« 続・招待状と愛の歌 | トップページ | あと1年だー^^ »

2007年2月 8日 (木)

諦める事も大切

今日の私は暗いからね。どんより証拠って感じだよ。
ほら、ギャグも冷め切ってるし。。。重症だよ。。。

でも、結婚までの記録として、書いとくっチャ!(By ラムちゃん 確か。。
←自分で自分を盛り上げてみた。。ピンクなんか使っちゃったし。。



私の実家は名古屋だから(名古屋市じゃないけど)、嫁入りの
風習で”お菓子撒き”というものが、私の小さい頃はよくあった。
近所にお嫁さんが来ると(嫁に出る時はしたかしなかったか
覚えが無い)結婚式の日、近所の皆が集まってきて、その皆
に屋根の上からそのうちの人が駄菓子を撒くんです。
でもそんな習慣はもう無くなったに等しいみたい。なんかちょっ
と寂しいね。いっぱい集まって人たちの間から見る、うつむき
加減に通り過ぎて行く和装の花嫁さんは、子供心にいつも
とても綺麗に見えた。花嫁さんはすごく特別だなーって思って
いた。



私もホントはお菓子撒きしたかったけど、これは無理だって
納得して諦めた。私は海外で暮らしてきたし、これからも暮ら
していくと思う。式はポーランドで挙げて来るし、日本では式は
しない。近所とは関わり無く暮らしていくのに、お披露目はいら
ないもんね。それに近所の人はほとんど招待しないので、やっ
ぱりお菓子撒きはムリ。

でも家で和装を着たかったんだ。私達の日本での披露宴は
夕方4時から。午前中に自分の家から着物を着て、神前式
をしない分、神社へ家族と行ってお参りだけでもしたかったん
だけど。別に近所の人に見せびらかしたわけじゃなくて、自
分の家からお嫁に出て行きたかった。

でも、やっぱりこれも近所に大袈裟になるから無理みたい。
私は日本にいられないし、日本の披露宴は両親に頼まなけ
ればならない事も沢山出てきてしまう。まーちんの家族達も
泊めてもらうので、それに加えて家で衣装を着付けるのは
母の負担になり過ぎてしまう。

美容師さんも出張になるから、どっちにしても予算オーバー
で諦めなきゃいけなかっただろうけど、残念だな。。。









でもしょうがない。

It's gonna be too much mess. まーちんもそう言うから
この事はもう考えない事にしよう。



そんなちっちゃな事が全てではない。大した事ではないもん。
今でも十分いろいろ我がまま通してもらってるし。
それに皆の言う事は的を得ている。だからしょうがない。



結婚式は、諦めが肝心。







本日は、貞子ともみが(またWファーストネーム。。。)井戸の
中からお伝えしました。参考記事はこちら。貞子がんばってます。

|

« 続・招待状と愛の歌 | トップページ | あと1年だー^^ »

コメント

相方さんが、名古屋の風習の菓子巻きにこだわってて、
私達は披露宴のお色直しの入場の時に階段上から菓子巻きしますよ(^^*)/
私はWD→和装なので、一応和装で。
でも髪型もかつらじゃないし、洋髪。
最初はWDで予定してたし。
相方さんも出来れば満足みたい。
演出ですね。
夕方からの披露宴でもアリでは??

私が我慢したこと。
それは洋装(カラードレス)の前撮り。
ホントはロケ撮りとかしたかったけど、高いし。我慢してスタジオで!とか思ってたけど予算が・・・。
カラードレス・・・着たかったけど。
無理してここでお金使っても、後が苦しいし。断念。
でも周りは私がものすごく残念だってことはわからないらしい・・・。そんなモンですかね?

式って切がないな・・・って思います。
ともみさんも遠方からの行き来で絶対疲れると思うけど、がんばりましょうね。
ちなみに名古屋のお式はいつなんですか?
ポーランドの挙式日は↓ココに
http://ameblo.jp/hiro-masa/entry-10024107613.html
公開してしまってます。
ダメなら消しますね☆

投稿: ひぃ | 2007年2月 8日 (木) 12時19分

ひぃちゃん
うん、やっぱり名古屋の人達は好きなんだよね。でもあと何年かでそんな演出もぐっと減るだろうね。だって、本物見たこと無い世代になるから。ポーランドのお菓子投げてもいいかなって思ってた。まだやるかは分からないけど候補に入れておく^^

ほんと、気をつけないと、結婚式は大変な事になるね^^;昨日まーちんの頭よしよししながら、「この人と結婚できるのが一番大切なこと」って自分に言い聞かせたよ。ほんとにその他はオマケだからね。

私、日本の式までもう帰国できないんだ。前の帰国時にできる事は決めておいたけど、後はほんとにメールでプランナーさんと連絡とって家族に頼むしかないんだ><自分でできないのは結構もどかしい。いつも悪いなーって思いながら家族に頼み事してるから。

日にち、載せてくれてありがとう^^ポーランドが8月11日で、日本が2月9日だよ。

投稿: ともみ | 2007年2月 8日 (木) 17時19分

名古屋にはお菓子蒔きの風習があるのですね~ こういう風習って、離れると余計に取り入れたくなるよね。

イギリスからだとなかなか準備も手間と時間が掛かって大変だろうけれど、日本とポーランドとお互いのいいところを取り入れて、両方の土地で祝えるのは、素敵☆

投稿: ちぇこらどか | 2007年2月 8日 (木) 21時53分

わたあめです。
そうかーそうかー。
じゃあさ、おかし、わたあめにまいていいよ。高いところから「これが欲しいんか!これか!」といいながらまいて。
ひろうよ。。


自分の理想と違うことになってしまうと、なんか落ち込んでしまうね。

がんばれ!!

投稿: さおりんご★じゃなくて | 2007年2月 9日 (金) 07時46分

ちぇこらどかちゃん
そうなの。日本を離れちゃったから、日増しに和への憧れが増していく^^;ドレスよりも着物がステキー><って気分なのよ。
でもほんとそれぞれの国で式を挙げさせてくれる私と彼の両親には、面倒いっぱいかけちゃって、感謝でいっぱいだよ。

投稿: ともみ | 2007年2月10日 (土) 03時00分

わたあめぴょん><
これはかなり、「理想と現実のあいだ」(江國ともみ作)みたいな状態なんだよ。結婚準備とは、その後の結婚生活においてどう諦めつつ上手く折り合いをつけていくかの精神訓練だと言う事に、やっと気がついたよ。
固いお菓子いっぱい買っとくね。投げつけように。。。

投稿: ともみ | 2007年2月10日 (土) 03時04分

ともみちゃん、、、貞子な気持ちだったのね、、、。
大丈夫カイ???
私もよく暗い気持ちになるよ。

そんなときはねえ、、、、

両手の親指と人差し指だけ使って三角を作るの。出来た???
そしたらその三角をおでこに当ててみて。
で、鏡を見てみて。
ほら、死人が三途の川を渡るときにおでこにつける三角みたいになるでしょ??

このスタイルで
「私、疲れた、、、」
って言うととってもリアリティーあるよ。
疲れたときは是非お勧めです。

投稿: Kヨコ | 2007年2月12日 (月) 22時51分

Kヨコさん
そう、かなり貞子だったのよ><まだ諦め切ってないんだけど、思考を別のほうへ向
けることによって、その案を頭の中で一時凍結するという案に出たよ。もしかしたら
凍結してるうちに干からびるかもしれないからね^^一つの事にあんまりこだわり過
ぎて全体が見えなくなるのは良くないからね。適度に折り合いをつけていくよ。
にしても、Kヨコさん。。。それは、よく実践してるんだよね。。。凡人には思いつ
かない、とても斬新なアイデアだ。。。

投稿: ともみ | 2007年2月14日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・招待状と愛の歌 | トップページ | あと1年だー^^ »