« コンピューターな両親 | トップページ | 日本用の招待状デザイン »

2007年5月23日 (水)

怒涛の2日間(披露宴日時変更)

実は昨日、大変な事件がありました。




待ちに待っていた私のドレスが縫い終えられて1週間ほど
前にポーランドへ無事到着しました。(ドレスについては、また後ほど)

お店のお姉さんが、届いたドレスの写真を、いろんな角度
から写して送ってくれたのです。






その写真に興奮気味の私は、早速日本の式場の担当
プランナーさんに見せようとメールを書きました。そして、
ついでだったのでほぼ完成の日本用の招待状の内容を
確認してもらおうと思いつきで一緒に添付したのです。



その次の日の朝、その招待状に書かれた日にちを
見たプランナーさんから緊急のメールが!














なんと、会場側に伝わっていた披露宴の日時が私達が
予約した2月9日ではなかったのです!!!><







私達の予約は2月11日になっており、予定していた
日時にはもう他のお客さんが契約をしてしまっている
と言う事!




















パッッニッッッッッッック!!!!














どうしよう、どうしよう、、どうしよう、、、


予定していた2月9日は三連休の初日。だから4時開始
の6時半終了でもなんとか皆さん来て頂けるのではない
かと思っていたのに、連休の最終日では次の日は仕事。
県外から駆けつけてくれるはずだった友達も、おそらく
無理だろう。。。2次会も多分。。。


私達の披露宴を行う会場は1日2部制で午前の部は
朝10時半開始。1時間前から受付が開始するから、
これはかなり早い時間帯になってしまって来ていただく
方にも負担になってしまう。







どうしよう、どうしよう、、、、








そもそも、この行き違いが起こったのは1年4ヶ月も先の
予約をした私達がどの日でも自由に選べた為、まーちん
の弟の仕事のお休みを調べる為に一時日時を保留して
一気に決めなかったのも原因の1つ
。結局、私がイギ
リスへ帰って来てからメールで「2月9日に決定しますので、
お願いします」とプランナーさんに知らせた後は、日時の
確認はしていませんでした。そして、そのメールも残って
いない今、私が間違えてメールを送った可能性も無きに
しもあらず、もし会場側が「こちらのミスだと言う証拠は
ありません」と言ってきたら、私達にはなすすべもありま
せんでした。





しかし、担当プランナーさんは間違いに気付いた出張先
から自宅の番号を本社に問い合わせ、自身に確信がない
以上、自分のミスだと認めすぐに両親に連絡を取り、何度
も何度も申し訳ないと言って最善案を考えてくれました。

正直、私のミスかもしてない可能性がある以上、責任
逃れされてもしょうがない状態
で、これ程誠意ある対応
をしていただけたのは本当に嬉しかったです。すぐにで
も自宅へ伺って、私の両親にお詫びをしたいと言ってく
れて。




結局、連休の最終日に変更せざるを得なくなったお詫
びにその日は別のカップルは入れず、終日私達だけ
の為に空けておいてくれる事に
。開始時間を私達の
都合の良い様に決めさせてくれたのです。連休の最終
日と言えども、11日は大安の祝日。精一杯償おうと
してくれているのがとっても伝わってきました。



家族とも相談して午後1時から開始することにしま
した。それなら3時半には終了し、地元の友達なら2次
会をしても負担も大きくなり過ぎないし、遠方の親戚も
8時前にはおそらく帰宅できるはず。



日暮れの披露宴になると思っていた私は、ろうそくの
光を沢山取り入れて温かい雰囲気にしたいと思って
キャンドル立てやキャンドルの準備をしていたので
昼間のパーティー用にまたリセットして考えなくては
いけなくなったのはちょっと寂しいですが、トラブルの
お陰でかえって良い時間帯になったし、プランナー
さんの気持ちがうれしくて、この人で良かったと思える
のは結果オーライでしょうか。プランナーさんも「この
償いは式当日はもちろん、それまでの間の時間に
精一杯させていただきます」と言ってくれて、心強い
です。





とは言うものの、日時を連絡してしまったゲストの皆
さんには本当にご迷惑をおかけしてしまって、更に
連休の最終日に来て頂くのは心苦しく思っています

本当に申し訳ありません。









急な変更で、家族も私もピリピリしてしまい、つい
嫌な言い方をしてしまい喧嘩をしたり、かなり精神
的に疲れた2日間でした><半年以上前に偶々
気付いたからまだ良かったものの、これが招待状
を発送、または印刷した後だったらもっと大変な
ことになっていました。。。気まぐれで印刷前にプラ
ンナーさんに見せようと思ったのは、虫の知らせ
だったのかしら。本当に見せて良かった。。。





これからは、ミスの内容、何度も確認を怠らず準備
を進めて行きたいと思います。披露宴はもちろん、
2次会の話をしていた友達にも至急連絡を取って
いますが、もしこのブログを見ている友達でまだ
日にちの変更を知らない人を知っていたら伝え
て欲しいです
。皆、ごめんね><どうぞよろしく!
















では、新しい披露宴の日にち、2月11日
新たに出発です(ポーランドの式が8月11日なので覚え
やすくなった^^)。


どれだけの人が来られるか分からないけど、沢山
の人の都合がつきますように><そして、私に代
わってやり取りをしてくれたお母さん、どうもありが
とう。

|

« コンピューターな両親 | トップページ | 日本用の招待状デザイン »

コメント

結婚式や披露宴までの準備段階ではハプニングがつきものです。密な連絡の取り合いが大切だったりしますよね。まあでもこういう事を体験しておくと、後々、いろいろ役に立つこともあるので、頑張って下さい。

投稿: super chef | 2007年5月23日 (水) 09時33分

なんと。
まぁ。。。。

大変だったね。本当にお疲れさまーー><

日本にいないからこそ、
不安になっちゃうよね、こんな事あったら。

でも、式場のプランナーの方の誠意ある対応、
嬉しいですね。

私たちも式場予約は1年以上前に入れておいたので、
なかなか実感もわかず、
プランナーの方と仲良くなりすぎて?
式の前になって「あれ、これも決めてなかったっけ?」なんてことが多々ありました^^;

式が終わって彼とプランナーの方と、
ハグしあって泣きあいました。笑

式の日程がかわるって本当に
びっくり&動転したと思うけど、
かえってこっちのほうがよかったーって思えることもこれからどんどん増えてくると思うよ!!

準備忙しいと思うけど、頑張ってね!!

投稿: Junbug | 2007年5月23日 (水) 11時35分

お久しぶり☆
読みながらドキドキしてたよぉ。無事問題解決したみたいでよかったよかった◎
気まぐれで送って重大なミスが見つかるなんて…ともみちゃんってやっぱり運がいいよね♪(笑)

投稿: りょうこ(小) | 2007年5月23日 (水) 12時22分

わお!
ほんとびっくりだね。
ばっちし手帳の予定を書き換えておきました。
それにしても、早く気がついてよかったね。
ま、ハプニングのないともみなんて、、、

これからも色々楽しみにしてますっ!

投稿: ゆか | 2007年5月23日 (水) 14時11分

わぁ…
そりゃ焦るね。
でも、ホント早く気づいて良かった!

プランナーさんも
すごくいい人みたいだし、
その事にも救われたね!

考え直さなきゃいけない事は
色々あるみたいだけど、
時間はたっぷりあるんだから
またともみちゃんの素敵なアイディアが
きっとどんどん出てくるはず♪

準備頑張ってね^^

投稿: ハニー | 2007年5月23日 (水) 14時25分

わー。。。
なんだか大変なことになってたね。
でも、すごく良いプランナーさんで、また日にちが変わってしまったけども、なんだか良い日、良い時間におさまって、披露宴もきっといいものになる!って感じが伝わってきたよ。
がんばったね、ともみ!

こんなハプニングも後になれば笑い話になるんだろうなー。

2月11日。しっかり記憶しました。
(韓国から祝ってるから☆)

投稿: su-tomo | 2007年5月23日 (水) 18時27分

はじめまして。

しかし、びっくりでしたね。無事どうにかなりそうで何よりでした。日本のサービス+プランナーさんの誠意で、いい感じに持って行けてよかったですね。これがもしカスタマーサービスなんて精神がまるっきり無いイギリスだったら、なんて思うと悪寒が走ります。

投稿: Satomi | 2007年5月24日 (木) 06時41分

大変だね。
でもさ、そういうヘプニング(←かっこいい?)
さえも、そのうち思い出したら
楽しい記憶になるんだよ。
はは~ん、無責任だね~~、はは~ん。

投稿: さおりんご★ | 2007年5月24日 (木) 21時28分

Super chefさん
雨降って地固まると言いますか、今回の事で
かえってプランナーさんや会場の人たちを信用できるようになりました。発覚してから1-2時間での行動の速さははかなりでしたから。もう夜の7-8時頃なのに、出張先から全力を尽くしてくれたプランナーさんには感謝感謝です><これからは私ももっと念には念を入れていきたいと思います。

投稿: ともみ | 2007年5月24日 (木) 23時46分

Junbugちゃん
後から考えると、そんなに被害はなかったけど、あの時はどっちに転ぶか分からない状態で、会場側にも半信半疑みたいな気持ちだったから不安だったよ><でも全てがいい方へ流れてくれて、本当に良かった。会場側の厚意に感謝です><

投稿: ともみ | 2007年5月24日 (木) 23時49分

りょうこちゃん(小)←これ笑えるんだけど

って事は、もう一人の方はりょうこ(大)みたいになるのね。。。ふふふ。。。大だって。。。

そうかもね!運がいいのかもね!今分からなかったらもっと大変な事になってたもんね。確かに結果だけ見たら、かえって良くなったし^^ウンの付いてる女これからもがんばります。

投稿: ともみ | 2007年5月24日 (木) 23時56分

ゆかちん
そう、まさに「わお!」って感じでしょ?^^;私のプランナーさんへのメールの第一声は「なんと!」でございました^^;なんと!ってあんたね。。。

あのさー、内緒だったんだけど、私何かしようとすると、絶対何か起こるのよね。大学受験の願書、1つもすんなり提出できなかったの。絶対書き忘れ、下記間違いがあるのよ^^;母の記憶によると、自宅に2回、高校へ2回問い合わせの電話が入ったらしい。でもこれからはノートラブル人生を送る予定だから!だから結婚一緒に祝ってくれ!

投稿: ともみ | 2007年5月25日 (金) 00時00分

ハニーちゃん
ドキドキハラハラでしょ?
私、立ち直りだけは早いので、さっそく第2弾、昼間の結婚式計画委員会を発足いたしまして、アイデアを出し合っております!(一人でね)
応援ありがとう!

投稿: ともみ | 2007年5月25日 (金) 00時03分

Su-tomo
ほとんどの人が変わらず出席できる事が分かってきて、ほっとしてるよ。すでに笑い話になったわ(はやっ)。
韓国から祝っててくれるのは心強いわ^^よろしく頼むわよん!

投稿: ともみ | 2007年5月25日 (金) 00時05分

Satomiさん
初めまして。コメントどうもありがとうございます!

その、物の分かった感じは、イギリス生活長いですね!!??その通り。。。それがイギリスだったら。。。まず、プランナーさんが気付いていたかどうか。。。^^;そしてその後連絡があるまで何日かかるか。。。^^;そして、非は絶対認めないだろうから、強制的に空いている日時へ移行。終了。って感じでしょう。。。こわっ。。。

でも大丈夫!ここ(そこ?)は日本!日本万歳!!

おっと、盛り上がりすぎたわ。。私


また気軽に遊びに来てくださいね^^

投稿: ともみ | 2007年5月25日 (金) 00時09分

さおりんごさん
おっ!その発音はアメリカーンイングリッシュですねー??もう、英会話の成果が出てきたとは、敵は手強いな。。。(←特に意味なし)
皆さんの優しい励ましによって、もう良い思いでになっております。「あんな事もあったねー、じいさん。」「そうだったねー。ばあさん」的に良い思い出です!

投稿: ともみ | 2007年5月25日 (金) 00時11分

6/1から英会話に通います。

投稿: さおりんご★ | 2007年5月27日 (日) 19時42分

 ともちゃん、すでに間違いが・・・
「書き忘れ、下記間違い」はないでしょ。
(小学校教員的指摘でした^^)

投稿: ね~ちゃん | 2007年5月27日 (日) 22時28分

さおりんごさん
ついにデビューですね。大いなる飛躍を期待しております。ガンバルンバ!

投稿: ともみ | 2007年5月28日 (月) 04時57分

A子姉ちゃん
これはタイプミスではありません!断じて!断じて!!
皆さんの想像力を鍛える為、断腸の思いで間違いを散りばめているのです。。。

ライオンの父より

投稿: ともみ | 2007年5月28日 (月) 04時59分

日本万歳ですねーー!イギリス生活はまだようやく2年目に入ったところです。マンチェスターのお隣の町でポスドクしながら、研究室内恋愛続行中。

どうぞよろしく!

投稿: Satomi | 2007年5月28日 (月) 23時34分

Satomiさん
あらあら、なんだか私と似てますね^^まーちんはポスドクですが、私はまだプレドクのひよっ子なのでSatomiさんは先輩ですね。私とまーちんも研究室内恋愛だったんですよー^^Satomiさんカップルがどんな感じなのか気になります!いつか教えてくださいねー^^

イギリスは最初の1-2年、事務関係のズボラさに慣れるまでがストレス溜まりますよね。日本なんて言う物凄いサービス業のスタンダードの高い国(って外へ出るまで気付かなかったけど)に育ってくると、結構不意打ちで最初はかなり疲れました^^;でもそれに慣れると、こっちもそのつもりで接するし、対策をねるのでストレスはだいぶ減ります。今でもお互いが気を使って話せる日本の接客が私はすごく好きですけどね。お互い、異国のいい所・悪い所受け入れてがんばれましょうね!

投稿: ともみ | 2007年5月30日 (水) 03時19分

なんだか似ているなぁと勝手に親近感を覚えています。研究室内恋愛だったってことは、もう所属は違うのかしら?私の彼はプレドクなので、ともみさん達と逆ですねー。

イギリスのもう3つなサービス、一回で物事がすんだらラッキーなんて感じで、しつこくしつこく確認をするようにしてます。それでも、振り回されてますけどね。。。でもこれに慣れると、日本でより幸福感が味わえるかも?!なんて思っています。

投稿: Satomi | 2007年5月31日 (木) 04時18分

Satomiさん
ブログ覗かせてもらいました^^

こんな不便なイギリスも慣れるといいとこありますよね。コメディーとか。。。(←地味な喜びの見出し方。。。)イギリスのいいとこを楽しみながら、日本のいい所ももっともっと見えてくる。うん、幸せかも!

投稿: ともみ | 2007年6月 1日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンピューターな両親 | トップページ | 日本用の招待状デザイン »