« 清しこの夜。。。 | トップページ | イギリスのおまじない(その現状) »

2007年3月19日 (月)

イギリスのおまじない(その表と裏)

先日まーちんが銀行へ行った時の事。
おつりの中に、偶然珍しいコインを手に入れました。







6ペンスコイン






ペンスはイギリスの最小のお金の単位です。
あまり聞いた事が無いかもしれませんが、イギリスに
は、この6ペンスコインと結婚式にまつわるおまじない
があります。

『挙式で新婦の左の靴に6ペンスコインを
しのばせておくと、裕福な家庭に恵まれる』

というもの。






なぜ、6ペンスなんて中途半端な数字のコインが使わ
れていたかと言うと、イギリスは昔20進法と12進法を
組み合わせた尺貫法を用い、

1ポンド=20シリング、
1シリング=12ペンス

と言うお金の単位が使われていたそうです。そのお陰
で6ペンス硬貨が活躍していました。しかし、国際化が
進むに連れ、1970年にイギリスでも10進法が導入され
たため、6ペンス硬貨の使いやすさがなくなってしまい、
造幣も1967年に終了しました。なので現在では普通
に見かけることはありません。


イギリスの紙幣、貨幣には造幣された時代の君主の
顔絵が入る。なので同じ6ペンスコインでも造幣されて
いた416年間のうちに君主の座に着いた22名の王や
女王の顔が、時代によって入っている
のでいろいろ
なデザインがあります。きっとコレクションしている人も
いるんだろうなー。











私達が手に入れたのは、現在の女王、エリザベス2世
の柄なので、一番新しい時代のコインです。表側には
若かれし頃のエリザベス女王、

Picture1_16













裏側には、


Picture2_13











イングランドの国花バラ

アイルランドの国花ツメクサ
スコットランドの国花アザミ
ウェールスのニラ、
の花輪模様がデザインされていて結構かわいい^^
造幣は1956年です。1953年のものはエリザベス2世
の即位を記念した特別デザインらしいです。













どうやら、このおまじないは『シルバーコインは金運に
繋がる』
という言い伝えから、一番安い6ペンスコイン
をお守りで持つようになったようです。でも6ペンスが
銀で作られていたのは大昔のようで、どの時代のコイ
ンが本当の意味でお守りとしての意味を持つのかは
よくわかりません^^;(←調べるのがめんどくて。。。)



速報速報!ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、がんばって調べてみました!(えっらーーーい!><)


どうやら、ジョージ6世時代に6ペンスコインは銀を
含まなくなった
みたいです。彼が在位した1937年で、
1947年までのものは銀50パーセントの材質でしたが、
その後の年のものはキュプロニッケルに変わり銀は含
まれなくなったそうです。



と言う事は、私達のコインはあんまり効き目がなさそうだな^^;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






値段ですが、1ポンド=200円とすると、

6ペンス=12円

これが今e-bayで調べてみたところ、1個200円位で
出ていました。日本では手に入らない、手に入らないと
煽ってますが、造幣が中止されてはいるものの、たった
50年程前まで400年以上も使われていた物ですから
ね。日本で売られている最新のエリザベス2世時代の
コインにはそんなに希少価値は無いと思います。

そして、そんな日本でのお値段は!










1個=1300~1500円程です。。。^^;









いい商売だなー。。。

ウェディング関連業界、
      知れば知るほどがんばってるよなー^^;



でも裏を返せば、イギリスへ来た時に古銭屋で見つ
けたら、結婚予定のある人へのいいお土産になり
ますよね^^








私もまーちんもイギリスで出会ったけど、この国とは
関係ないので、この言い伝えは特に気にしてはいま
せんでしたが、もう流通していない6ペンスコイン
5ペンスコインと間違えて(だと思う^^;)、こんないい
タイミングで私達の元へやってきたなんてなんか不
思議。せっかくなので金運にあやかる為にしっかり
左の靴の中に入れさせていただきます^^

こんなちっちゃな偶然がなんだか嬉しい私でした^^

|

« 清しこの夜。。。 | トップページ | イギリスのおまじない(その現状) »

コメント

 質問!なんで左の靴なの?
もう少し調べてよ。(~~)/

投稿: ねえちゃん | 2007年3月20日 (火) 21時44分

いいタイイミングで、ともみちゃんの下に
来たね。
大切にとっておきなされ。
裕福、ステキな音ね。裕福。

投稿: さおりんご★ | 2007年3月21日 (水) 12時31分

本当、これ、いいタイミングで手に入れたね!!
でかしたぞ、ま~ちん(^^)b♪
こりゃ~靴に入れるしかないね゛o(≧▽≦)o゛

投稿: ごろりん | 2007年3月21日 (水) 21時56分

本当だ、いいタイミング^^
そしてやっぱり海外のコインはデザインが可愛いね♪
でもウェールスのニラ・・・ニラ?!?!

投稿: マピ | 2007年3月22日 (木) 09時03分

日本でも左の靴の中に10円玉入れると良いって言うけどそれに似てるのかな。ちなみに和田アキ子は必ず左に10円いれてるんだよ。
でもイギリスのコインのほうがなんかお洒落だよね^^

投稿: ケロ | 2007年3月23日 (金) 11時12分

A子ねえちゃん
それはねー、古いイギリスの詩からきてるんだけど、それは次に書くわね。その詩がなぜ左の靴って言ったのかは分かんないなー。

投稿: ともみ | 2007年3月23日 (金) 21時16分

さおりんごさん
裕福。もう2人産んで、裕くんと福ちゃんにすれば、さおりんご家もとっても裕福に。。。

投稿: ともみ | 2007年3月23日 (金) 21時17分

ごろりんさん
そう、だってもう使われてないコインが銀行からのお釣りで来るって何かかなりの偶然だよね。なんで、混ざってたんだろう。裕福へのお告げかしら^^

投稿: ともみ | 2007年3月23日 (金) 21時19分

マピちゃん
ね、ニラ。臭いそうだね。ニラレバが食べたくなるよ。。。

投稿: ともみ | 2007年3月23日 (金) 21時20分

ケロさん
そうなの??10円玉??それって靴の悪臭除去の為じゃなくって??そうなんだー、知らなかったよー。で、日本ではなんで左の靴なの??何か訳がありそうね。
和田アキ子が毎日踏み潰してる10円玉、でっかくなってそうだな。。。

投稿: ともみ | 2007年3月23日 (金) 21時22分

「裕」君はわかる。
でも、「福」ちゃんはきっといじめられる。

投稿: さおりんご★ | 2007年3月25日 (日) 22時28分

さおりんごさん
おたんじょーび、おめでとう!祝30+1歳!

福ちゃんってさ、なんかぷっくぷくに太ってそうなイメージがするのは私だけ?でも、幸せそうな顔してそうだな。恵比寿様みたいな顔。

投稿: ともみ | 2007年3月26日 (月) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清しこの夜。。。 | トップページ | イギリスのおまじない(その現状) »