« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

妹のドレス決定

私のドレスの次は妹達のドレスです。




イギリスでは各2-5人ほどのベストマン、ブライドメイツを
付けるのが一般的ですが(中には10人近くいて、なんかの
団体??的な事になっている写真もたまに見ます。写真参考)、
あまりウェディングドレスと似た感じのドレスを選ぶと、ベー
ルを外した花嫁と見分けがつかない^^;って人もいる。。。





Girls Wed07









Charlieangels





 
Weddingpartyj







(←こんな感じ)



 



一方ポーランドでは教会式の証人として新郎側から男1人
新婦側から女1人がそれにあたる役を担います。

本で読んだ所によると、彼らは結婚式の証明書にサインする他、
新郎新婦の介添えさん的な身の回りのお世話(着替えなどの当
日の準備やお化粧直しなど)、精神的なサポート、新郎新婦が
縁起がいい事をさせて縁起が悪い事が起こらないように気を
配る、乾杯のスピーチをする事もあるなど、イギリスのベストマン
・ブライドメイトと役割はほとんど同じようです。



私は妹が2人いるので、2人両方にこの役をやってもらいます。
男の方は当然まーちんの弟うかしゅくん。



私は妹にそれほど世話を焼いてもらおうとは思っていないので
ドレスも全く同じにするのは考えていませんでした。なので、同じ
形で色違いのドレスをプレゼントする事にしました。


夏だし、私があんまり濃い色が好きじゃないので、パステルカラ
ー調のドレスを探していました。そして、肩ひもがあって、ウェスト
が絞ってあったり、リボンが巻いてあるのが私の好み^^



20061221_008010400739_lrg20070118_008010400505_lrg















Bridemate4Bm4














Bridemates2Bridemate3_1




















こんな感じです^^





イギリスで探すと100-160ポンド(25000-35000円)
は安めのでもかかってしまいます。これはちょっと高い!!><

上の物はネットで見つけた物がほとんどですが、実際お店に
行くと、同じ形・色違い・淡い色目で品が揃ってること無いんで
す><同色で揃える人が多いので、1デザイン1色しか製造し
ていない事がほとんど。そこで私のドレスを買ったポーランドの
お店で何か無いか聞いてみました。


現物はそこにはありませんが、カタログから見つけたのがこの
ドレス。





Sis_1









ドレスの色当てクイズをしようというのではありませんわよ^^;
ちょっと説明が複雑なので、カタログにあったものを全部載せまし
た。カタログをデジカメで撮ってきたので色が少々実際と違います
があしからず。

まず色は本人達の意見も聞いて大人っぽいシスワンに6のブル
ー、そして可愛らしい雰囲気のシスツーには1と7のスカート部分
の薄ピンクで決定。私達は3人ともホルダーネックが好きなので
大体、3と6の様になるんですが、スカートはスティッチ無しのシン
プルな方が良かったので、1・2のスカートような感じになります。
サイズを2人から聞いて合うものを注文です^^ドレスショップで細
かいサイズ直しはできるんですが、なんと言っても彼女達がポー
ランドに着くのは式の2日前と前日。トップは後ろが編み上げに
なっているので大きさは自由が利きます。トップスがスカートに被
さる様になっているし、ピタピタの形でもないし、スリーサイズを妹
に測ってもらってそれに合わせて1から縫ってくれるので、メチャ
クチャサイズが違うと言う事にはならないと思うんですが。
幸運を祈る!



このドレスは60ポンド(1万5千円)。

やっぱりイギリスより安いなー。
         この値段なら何とかできるでしょ^^


それぞれのドレスの色にあったミニブーケと髪飾りの花を持たせ
てあげられるといいなー。かわいいだろうなー^^




両側に立って姉の為に華を添えてください。。。

| | コメント (4)

2007年4月24日 (火)

結婚式の為のデザイン2

ふふふ、前の時にこんなタイトルだったか覚えてないけど、
一応第2弾^^

Mark_1

実はですねー、大好評
頂いた(←誇大広告注意)
第1弾のこちら
『さくらと鷲と、
     そして   

(今題名を付けました。
まーちんは含まれていま
せん。あしからず。)はで
すねー、使えなくなっちゃ
ったんですよー><













えええええええええええええ
    ええええええええ!!!!!!!

(これからもワタクシ、みなさんの声を代弁して参ります!清き一票を!)












なぜかと言うとですねー。ポーランドのシンボルである鷲は
由緒ある大切な物ゆえに、容易な使い方はしないそうなん
ですよ。なんと言ってもパスポートの表紙になるような、国の
マークですからねー。例えば、パンツに描いたりはしないそ
うなんですよー。パンツに描いていけないのに、招待状に使
っちゃ やっぱダメじゃん?(←自分で自分を騙すのです。。。)



と言う訳で、招待常用にまた新しいの考えちゃいましたー^^
こう言うの好きなので全然苦になりません^^










新作はこちら!
(私の名前はただの署名なので本番には入りません)



Picture1_19      















ちょっと素敵ではなーーーーーい??


ははは、言っちゃったわ。自分で言っちゃったーーー。バカだー!





説明します。
これは
私達のイニシャルを絡み合わせ、巧みにその装飾部
分で
ハートマークを浮かび上がらせたと言う結婚式にピッタ
リな
シンプル且つエレガントな作品なのです
(←本物のバカ)






*お願い*
国語の先生、読まれてましたら『自画自賛』の説明の例文として
ご自由に活用ください。





すみません、ほんとに。あんまり気に入ってしまって、お見
苦しい記事になってしまいまして。ははは^^笑って許して。







日本の披露宴用の招待状のデザイン、このマークを含め
ほぼ出来上がっております^^はい、わたくしプロデュース
ですので、招待客の皆さん、ゴミと間違って捨てないように!
出来上がったらまたここでお披露目しますね^^

| | コメント (8)

2007年4月20日 (金)

ドレスの小物合わせ2

はい、次の小物は
ドレスの上に羽織る上着です。



私のドレスは肩が出ているので、カトリックの教会の中
での式の間は何か羽織らなければいけません


ショールも素敵だったんですが、お店のかわいいおねえ
さん(←店長です。ギャル系じゃないよ)から、『ベールを
着けるならショールはかぶっちゃって肩のところでごわ
ごわして綺麗じゃないからお薦めじゃない』と言われたの
で、ジャケットタイプのを見せてもらいます。





今はまだ夏になってないのでお店に置いてあったのは、
ほとんどがかっちりしたジャケットでした。まだファー付き
のジャケットもあったくらい。








さすがに暑い盛りの8月の式なので長袖はムリ^^;
私、汗っかきだからサウナ行ったみたいに
         水も滴るなんとか(うっふん)

                                           になっちゃうわよ。

















と言う事で、半袖の物を1つ試着。カチッとしたやつは
着る気全然無かったんだけど、一応試着(=日本人)



Picture2_14
やっぱり私にはかちっと
し過ぎてるし、シンプル過
ぎて面白みが無い。




次は透けるオーガンジー
タイプの物
を長袖と半袖
で持ってきてもらいます。







やっぱりこっちの方が軽いイメージになる上、胸元の
刺繍
も隠されずに済むので華やかな感じ。長袖でも
半袖でも良かったんですが、グローブを肘上にしたの
で必然的に半袖で決定。ボレロタイプで首の周りと前
はかるーいフリルが入っているんですが、もしかしたら
手持ちの(日本に帰った時に母と買ってきた^^)レース
のモチーフを袖や裾につけてもいいかも。。。と勝手に
計画中。















続いてベール
ドレスが長めのトレーン付きなので


My_dress_final_1









































(モデルさんがとっても素敵な方なので、空気を乱さぬように
私の写真が同じ画面に入らぬように空白を置いてみました。
細やかな配慮ですね^^)




















なのでー(何だったか忘れそうになった。。。)、
ベールはミディアムの長さにします。




最初のは、もともと合う訳が無い縁取りの濃いベール
一応試着(=やっぱり日本人)


ごたごたし過ぎです^^;これはシンプルなドレスに合わせると
かわいいだろーなー。




2つ目はシンプルな縁取りのあるミディアムベール
生地も1番しっかりしていてふわっと感があります。これは
普通にかわいい^^



Picture4_8




















3つ目は全く縁取りの無いベール
後姿はなかなかいいのですが、ボリュームがあまりなく
清楚ながら私が着けると貧相になるのでやっぱり却下。





と言う事で、2つ目のシンプルな縁取りのふわっとベール
に決定!










ー番外編ー

Picture16教会の式の後、パーティー会場へ
移動し、皆で食事をした後、その
建物の庭で写真家さんにロケ写真
みたいに撮ってもらいます。

ヨーロッパの8月は日も長いし、
日差しがかなりガンガンくるので
日傘を取り寄せてもらいました。
そして前回の記事のように、レン
タル無料に^^(←いつも赤の大文字。。。)
ふふふ。うれしいわ。。。


その頃にはもう上着は着ていないと思うので、上の写真
の様にごわごわしはしないと思います。
そして母の(←うちのね)提案により、持ち手に花とリボン
を付ける


  うーーーん、たまにはいい事言うねー!お母さん。











こうして私の小物合わせはだいたい終了。靴と下着は
別のところで買ったのでまた後ほど。

Picture3_13お店のかわいいお姉さんと記念
撮影。(=どこまでも日本人)

最初にお店を訪ねたのは去年の
7月の終わりだもんね。結構長い
お付き合いになってきてます^^;
まだしばらくはどうぞよろしく^^



| | コメント (8)

2007年4月17日 (火)

ドラマチック と・め・て!

小物あわせ2の前に、ちょっと寄り道。






ポーランドの教会で結婚式を挙げようと思うと、結婚レッスン
なるものを受けて、その修了書をもらわなくてはいけません。
このレッスンはどこのカトリックの教会で受けてもよいので
まーちんはイギリスで行きました。このレッスンは、イギリスで
の結婚までに必要な手続きから、結婚と言うことの意味、
子作りのコントロール方法など
をスライド式で講義のように
聞いたり、カップルで話し合ったりしながら理解し、考えを深め
る為の物。クリスチャンでない私は別に行かなくても良かった
んですが、彼にとって結婚がどういう意味を持つのか知って
おきたかったので一緒に毎週日曜日に6週間通いました。クリ
スチャンじゃなくても結婚までに手続き、将来の家族の計画な
ど役立つ事がいっぱい分かったし、子供は何人欲しいかとか
結婚の維持に大切だと思うことだとか、子供ができなかった時
はどうしたいかとか、別々に思う事を書いてその後2人で見せ
合うのはお互いの考えが更に理解できて、将来ももっと具体
的にイメージ
できたのでとても楽しかった。この人と2人で家庭
を作っていくんだと言う一体感が実感でき、さもすると結婚式
に集中しすぎる時に、本来の結婚という選択・決心について
考える
期間があるのはいい事だなと思います。

と言う事で、無事コースを終了して神父さんから終了証書を
もらってきました^^そして今回それをまーちんのポーランド語
訳を付けて、ポーランドの神父さんに提出。


 

Picture17

矢印は私達が結婚式を挙げる
教会です。




修了証書と一緒に記念撮影^^












ところがこの証書、私の名前













Yomoi になってる。。。。。。  よ?






ヨモイ、、、って。。。

    ヨモイ、、、  ってさ。。。。









なんか キモイ みたいだよね。^^ふふふ






そんな事より、激しく間違えすぎだよ。。。。
1つならともかく、Tomomiって6文字しかない中で
2つも間違えるとは。。。敵は手強いぞ










ま、それでなんとかOKでたから良しとしよう。
まーちんの名前がちゃんとしてるのが一番大事だからね>・









招待状も印刷が終わって無事に手元に。封筒も付いて
一通200円で出来ました^^



Picture1_18















Picture2_15




日本語とポーランド語でしか
書かれていないので、イギリス
からのゲストには、英語での
説明と地図を印刷した紙も
一緒に同封。今週中に、大学
の皆には手渡し終わる予定。
ほとんどの招待客には手渡し
できるし、返信はがきも要らな
いので余計なお金がかからなく
てうれしい^^








ほんとは先週渡せるはずだったんだけど、、、
予期せぬアクシデント が!!(←あくまで
                           アクシデントだから)




実はポーランドから帰って来る前日から寝違えたまーちん
腰痛で弱ってました。そしてまーちんが弱るとどうなるか。。。
無駄にキーキー言ってるんです^^なんでもない事で。
無駄にドラマチック。。。




週末前の金曜日に招待状を渡したかった私は木曜の夜中
近くに『宛名を書いちゃおう!』と言い出しました。いやいや
招待客の名前を書き込むまーちん。








と。







まちがえたーーーーーーーー!!!!!!!















招待状3通に、同じゲストの名前書いてます。。。











どーしたら、そーなる訳???






3通も渡したら、
「もっのすごく来て欲しいだ。。。」って言われるよ。












そして自分の間違いに怒ってます、まーちん。

夜中だから、いけないんだ!!
夜中にはできない!!!!








いや、あんたがひとりでいけないんだよ。。。
                  夜のせいにしないの。

ふふふふふふふふふふ。ばかだ^^

                  ばか面白い^^






そして、英語訳は同じものが3つ1つの紙に印刷されていたので
切り分けなければいけません。私は大学の大きなカッターを借り
て一気に切ろうと言ったんですが、『はさみで大丈夫!』と言う
まーちん。そういうなら、いいでしょう。まーちんに任せて私は自分
の友達に招待状を書いてます。

と?



はい、切ったよ^^(まーちん)















めっちゃ、ギザギザに切れてるけど??^^

線を引くか、折り目を着けてから切ろうよ。。。





まーちんは諦めて自分で切ります。

それを封筒に入れようと手に取るまーちん。






大きさがちがうよー!
こんなんじゃダメだよーー!!
あー、もーだめなんだってーー!!><
















ギザギザに言われたくない。。。



そんな訳で、まーちんが意味も無く失敗を繰り返すもん
だから英訳の紙が足りなくなっちゃって、また印刷しな
きゃいけなくなった為、招待状は今週に持ち越させたと
いう訳です。

2日後腰痛は治っていつもの冷静沈着まーちんに戻り
ましたが、3通もおんなじ人に招待状書いて子供みたい
に怒ってるばかオモシロまーちんを思い出して、翌日は
一人でニヤニヤしていた私でした^^

| | コメント (6)

2007年4月14日 (土)

ドレスの小物合わせ1

今回は木曜の早朝にイギリスを出て、次の週の木曜の午前中に
イギリスに帰って来たので1週間ポーランドにいたのですが、到着
した木曜日はほとんど寝ていないので、そのままバタン。そして土・
日・月はイースターのお休みでお店はほとんど全て閉まっている
ので実質3日で、結婚式の為のいろーーーんなこと片付けてきま
した!いやー、自分でもこう言うの得意なんだよなーと思うんだけ
ど、まーよくこれだけできたわ^^まーちんの両親のおかげ!あり
がとーーーう!










ドレスの小物合わせについてから始めましょう。




前回クリスマスにポーランドへ行った時にドレスは決定してオーダ
ーしたので今回はサイズ合わせができるはずだったのですが!!














なんと、途中の工場でオーダーがうまく通ってなかったらしくて、
お店にドレスが届いてない!!!













いやーーん、
     せっかく楽しみにしてたのになー;><;


(落ち込んでる?怒ってる??悲しんでる???)




















お店のかわいいおねえさん:

「本当にごめんなさい><
お詫びにレースの白い日傘(=レンタル1000円)とドレスの
下に履くパレオ(=レンタル4000円)
無料でいいです!」



























いやー。
そんなに
 気にしないでくださいーーーー!!!!

^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^^(ほんとに!)








ほら、私って心広いからーーー^^ ^^

そんなくらいじゃ 気にしないもーーーん!

ほんとに ほんとに!!















そんな訳で、ドレスは似た胸元で同じ色の物を着せてもらって
小物合わせ、小物合わせ!(←切り替えは早い)









まずはグローブ






     1          2          3
Picture1_17








1つ目はレース編みでできているみたいなちっちゃな手袋。

このタイプはフランスでセレモニーの間着けている物なんだって。
子供の手位しかないのに、よく伸びてらくーに着けれます。でも
私にも、ドレスにも合わないな

2つ目は指なしの肘までの手袋。
ポーランドで見た物は指なしがほとんどで、私たちの式も8月で
暑いので、私も指なしにする事は決めていたのであとはどの
長さにするかが問題です。

長さをチェックする為に3つ目の肘上の手袋も試着。これは手袋
じゃなくて袖口の形になっている物。おもしろいね。カタログで見て
て別に好きじゃなかったけど、思ったより可愛かったです^^











取り合えず、いろんな長さを着けてみて、一番合ったのは

     肘上の長さの指なしグローブ  



ドレスの刺繍に合わせた銀糸の刺繍が手の甲に入ったグローブ
を取り寄せてもらう事にしました。











カメラ係まーちん助手とお供に、小物合わせまだ続きます。
次は上着とベール。



| | コメント (6)

2007年4月 5日 (木)

祝1周年!

どうでもいい事ばっかりつらつら書き連ねているブログですが
今日で1年になりました。

常連のお友達がほとんど変わらず遊びに来てくれているのが
嬉しく思います。昔からの性格で、決めた事を続けていく事に
喜びを感じる方で、なんとか今まで書いて来れました。覗きに
来ていてくれる皆さん、コメントをくれる皆さんがいなかったら
ちょっと難しかったと思います。

日本での結婚式が終わるまであと1年弱。また1年、お付き合
いいただけたら嬉しいです。



ともとまーちん をこれからもどうぞよろしく^^

| | コメント (8)

2007年4月 4日 (水)

教会へ結婚式のお願いに行こう!

今日は、クリスマス休暇でポーランドへ行っていた時に
済ませた結婚式準備の一つ、教会への結婚式の依頼に
ついて。



私達が結婚式を挙げる教会は、まーちん一家がいつも
ミサに通っている近くの教会。まーちんパパ・ママの結婚
式をした教会でもあり、まーちん・うかしゅが洗礼を受け
たりしたのもその教会。

基本的に、結婚式はカップルが現在住む場所の最寄の
教会(学校みたいに地区でどの教会に属するか分かれ
てるみたいです)であげる事になっているんですが、私達
はイギリスにいるし、まーちんの実家の教会で挙げたい
ので、お願いに行くんです。


まーちんの両親が神父さんに面会の予約をしておいて
くれたので、小奇麗な格好をして神父さんに会いに行き
ます。






初日はまーちんと、まーちんパパの3人で教会の建物の
中にある神父さんの住む家の面会室へ。

神父さんは英語をしゃべらないので、私はほとんどチン
プンカンプン
なので、大事なところはまーちんに通訳を
してもらいます。しかし、こんな私も、絶対に聞き取れる
フレーズが。






















彼女はポーランド語 わかるのかい?



















当然、満面の笑みで





「はい!^^」(←な訳ない。。。)








そして、まーちんパパは当然、







「彼女は
何でも理解できます!^^」
(←な訳ないって!)







その日は私達の状況と式の日にちを伝え、式をしてもら
う許可を得て、帰宅。後日、日を改めて、式を行う上で
必要な書類(これは教会で必要な物)を作る為にもう1度
今度は私とまーちんだけで、神父さんに会いに行きます。
ここで”この結婚は完全に本人の意思のみで望まれて
いるものか””本人に結婚の資格はあるか(カトリックでは
死別以外では2度と教会で式を挙げることはできません)”
などを調べるいろいろな質問事項を、神父さんと埋めて
いきます。


例えば
*今まで結婚暦はありますか?

*本人、もしくは家族に遺伝性の難病はありますか?

*この結婚に、地位的・経済的な圧力が家族から
 かかっていますか?


などなど











正味30分もあれば完了するこれらの作業が、
















1時間半。





かかったのは、、、















ひとえに、とっても嬉しそうな神父さんが、アメリカ行った
時に出会った日本人親子の話や、この教会が建てら
れた歴史
や、自分が神父になったいきさつや、日本と
ポーランドの歴史的関係
、終いには”蝶々婦人”を見に
行った時の話まで、一生懸命思い出しながらしゃべり続
けたせいです。。。^^;




しかも神父さん、
ミス・チンプンカンプンともみ”の”こーなったら笑っとく
しかないでしょ!^^
”な笑顔がとっても好印象だったらしく、
「いい笑顔だねー^^」「人の心は言葉じゃなくて笑顔で通じ
合えるんだよ」などと、ご機嫌です。



そんな神父さん、なんか「さー、翻訳してあげて」ってまーち
んに言ってるなと思ったら、ジョークまで飛ばしちゃうもんだ
から、無礼の無い様に緊張気味に真面目に聞いてる私は
無念にもイマイチな反応しかできず!!








後からまーちんに、
「ともー、あそこ笑うとこだよー!!」
ってダメだしされたじゃないかい!












そうならそーと、まーちんあんたも


もっと突っついて、
知らせてよーーーん!!!!!







お腹よじって笑って見せたのに!!!!!













次回はしっかりネタ合わせをして行こうと心に誓った
私達でした。







とにかく、素朴でおちゃめで、とっても優しそうな神父
さんで、とってもよかったです。実は、もう一つの教会へ
も挨拶へ行ったのですが、そちらの神父さんはとっても
事務的、且つ、無愛想、且つ、ブツブツ文句を言う人
だったので、余計こっちの神父さんでよかった^^と思っ
た訳です。











さー、いよいよ木曜からイースター休暇を使って、また
ポーランドへ式の準備へ行ってきます!フライトの出発
時刻は朝の6時です!!^^飛行場はシティーセンター
からバスで1時間のところです!!!^^家を出発する
のはおそらく夜中の2時半です!!!!!^^







やっばいね~。^^;

チケットがちょっと安かったからってこんな過酷なフライトを
選んでしまう私達に幸あれ!






| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »