社員だろー!連帯責任だー!
勝手に個人主義になるなー!





最初の1・2年は結構ストレスが溜まります。頼ん
だらやってくれるとは思ってはいけません。頼んだ
後、本当にちゃんとやってるかどうか、何度も確認
してプッシュしなければ、自分の欲しいものは得ら
れないと思ってよいでしょう。その辺に慣れてくると、
プッシュする事に罪悪感がなくなり、物事も割りと
スムーズに進むようになります。


イギリス人が悪い人達だと言ってるんじゃないので
勘違いしないでね^^いい人いっぱいいます。ただ、
事務関係、電気やガスの領収書関係は本当に気を
付けた方がいい。




素敵な王国、イギリスに住みたいあなたの為の
今日の教訓:


イギリスに住むなら、

  • ”ちゃんと働いていないに違いない”を前提に
    何度も確認、何度も請求。
  • どんな事務関係の処理も信用しない。全ての
    領収書、記録類を自分で管理しておく。請求書
    も合ってるかチェック。

これは必須です。


このサービスと責任と言う点に関しては、絶対に
日本はすばらしいと思います。日本のサービス業・
事務関係の仕事をしている皆さん。

いい仕事してますよ。ほんと

| | コメント (17)

2006年8月26日 (土)

まーちんと遊ぼう

国籍の違うパートナーを持ったからには!!!


日本の文化を伝える事はもはや使命のようなものです。そうか?







我が家でも”日本の文化に触れよう遊び”を心がけて
いるのです。はい。








まーちんと遊ぼう、その1






三瓶風に自己紹介をする
(参照:三瓶くんについてはこちらへ




そう、「さんぺ~ ですっ!」の三瓶くんです。微妙に古いです。


やり方:足のステップ、手の動きなど三瓶くんに忠実に、
”さんぺ~”の部分を自分の名前に(そのまんまだ。。。)

「ま~ちん ですっ!」とやらせます。その横で私は
「ともちゃん ですっ!」とやります。


簡単ですね!でもまーちん、あの微妙なステップができません。
やはりあれは日本の心なのでしょう。訓練あるのみです。








まーちんと遊ぼう、その2


島木譲二の
「しまったしまった島倉千代子!?」
をマスターする

(参照:島木譲二についてはこちらをどうぞ


また吉本です。



しかし、簡単だと思ったあなた!!!

アマ~~~~~~~い!!!!!!!




ちゃんと、フリもつけます。




”しまくらちよこ”を言う時に、ちゃんと手のひらを返す事は
必須です。










まーちんと遊ぼう、その3




でました。

横山弁護士のマネ





ここにおいては、あの忌々しいオウム事件は別物とお考えください。



あの、まだ現役なの~~!!??って感じのよぼよぼ
じーちゃん
。あのキャラの強さは今でも鮮明に私の脳裏に焼き
付いています。。。



山ほどのレポーターに取り囲まれ、じーちゃん、押し潰されそうに
なりながら訴える
、その場面。どうぞ。











や~~~~~~~


   め~~~~~~~~
  
       
       てぃ~~~~~~~~~~~!!」







追い払おうとしている、震える手も忠実に再現してください。
私、かなり上手いです。これをまーちんに伝えないのはです。










まーちんと遊ぼう、番外編






ETが子供と通じ合う場面の再現 




あの有名な場面です。

お互い人差し指を差し出しながら(この時指はETっぽく曲げられて
いてしかもなぜか震えていなければならない)、近付いていく。
この時のETのテーマは当然自分で歌う。そして同時に
イー ティー と も だ ち。イー ティー と も だ ち。」と
ETっぽく繰り返す。(←ちょっと高度)




そしてここが重要!!



指先が触れ合った瞬間!




















2人とも 感電!!!!!




以上。






さあ、みなさんも今夜からパートナーとご一緒に!



いや?

| | コメント (12)

2006年8月23日 (水)

コンポートを作る。のまっきっ!(ハットリくん?)

今日はポーランド料理について!


と言いたい所ですが。。。食べる方に熱心で、また写真撮り
損ねました。。。^^;


なので、コンポート作り様子をご紹介いたしましょう。






ポーランドでは、各果物が旬の時にいーっぱい買って来て
(自分ちの畑から取って来る家もある)、コンポート(何を
もってコンポートと呼ぶのか覚えてないので、正確には
コンポートじゃないかもしれません。あしからず。)にして
果物の少ない季節でも楽しめるように、地下の涼しい貯蔵
に保存しておきます。ポーランドでは、ケーキと言えば
自分ちで作った自家製ケーキなので、そのトッピングにも
使われます。まーちん家のダークチェリーのコンポートの
いっぱい入ったチョコレートケーキはめっちゃおいしい。。。

実だけでなく、出てきた果汁と砂糖でできたシロップは
水で薄めてジュースにしたり、ビールと混ぜるとちょっと
甘めのビアカクテルになります。ビールの味が嫌いな私
はこうすると飲めるので重宝してます。

今回、初めて夏にポーランドへ行ったので、旬のサクラ
ンボとリンゴのコンポート作り
を見ることができました。








まず!
サクランボの種を除く!!

しかーし、さすがポーランド(かどうかは知らんが)、サクラ
ンボの種取り機
なるもの登場!




1_3 このパイプみたいな部分
を押すとサクランボが押
し潰されて、種のみが上
手く下の容器へ落ちる仕
組みになってます。1つ1
つ除くので結構な手間で
す。







2_1

そして、除かれた種がこちら→











3_1種を除いたサクランボは
砂糖と一緒に小瓶に詰
められます。この小瓶は
しっかり密封できるフタ
付きじゃないといけませ
ん。







6そして、フタを緩めに
締めて、水をはった
鍋で蒸し煮(?)にし
ます。

終ったら、しっかり
フタを閉めて、冷ま
してから貯蔵庫へ。




言い忘れましたが、ポーランドには甘いチェリーすっぱい
チェリー
の2種類があり、この時使うのはすっぱいチェリー
酸味が少ないときっと美味しくできないんでしょう。






では次はリンゴのコンポート
5_1

普通に切ったリンゴを
水に浸した後(アクを
取ってるのかな。。。)

残ったチェリーと砂糖
を加えた水で煮てまし
た。





5_2_1
チェリーからの色で
ピンクになって可愛い。


こちらはできあがって
すぐに食べちゃったの
で長期保存には向か
ないかも。





7最後は春に作った
苺のコンポート

私の1番のお気に入りで、私が
来ると何ビンもの苺が消えていく。。。

何ヶ月か経ってるので、シロップが
いっぱい。このシロップ、甘すぎず
に苺のジュースがいっぱい出てて、
ミルクに混ぜたり、ヨーグルトに入
れてもすごく美味しかった。





全然、大した事無いレポートしたできなくてスンマセン><
次こそは!しっかりポーランド料理を食欲に負けずにレポート
できるよう、がんばります!!!。。。。ね  (あくまで予定)

| | コメント (20)

2006年8月19日 (土)

ポーランドの家

今日はポーランドについて。せっかく前回写真とって来たからね^^




まーちんのふるさとはポーランドの真ん中辺にあるちっちゃい街。
(ポーランドの位置はこちら
この地図のポズナニとブロツワフの間くらいにあります。



ポーランドの町並みは、私の少ない経験から言うとチェコやドイツ
(やっぱ隣り合ってる地域は似てくるよね)の街とちょっと似てます。




Town2_1
淡いパステルカラー
積み木でできたような
建て物(殆どは1階部分
が小さなお店になって
います)が、タウンホー
を中心とした広場を
囲んでいます。






これがポーランドの典型的な街の中心です。




Town1_1(まーちんの実家の窓
から見たタウンホール
(右)と町並み。左側遠く
に見えるのは教会の塔。
手前は窓辺に飾ってある
花)






まーちんの家は街の中心の広場に面した家の1つ。3階建てで、
三角の屋根になってます。1階は玄関スペースと倉庫、その隣り
のスペースはまったく独立していてお店として他の人に貸し出して
います。玄関から階段を上がって2階が主な住居スペース。




Room お父さんとお母さんの
寝室、リビング。


(これが、リビング。奥の
入り口の向こうが寝室に
なってます)







そして、家族の大きなリビングとキッチン、トイレ・お風呂・洗面所
のスペースがあります。






Room2_1 3階はまーちんと うかしゅ
の部屋。


三角屋根の屋根裏っぽい
場所ですが、ちゃんとした
部屋。

でも窓辺が屋根裏っぽくて
かわいいです。





Room3
そして、3階から上を
見上げると→



三角屋根のてっぺんまで
まだかなりのスペース
あります。




ポーランドの伝統的な家は、屋根も壁もとても分厚くできている
んです。だから、外の気温に室内が左右されにくいんです。
冬は1回で火を起こして、全館暖房(家中にパイプがめぐらされ
てて、それが暖かくなるので1部屋ずつ暖房はしません)しますが、
夏は冷房無し!クーラーはありません!外が35度以上でも、
窓を閉めていれば部屋の中は20度台に保てるのです。

これはちょっと驚き。




Garden_4広場に面した方は
びっしりと建物が
並んでいますが、
裏側にはちっちゃ
裏庭があります。

(←これはキッチン
から見た隣の家の
裏庭)

魔女の宅急便のキキの住んでた家に似てませんか?私は
この庭が大好き^^


庭と一緒に、ガレージと倉庫があります。だから車は広場側から
じゃなくて裏道から出入り。そして、倉庫(半地下で夏でも肌寒い)
には、自家製ピクルスや、私のだーい好きな果物のコンポート
の瓶詰めがいっぱい保存されているんです^^






まーちんの実家はかわいくて、清潔で、居心地がとってもいい^^
私にとっては第二の実家なんです。

次回は、このコンポートつくりの様子を書きますね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

まとめてバトンs(複数形)

皆さんが回してくれたバトンが溜まっちゃったので、今回
一気に書きます。私を愛してくれて、ありがとう。。。




今バトン


1.今どこにいる?
大学。土曜だっちゅーのね。。。
おっ!今のちょっとパイれーつっぽかった?

2.今一番近くに誰がいる?
いないよ。。。だれも。

3.今どんな服装?
黒のキャミに 白黒のチェックのシャツに ジーパン。

4.今何が食べたい?
食べられるものなら何でも、いらっしゃ~い!

5.今何飲みたい?
ニコラシカ
(ブランデーのストレート+レモンの輪切り+砂糖
のカクテルです)


6.今どこ行きたい?
うーーーん。。。やっぱ日本かなー。10月の帰国本気で
楽しみなんだよねー。

あと、ちょっとトイレにも行きたい気もするなー。



7.今真後ろに何がある?

他のコンピューター達。

8.今回りを見渡して一番目に付いた物は?
誰かの博士論文。

9.今誰に会いたい?
ジョニー・ディップかなー。この前、夢の中で誘われ
ちゃったからさ。「考えとく!」って伝えたいの。

10.今一番歌いたい曲は?
最後に愛は勝つ。
じゃなかった。タイトルは「愛は勝つ」ね。

11.今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉、もしくは台詞。
このふとどき者が~!!!!

12.今の体調は?
よろしゅございます

13.今どんな気持ち?
いい気持ち



フェチバトン

1、あなたは何フェチ?
いろいろあるよー。
自分:耳掻きフェチ、足の指観察フェチ、から揚げの関節フェチ。。。
男:指フェチ、短髪の首筋フェチ、綺麗な顎の線フェチ、メガネフェチ
  スーツフェチ、スポーツで負けた時の男フェチ。。。


2、異性を見るときまずどこを見る?
髪型・服装。結構出るからね、人柄が。まあ、中身は違ったって人も
多いけど。判断要素としては大きい。


3、最近プッシュできる部位 
そりゃ、ちちでしょ。トレンドに乗らなきゃね。


4、異性の好きな部位
あ、フェチで書いちゃいました。

5、フェチを感じる衣装
またフェチで書いちゃいました。ノーネクタイのワイシャツ、ビシッと
仕事モードスーツはたまりません(エロオヤジか、わたしは。。。)




自己紹介バトン
Q2:お名前は?
ともみでございま~す!(by サザエ女史)

 
Q3:おいくつですか?
26でございま~す!(もういいって。。)

Q4:ご職業は?
大学院生

Q5:ご趣味は?
絵を描くこと、ピアノを弾くこと、まーちんと踊ること。

Q6:好きな異性のタイプは?
人間的に頭のいい人、精神的に強い人

Q7:特技は?
喜びを体で表現する事(ええ、これがまーちんとの
ダンスです)。

あと、横山弁護士のマネ。


Q8:資格は何か持っていますか?
無いな。人に誇れるものは何も無いな。
あ、視覚刺客死角は持ってるけど。


Q9:悩み事はありますか?
今は無い

Q10:好きな食べ物と嫌いな食べ物
好きな食べ物:多すぎてかけませーん。敢えて言えばトン足?
嫌いな食べ物:あんま無いのよねー。嫌いなもの。


あ!!!悩みあった!
嫌いな食べ物が無いため、食わず嫌いにゲストとして呼んで
もらえない。せっかく女優なのに。


Q11:バトンを回してくれた人の印象♪
mapiさん、なにやらほんわか可愛い空気を出してる人です。
パジャマからなにやら臭い空気を出してる人とは雲泥の差。

Q12:あなたが愛する人への一言♪
心より、お慕い申し上げております。


自己アピールバトン 

1、自分を宝石にたとえると?
ルビー。誕生石でよく身につけてるから、なんか親近感がある。
燃えてる感じでいいんじゃない?

2、自分の好きな顔のパーツ

眉毛!濃いからちょっと整えるだけで、描かなくても怖が
られません^^

3、自分の好きな体のパーツ

だから ちちだって。。。

4、自分の好きな指は?

薬指。今まで敢えて指輪をはめてこなかったご褒美に
今は一番きれいな指輪がはまってます^^

5、自分の好きな性格は?

絶えず目標に進む事。お世辞を鵜呑みにする事。

6、自分が一番輝いているときは?

今年の夏。暑かったからね、鼻の辺りが特に。。。

7、自分が可愛いと思えるときは?

「リ ニューアル」を「ニュー リアル」と呼び続けていた事が
友達にばれた時。可愛すぎるわ、わたし。

8、好きな仕事を選べるならなにがいい?

作家かな。
書くもの書くもの無条件にヒット!って言う条件付で。

9、自分を好きな人は何人?

ポーランド人と日本人。なーんちゃって。

10、今努力していることは何?

バスの1週間パスを買わずに雨降り合間をぬって自転車
通勤する事。

以上!長くてごめん!!

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

勝手に記念日

今日は、これからまーちんと2人でディナーへ行ってきます。


だって、今日は私達のー1(マイナス1)回目の結婚記念日
なんだもん!

そう、私達、1年後の今日結婚するのです^^

なので勝手に記念日。予行練習のつもりで楽しんでる私。
だって、今日から毎日が、独身最後のX月O日なんだよー。
大事に過ごさなくちゃ!(ものは考え様です)


昨日は早めに実験を切り上げて、スーパーで期限が近づ
いた安売り苺ミニタルト
(2個入り)と、結婚記念日おめで
とうカード
を購入。





まーちんが帰ってくる前に、ケーキはお皿に載せて冷蔵庫に。
そして、いそいそとカードを書き始める。

買ったカードが、他の人の結婚記念日用だった事に気付き
修正。単に線で消して上に付け足しただけ^^;

あなた達 私達 はとってもお似合いよ。あなた達 私達 
の -1年目の 結婚記念日が素敵な1日になりますように!」





う~ん、世界で1つだけのオリジナルカードの出来上がり!
(誰も憧れません)



しっかり まーちんが私の為に書き込むスペースを残して
準備完了。封筒に入れてベッドの横のちっちゃいタンスの引き
出しに隠します。わたくし、ロマンチストではなく、自己満チスト
ですので。まーちんにはしっかり付き合っていただきます。







「ただいま~、ともちゃーん^^」
まーちん、帰宅。




何も無かったかの様に、振舞う私。女優ですから。お手の物です。



ケーキどうしようかなー。ほんとは当日に一緒に食べたいけ
ど賞味期限切れそうだしなー(じゃー、普通の買って来いよ
って話です^^;)明日はディナーへ行く予定だから、帰って
来たら遅くなるし、おなかいっぱいかもなー



と心の中で、思案中。。。


結局、食べたくて我慢できなくなったので(やっぱりね^^;)、いそ
いそとキッチンからケーキ持って登場。




「まーちん、結婚記念(予定)日 おめでと~~~!!!!」




「お~~~~~~~~~!!!!!」
(注:このリアクションは純粋に苺タルトに対する、甘党まーちん
の喜びから来るもので、私との結婚記念(予定)日とは何の関係
もありません)



一応、まーちんに結婚記念(予定)日なる物の大切さを説き、
満足してケーキ完食。インターネットで、明日行くレストランを
検索し、25%Offのところに予約を入れる。






そうこうしている内に12時を過ぎましたー


「まーちん、ちょっと来て!」

「な~に??」

「そこの引き出しを開けて!」

「ここ?(1段目)」

「ブ~~~~~~~~!(Xマーク)」

「ここ??(2段目)」

「ぴんぽ~~~~ん!!!!(Oマーク)」


まーちん カード発見。

「ああああああああ、

ともちゃん、ありがと~~!!!!」







「あ、でもスペース残しといたから、まーちんも私にメッセージ
書くんだよ(強制)。同じ量ね!そして明日のディナーの時に
渡すのね^^」




「え”~~~~~~~~~~~~~~~」


え”~~~~~じゃねーよ!書くんだ!!!!


「わかった。。。。(イヤイヤ)明日大学で書く。。。」








はい、まーちん予想通りカード家に忘れました。計画的!?



まー、家に帰ったら書くと言ってるので、今夜は楽しんで
きます^^

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

悪臭警報発令中

”ポール離婚訴訟”の見出しに、
「えっ!!??ポール牧、離婚!?って結婚さえも興味持って
なかったけど。。。」と思った人、他にもいますか?

ポール牧より認知度の低い、ポール・マッカートニー。







本題行きます。



_______________________


ヨーロッパ、今年の夏は暑かった。。。(過去形)



と言っても、猛暑の日本で暮らしている皆さんからしたら
こんな物はど~って事無いと言われるでしょうが、イギリス
でも最高38度までいった日がありました。ポーランドも
例に漏れず猛暑。こっちには日傘と言う文化がなく、空気
比較的さわやかなものの、日差しの強さは半端じゃないの
で、ポーランドでは私、朝8時から夜8時くらいまで外を
歩く気になれませんでした><

あ、私今回帰国時にマイ日傘持ってきて、来年からヨーロッ
パ日傘デビューですから、よろしく。これは来年の流行を
占う上で重要な出来事です。ヨーロッパでも流行るよ!
チェックチェック!!



で、厄介なのは中小規模の店(銀行を含む)、バス、電車に
冷房がついてません。もちろん、家にも冷房なんてありま
せん。だって、普通はいらないもん。なので、たまに突然
暑くなると防御体制が全く取れていないので、余計暑さに
苦しむ事になります。あ、でもそれももう過ぎた話。今は
20度台で、朝夕肌寒い日も出てきてます。








そんな、まだアツアツだったイギリスでのある日、洗濯担当
のともみさん、面倒くさくて回し終わった洗濯物を洗濯機
の中に3日放置しました
。。。すみませんね~ほんと。




昼は締め切って仕事に行っているので、部屋もかなり暑く
なってたはず。洗濯機のドア(ヨーロッパの洗濯機は上から
入れるのではなく、窓付きドアを手前に開いて出し入れしま
す)が蒸気で曇っているので、もうそろそろ出さないとやばい
ね~と決心し、洗濯物干しを開始。





















くさいの~~~~~~~~~~(by 間 寛平)















やばい、臭くなってるじょ~。。。。(そりゃなるわ、3日も蒸されたら。。。)


















楽天家 且つ 面倒くさがり屋の私、洗い直すか考える事10秒。。。






でも、乾けばきっとにおい消えるね!うん!!



干しますっ!干しますっ (by 欽ちゃん相方、二郎さん)

















次の晩、



しっかり乾いた、パジャマを着用。




















やっぱ、くさっ!!!!!




それはまるで、素肌に優雅な 有害な、薫りのベール
をまとったかの様。。。













ごめん。。。
着ている自分が自分の匂いに耐えられなくなった。。。
自殺行為だ。これは。。。











毒ガス攻撃にフラフラになりながら、ともみ兵士キッチン
に逃げ込む。


そこには夕食準備中のまーちん。











「くっさ~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~!」








ふふ、他殺行為でもあったようだね。。。








結局、乾いた洗濯物は速攻、洗濯カゴへ出戻りしました^^;



みなさん、本社では、夏場の洗濯物の放置はお勧めいたしません。

| | コメント (19)

2006年8月 5日 (土)

けんかする(私のせい)

ここんところ、ちょっと落ち込み気味のわたし。

私の構造は単純にできているので、褒められると、とても
喜び
嫌われるととても落ち込みます

別に誰かに嫌われたわけじゃないけど、精神的に未熟な
自分が今週になって、すっごい出てきてしまった。






そう、例えるならば、

ゲームセンターにある”もぐらたたき”の最後の10秒の
スーパー最速モード
で出てくるにっくきモグラ達
のよう。
もーええって。。
ってくらい、うっとうしい程ポコポコ出てきます。






嫌いな人をすごく意識してしまって、イライラ。そしていつも
の様に、そんな事に時間とエネルギーを無駄にしている自分
ガッカリ







だって、嫌いな人がラッキーな事がいっぱい起こって、毎日
自慢されてるからって、なんで良かったねって思えないの?私。
思ってあげられなくても、嫌いな人がしてる事を気にせず自分
のしなきゃいけない事を一生懸命することに集中できないなん
て、全然だめ。26にもなって、情けない。

もともと、人の噂話ばっかりしてうるさいその人の性格が好
きじゃなかったのに「私、この人にラッキーな事がいっぱい
起こってるから嫌いなの??」って思えてきてしまう。。
そうなのか?そうじゃないはずだけど。


この1年かけて、このしょうも無い子供じみた対抗心をどう
にかします。






そんなこんなで、悪トモ善トモが戦っている時(悪トモか
なり手強いです><)、人間的にできの悪い私はまーちん
に八つ当たり。お昼休みに機嫌の悪い私に(悪い菌が
入った時、体が戦おうとして熱が出るように、善トモも
抵抗しているんです。それがイライラとして出てしまう。。。)
まーちんは「お菓子買ってあげよ~」と言ってくれました。

でも、悩んで話してるのに、冗談言ってるまーちんの反応は
イマイチ真剣味に欠ける!と判断を下した悪トモ
もういい、私研究室に帰るから一人で行けば
と言って、帰ってしまいました。まーちんは励まそうとして
たんだけどね。







2秒後、

















あ”




まーちんごめんよ~~~~;;

(心の中の私、この時 善トモ


















で、さっそくごめんね”カードをメールで送る。


悪いと思った瞬間に謝る。
これ私の鉄則。










反省文。
「ごめんね、まーちん。
まーちんを怒らすつもりは無かったの。自分でもこの気持ち
をどうしたら良いか分からなくてイライラしちゃったの。でも
自分でがんばって処理するから。
ごめんね。」









まーちんから反省文の返事が来る。
「自分ひとりで処理しようとしなくて良いよ。助けてあげるから。
でもトモはムカツクになると、ちゃんと話さなくなるから、僕に
対して怒ってるのか、ほかの事に対して怒ってるのか分から
なくなるんだよね。

と言っても、もうそれにも慣れたけどね^^

あ、でもランチの後店について来てくれなかったのは後悔した
方が良いよ。せっかくのお菓子逃しちゃったんだもんね^^」








まーちん、あんたはバカみたいに見えるけど、ほんとにすごい
人だよ。その揺るぎ無さがほしいよ、私も。嫉妬したり、自信
喪失したり、いい気になったりしないそのメンタルがほしい。
しかも、こんな駄々っ子を面倒見てくれるなんて、なんていい
やつなんだ。











許してもらえたので、早速まーちんの研究室に行く。

まーちん、ごめんね。

とモジモジしながら言ってみる。




とも、ばか。。。

と、まーちんもなぜかモジモジしながら言う。







違う違う。それ不正解。







ばかじゃないでしょー!?私がごめんねって言ってる
時は
いいんだよ、もう。僕こそ不機嫌になってごめ
んね
って言うんでしょ?


なんで?



ルールだから」 なんのルールだ??



いつも付き合ってくれるあなたにはほんとに感謝してます^^;
見捨てないでね(ハート)。


見捨てるなよ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ポーランド人の子供 ーイッツ ザ スモール ワールドー

5日間の滞在を終え、イギリスへ帰るために飛行場
に向かう私達。まーちんのお父さんが車で空港まで
送ってくれます。





「タタ、またね~!ばいば~い!!(ポーランド語で
おとうちゃんはタタ、おかあちゃんは普通にママです)」
と別れを告げて、出発出口(って言う?)へ向かいま
す。



出発時間の1時間前には搭乗口の横のベンチで
まーちんと待っていたのですが、その便は1時間も
遅れ
が出るとのアナウンスが。。。まー別にその日
は家に帰ってゆっくりするだけの予定だったので、
私達は気にしなかったんですが、子連れのお客さん
達はずり出す子供達をあやすのに大変。




そんな時、私達の右のベンチに3歳くらいの女の子
がいらっしゃいました。比較的おりこうに待ってます。







と、しかし!


ここで、女の子ちゃんベンチの上でストリッパー顔負け
セクシーポーズを取り出した!!

横に寝そべって足を曲げたり、開いたり、ミニスカート
からパン2丸ミエになってます。









5分経過。。。









それに疲れた女の子ちゃん、ポッキーを食べ始める。
そして、優しい女の子ちゃん、私達の左のベンチの
前でベビーカーに座らされている1-2歳くらいの
見知らぬ男の子ちゃんにもポッキーをあげに行った。



男の子ちゃん、それまでずっとぐずってお母さんを
困らしてました。まだ、泣き顔。しかし、渡されたポッ
キーをじーっと見てます













男の子ちゃんポッキーでオムツをはいた股
の間を
ツンツンし始めたーーーー!!!!











しかも、めっちゃ 笑顔^^






















まったく、どの子もこの子も私達の目の前で性に
目覚めよって。。。




















やっと飛行機の準備も整い、無事搭乗。ふと隣の
席を見ると、















あ、女の子ちゃん。。。











女の子ちゃん、

超うるさい。。。。







泣くなーーー。頼むから叫ぶなーーーー。。。









しょうがない、こういう時こそで気を紛らわせるぞ。
腹が減っては戦はできぬ、ね。



朝、おかあさんと一緒に作ってきたサンドウィッチを
カバンから出して広げます。(ヨーロッパ間の安い
飛行機は飲食別料金なのです)










ん??


静かになったわね、やっと。よしよし。






。。。。。?


















女の子ちゃん

めっちゃ見てるーーーーー!!!






私のサンドウィッチをガン見。。。。











「Mamo, Co to jest? (ママー、あれなーに?)」

指差して迫ってくる、女の子ちゃん。。。



ママ:「こら、ダメでしょ。そっち行かないの。。」





「Co to jest!!???? 

(あれ な~~~に!!??)」























サンドウィッチだよ。わたしの。





言っている事も分かるし、
「お腹空いてるの?ほしい?」とも聞けるけど、、、






















言いません!








私もちょーーーお腹空いてるのよ!!!!













女の子ちゃんの執拗なガン見を不自然に気づかぬ
フリをしつつ、無事完食





その後、女の子ちゃんの泣き喚きの逆襲にあう。
(これは私がサンドウィッチをあげなかったから飢えて
泣いているのではありません。念の為。)


ふふ、それでもサンドウィッチは譲れないわよ。













何とか3時間のフライトを乗り切り、イギリスに無事
到着。ふ~、やっと着いたよ。。。








最後に女の子ちゃん一言。













「Juz??? (も~~~お~???)」




もう????  じゃね~~~~~~よ~~!!!!
ずーっとぐずってたじゃん!!!
(サンドウィッチ ガン見時を除く)










ねえさん、負けました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注:この物語は実際に起こった事件に忠実に再現され
ていますが、ポーランド人の子供全般に当てはまる事
ではありません。ご注意ください。

| | コメント (9)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »