« ドラマチック と・め・て! | トップページ | 結婚式の為のデザイン2 »

2007年4月20日 (金)

ドレスの小物合わせ2

はい、次の小物は
ドレスの上に羽織る上着です。



私のドレスは肩が出ているので、カトリックの教会の中
での式の間は何か羽織らなければいけません


ショールも素敵だったんですが、お店のかわいいおねえ
さん(←店長です。ギャル系じゃないよ)から、『ベールを
着けるならショールはかぶっちゃって肩のところでごわ
ごわして綺麗じゃないからお薦めじゃない』と言われたの
で、ジャケットタイプのを見せてもらいます。





今はまだ夏になってないのでお店に置いてあったのは、
ほとんどがかっちりしたジャケットでした。まだファー付き
のジャケットもあったくらい。








さすがに暑い盛りの8月の式なので長袖はムリ^^;
私、汗っかきだからサウナ行ったみたいに
         水も滴るなんとか(うっふん)

                                           になっちゃうわよ。

















と言う事で、半袖の物を1つ試着。カチッとしたやつは
着る気全然無かったんだけど、一応試着(=日本人)



Picture2_14
やっぱり私にはかちっと
し過ぎてるし、シンプル過
ぎて面白みが無い。




次は透けるオーガンジー
タイプの物
を長袖と半袖
で持ってきてもらいます。







やっぱりこっちの方が軽いイメージになる上、胸元の
刺繍
も隠されずに済むので華やかな感じ。長袖でも
半袖でも良かったんですが、グローブを肘上にしたの
で必然的に半袖で決定。ボレロタイプで首の周りと前
はかるーいフリルが入っているんですが、もしかしたら
手持ちの(日本に帰った時に母と買ってきた^^)レース
のモチーフを袖や裾につけてもいいかも。。。と勝手に
計画中。















続いてベール
ドレスが長めのトレーン付きなので


My_dress_final_1









































(モデルさんがとっても素敵な方なので、空気を乱さぬように
私の写真が同じ画面に入らぬように空白を置いてみました。
細やかな配慮ですね^^)




















なのでー(何だったか忘れそうになった。。。)、
ベールはミディアムの長さにします。




最初のは、もともと合う訳が無い縁取りの濃いベール
一応試着(=やっぱり日本人)


ごたごたし過ぎです^^;これはシンプルなドレスに合わせると
かわいいだろーなー。




2つ目はシンプルな縁取りのあるミディアムベール
生地も1番しっかりしていてふわっと感があります。これは
普通にかわいい^^



Picture4_8




















3つ目は全く縁取りの無いベール
後姿はなかなかいいのですが、ボリュームがあまりなく
清楚ながら私が着けると貧相になるのでやっぱり却下。





と言う事で、2つ目のシンプルな縁取りのふわっとベール
に決定!










ー番外編ー

Picture16教会の式の後、パーティー会場へ
移動し、皆で食事をした後、その
建物の庭で写真家さんにロケ写真
みたいに撮ってもらいます。

ヨーロッパの8月は日も長いし、
日差しがかなりガンガンくるので
日傘を取り寄せてもらいました。
そして前回の記事のように、レン
タル無料に^^(←いつも赤の大文字。。。)
ふふふ。うれしいわ。。。


その頃にはもう上着は着ていないと思うので、上の写真
の様にごわごわしはしないと思います。
そして母の(←うちのね)提案により、持ち手に花とリボン
を付ける


  うーーーん、たまにはいい事言うねー!お母さん。











こうして私の小物合わせはだいたい終了。靴と下着は
別のところで買ったのでまた後ほど。

Picture3_13お店のかわいいお姉さんと記念
撮影。(=どこまでも日本人)

最初にお店を訪ねたのは去年の
7月の終わりだもんね。結構長い
お付き合いになってきてます^^;
まだしばらくはどうぞよろしく^^



|

« ドラマチック と・め・て! | トップページ | 結婚式の為のデザイン2 »

コメント

ドレスの上に羽織るものがいるんですね。私が挙式した日本のカトリック教会ではベールだけでOKでした。夏の暑い時はちょっと大変そうですね。でもオーガンジーのものなら、優しさとかわいらしさが出せるし、すごくいいと思います。私ももう一度結婚式したい!と旦那に言ってみたところ、アメリカでは結婚20年目に記念してもう一度式を挙げるような風習があるようなので、それに向けて頑張ってみたいです(^^;;) あと、前回書き込みしたときに「ブログされてないですか?」というご質問ですが、残念ながら、作っていません。。なので、ともみさんの所にちょくちょく遊びに来たいと思います。では結婚に向けて頑張って下さい!

投稿: super chef | 2007年4月20日 (金) 11時25分

こちらには初めてコメントさせていただきます。
いつもコメントありがとうございます、ともみさん!

ともみさんたちはカトリックのお式で、
色んな決まりや風習があって、ほんと興味深い。
私たちは、2人ともReligiousではないので、
人前式にしました^^

でも、小物選んだりするのって、
やっぱり楽しい。
当日まで彼にはドレス姿は見せない、と決めて
ドレスも小物も私一人で選んでいるので、
めちゃくちゃ自分の趣味に走っています。

ともみさん細くて綺麗~。
オーガンジーのジャケット?も、
日傘も、本当に可愛い。

素敵な式になるんだろーなーって
一人ニヤニヤしています^^

またきますね!!

投稿: Junbug | 2007年4月20日 (金) 19時21分

ジャケットよりも、すけすけの方がいいね。
日本人の、きゃしゃな肩が、強調できると思うよ。
ともみちゃん、かわいいわ♪

投稿: さおりんご★ | 2007年4月21日 (土) 20時05分

Super chefさん
Junbugさんのところで見つけてニヤっとしてしまいました^^
ポーランドは寒いイメージがあったんですが、夏は普通にすっごく暑いんですよ。教会の中は普通はひんやりしているから、汗かかなくて済むといいけど^^;
結婚20年がおっきな区切りなんですね。私も皆を呼んで大きなお祝いはしなくても、2人で毎年結婚記念日にはお祝いしていけるといいなーって思ってます。私の次のビッグプロジェクトは家だろうなー。あ、でも子供が先かなー^^

投稿: ともみ | 2007年4月22日 (日) 02時25分

Junbugさん
来てくれてどうもありがとう^^Junbugってどんな意味があるの?
イギリスでもよくウェディングドレスは彼に見せちゃダメだよーって言われます。日本はドレス試着ツアーに彼は同行するし、国が変わればって感じですよねー。私もまーちんに見せなくてもいいんですけど、ポーランドのお店の人が英語を話せるか分からなかったので念のために連れて行って写真係になってました。本番用のドレスもカタログの写真は見てますが、私が着た所は見てません。って言うか私も見てないけど^^;
Junbunさんのドレスも早くみたいです><式が終わったら絶対見せてくださいね。

投稿: ともみ | 2007年4月22日 (日) 02時35分

さおりんごさん
この際、全身スケスケの方が良かったかしら。ふふふ。さおりんごさんのドレス姿は公開しないんですかーーーー?????見たいですけどーーーーー!!!!!!!

投稿: ともみ | 2007年4月22日 (日) 02時37分

コメント返ししちゃお。。笑

Junbugってはね、
ほんとは、Junebugからきてるんです。
Junebug=か・め・む・し。

ひどくないですか?笑

私のなまえは、Junkoっていうんですけど、
それからもじってJunbug。
彼がつけたニックネームです。

ひどくないですか?やっぱり。笑

投稿: Junbug | 2007年4月22日 (日) 21時21分

Junbugちゃん(←と呼んでもよろしい?)
ほー、カメムシって英語でそんな名前なんだー^^ふふふ、彼から見るとJunbugちゃんはちっちゃくて可愛い、カメムシ(ふふふ、そうね、カメムシって言う発想がおもしろい。。。)なのね。私も、まーちんデカ人だから、ちっちゃくないのにちっちゃく思われるんだよ。
私ね、ブログのプロフィールのところに載ってる2人の写真がすごく好きなの^^なんか、いい写真だよねー!今度カメムシっぽく見えるか注意しながらじっくり見てみます^^

投稿: ともみ | 2007年4月23日 (月) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマチック と・め・て! | トップページ | 結婚式の為のデザイン2 »