« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

音楽係 アンジェイ

ポーランドの披露宴は日本のようにビッチリと
進行が分単位で決まっている訳ではなく
て(何
時間も続くのでそんな事しなくても全然いいのです
^^;)、メインのイベント(ファーストダンス、ケーキカッ
ト、ブーケトスなど)の順番と大体の時間帯は考え
てあるものの、ずっと自由度が高いと言うか、
の雰囲気を見ながら進行
していきます。そのイベ
ントの間は、食べて・飲んで・しゃべって・踊りま
^^


なので、配膳をしてくれる会場側のスタッフさんの他に
その場の空気を読みながら、音響・音楽演奏全般
+司会進行してくれる音楽係さん
(DJって書きた
かったけど、響きが実態と合わない^^;)を雇います。


私達の結婚式は、日本人9人(うち5人は英語OK)、
イギリス人6人、ポーランド人約35人(うち4人位は
英語OK+1人まーちんは日本語もちょっとOK^^;)
な内訳だったので、ポーランド語の他に英語でも
司会のできる人
に依頼しました。



この人アンジェイ(本人はアンドレアスとかっこよく
呼んでいますが、私達の間の通称はアンジェイ)。


ポーランドでも結構名の知れた音楽屋さんで、シンセ
サイザーやコンピューターを使ってデータ管理や演奏
をポーランドで始めた先駆けの人のようで、有名人
や国際的な音楽祭やパーティーにも依頼されるらしい
んですが、見た目ちっちゃいおっちゃんです^^;



この人、親も音楽家で、音楽の才能は確かにかなり
のもんなんですが、相当いい加減なところがあるの
です^^;でも口は上手いよ^^;悪い人でないのは分か
るんですが、全ての予定は1ヶ月前に完了して
いたい系の計画型日本人の私
の神経をピリピリ
させ、向こうもかなり私にビビってました^^;






まず、私達が相談をかねて挨拶に行ったのは、イー
スターホリデー。つまり3-4月の事です。その時ま
でに、かけて欲しい曲をピックアップし、購入した
り、日本からわざわざ送ってもらったりして準備
万端にして持参した私達
。ってか、^^ふふふ。

早速、アンジェイのパソコンにそれらの音楽を保存
して準備完了。私達のファーストソングをアレンジして
くれると言うので、お願いしてファーストダンスの練習
もしたいので式の1ヶ月前までにメールに添付して
送ってもらうように話をつけて帰って来た訳です。











全て、十分余裕を持って進め安心していた私達(私^^)
ですが、1ヶ月前になっても曲は送られて来ません。
まー、1ヶ月前というのは必要以上に余裕を持って
いたのでそれほど気にせず、一応確認のメールを
送ります。しかしアンジェイ、「全て順調です」とか
「どんな風にでもあなた達の好きな様にします」
か言うわりに、具体的な事が伝わってきません。



式の2週間前、私はアメリカへ学会へ行かなくては
いけなかったので、もうまーちんとファーストダンス
の練習をする暇がありません。「いつ送ってくれる
んですか?」
とメールをすると、「今、音楽祭に参
加していて、送れないが、曲はできあがっている
から7月29日に帰国次第送るから」
との返事。



まー、ポーランドへ着く前に一応聞けるし、着い
てからも1週間あるから十分だわ
と思って私は
アメリカへ。。。(この時点で私的にはかなり妥協
してるんですがね^^;)
































はい、8月4日に帰ってきてもアンジェイ、曲送っ
てきてません。









アンジェーーーーーーイ!!!!!!!!








とにかく、その翌日にポーランド入りし、2日待って
みるものの連絡無し


























あんじぇい、、、抹消する。。。。。





と殺気立っている私の命令によりまーちん、アン
ジェイに直接電話します。











ここで、衝撃の事実が!!!!!!!!!!



























アンジェイ、、、、、






ハードドライブが壊れて、保存してた曲、
             
              全部消えたらしい。。。






















あんじぇーーーーーういい
   !!!!!!!!!!!!

;;  ;;  ;;  ;;  ;;  ;;




















ここまで来ると、呆れて物が言えません。
しかも、消えたなら消えたとどうしてすぐに連絡して
来ん!!!イギリスを発つ前なら、CDも持って来
れたのに!!!!こっちが電話するまで連絡が
無いとは何事!!!!!(←怒りマックスな私)







幸い持って来ていたパソコンに殆んどの曲は保存
してあったので、それ程のロスは無かったものの
完全に一本切れている私、アンジェイが自宅まで
やってきた時も、淡々と冷静にどういう事か問い
詰めます。(そんな私にまーちんも結構怖かった
らしい^^;)



あー、この時ほどアンジェイが英語をしゃべれて
良かったと思ったことは無かったわ>・(ハート)
ちゃんと自分の言いたい事が言えて、相手も
ちゃんと答えなくてはいけないのって、やっぱり
大事^^

これこそ、
   真のコミュニケーション^^(=怒りのクレーム)








ここから3日間。アンジェイは私の監視下に置かれ
進行・曲作りも私と1対1で確認させられたのでした。


代金の支払いは全額、披露宴終了後なので、私
達も結構余裕持ってましたけどね^^ま、当日の
でき次第では大幅値下げも仕方ない、アンジェイ!
って思ってたので^^





とは言うものの、さすが評価されているだけの事は
ありました。当日は演奏、司会進行ともにばっちり!
ゲストの様子を見ながら曲を変えたり、時間配分を
したり、しっかり仕事してくれました。イギリスからの
ゲストもわざわざ彼を褒めるコメントをくれるほど
かなり好評でした。




私も個人的な感情で根に持つ訳ではなく、ビジネス
として接しているので、無責任な対応にはそれなり
に対処しますが、当日はいい仕事に満足して楽しく
過せました。







実は私と2人きりで話していた式の2日前、最後に
ちょっと値上げを試みたアンジェイでしたが「払うの
は私じゃないから、私に言っても無駄だよ」と私に
跳ね返され、まーちんパパに「最初に同意した値段
以上は払わんよ」という一言で済まされ、それは実
現しませんでした^^




にしても、当日にこれだけいい仕事してなかったら
半額覚悟だったからね。ちゃんと全額もらえて良か
ったね。アンジェイ^^






最後に振袖姿の私とまーちんも一緒に記念撮影。
最後のゲストが帰った4時半まで演奏し、5時過ぎ
に帰宅するまでの約12時間。ずーっとがんばって
くれました。


彼らのその日の支払いは8万円弱。これはポーラン
ドではかなりの出費ですが、私達の場合は英語の
しゃべれる事が条件で、結果名の知れた音楽家
だったのでこの値段になった訳で、普通はこんな
にはしないはずです。

でも演奏家2人を12時間雇って、必要な器具は
全部揃えて持参
してくれるので、日本の司会者2時
間半で5万円、音響3万円などを考えると、私達にと
っては十分に価値のある出費でした。ポーランドでも
物価が上がるに連れてこういうサービス業もどんどん
値上がりしていくんでしょうね。

| | コメント (2)

2007年10月25日 (木)

ポーランド結婚式当日レポート9

車に乗り込んで教会を出発すると、ほっと一息。まーちん
とやっとちゃんと話ができる時間ができました。

「無事にできたね。^^」

「夫婦なんだね。^^」

「あのきたないティッシュは何??^^」



愛に溢れる会話をしつつ、結婚したんだという喜びを
かみ締めるひと時。


飾りのついた車なのでスピードを出す事はできないので
ゆっくり進みます。

しっかり握った手には結婚指輪がはまっていて、これから
もずっとはまっている。窓を開けて走る車は披露宴会場
まで家もまばらな開けた土地の街路樹の間を走っていき
ます。交差点で隣りに止まったトラックのおっちゃんは
窓を開けて「おめでとう!」と言ってくれて、のろのろ運転
の私達を追い越して行く車はクラクションを鳴らして窓から
手を振ってくれます^^



しばらくすると、妹達を乗せたウカシュの運転する車が
私達を追い越して、その前を離れすぎないように先導
してくれます。運転手さんと話をしていてうっかり曲がら
なくちゃいけない小道を通り過ぎそうになった時には
ちゃんとクラクションで教えてくれます。





ほんとに頼りになる、いい男だわー、ウカシュ><


Picture1

6時45分。
披露宴会場のロコソボ城
に着きました。











Picture3











私たちに続いてハイヤーしていたバンで他のゲストも
到着。


Picture4Picture5
















私たちが会場のロビーへ入って行くと、、、
Picture6












まず入り口で塩とパンを乗せたプレートで迎えられます。

Picture8















これはポーランドの習慣で新郎新婦の結婚生活が恵まれた
ものになるようにという意味があります。


このパンもちゃんとハート型に切り抜いてあってご機嫌な
私^^
Picture9



















ロビーにはスパークリングワインが入った(全員が飲めるように
ノンアルコールだった気もする。これが甘めで美味しかった^^)
シャンパングラスがこれまたハート型に並べてあります。見える
かな??


と、ここで、今度は新郎新婦、張本人がまさかの!!!!!!
































ゲストをほかっておいて、
  乾杯前に一気飲み!!!!!!


Picture10

























これにはね!!!これには訳があるのよ!!!!!



実はこの後、もう一つポーランドの習慣である事をしな
きゃいけない事、私たちは知っていたの!



そのある事とは、

飲み終わったグラス(2つのグラスはリボンで結ばれて
いるの^^)を新郎新婦は背後に一緒に投げて割らなく
ちゃいけないの。これも幸運を運ぶおまじないみたいな
物。



そして私たちは、この儀式?を乾杯前にするもんだと思っ
てたの。(ってかまーちん、君は知っておけよ。。。)だから、
放り投げる時に飲み物が入ってたら大変な事になるじゃ
ん?だから、頭が良くて、よく気のきく私達(=ただのバカ)
は「早く飲んでおかなくっちゃ!!!!」ととっても一生懸命
飲んだのよ!




ところがところが、よく聞いたらそれは全員で乾杯してから
って言うじゃない?遅いのよ!言うのが!!!もう飲んじゃ
いましたから^^;うのもビックリの勢いで飲み干しちゃいまし
たから^^;




皆でポーランドでおめでたい席で良く歌われる『スト ラタ
(千年)』と言う歌を歌います。この時ももう音響+演奏+
司会進行係のおじちゃん2人が演奏しつつ取り仕切って
くれます。スト ラタは琴の音色で演奏してくれました。

(このおっちゃんが実は式までの数日でひと騒動起こして
くれたんですが、その話はまた次回)



カラのグラスを握りながら、みんなの前へ連れて行かれ、
カラのグラスを掲げて皆と乾杯をする素敵な新郎新婦
な私達
(しつこいようですが、ただのバカ)
Picture11






















私は自分のおもしろさにウヒウヒ笑って、もう一杯欲しい
なーくらいに思ってたんだけど、まーちん、これでテンパッ
てこれからパーティーが始まるまでの間の事覚えてませ
ん^^;ははははは。お前はプチ記憶喪失か!!ははは。
これは現実逃避の一種???


とにかく、プチ記憶喪失中のまーちんをコントロールし
つつ、無事にグラスを後ろへトス。

Picture12



この後はゲストの一人
一人から花束やカード
やプレゼントと共に
祝福を受けます。










Picture1_2
























ポーランドの挨拶は左・右・左頬で3回キスをする事。男の人
の中には女の人の右手のこうにキスをする人もいます。

Picture2Picture5_2   













Picture3_3












Picture4_2
イギリスの人は大体ハグか
キスする時は2回ですね。


日本からのゲストはハグ
してもらいました^^ポーラン
ド人のゲストを見ながら、
イギリス日本組みはどう
するべきか結構悩んでた
ようです^^






全員に挨拶した後はいったん外に出て集合写真を撮ります。


その間に、割れたグラスは綺麗に片付けられていました。




Picture13











室内へ戻り、ゲストが自分の席に着いた所で新郎新婦の
入場です!^^(ってとっくの昔に登場してましたけどね)


只今7時5分。そろそろお腹が空いてきました><









人気blogランキングへ ←『テンパッて宙を泳いでる君の
              素敵な瞳に乾杯!』と思った
              あなたは今日も
1クリックどう
              ぞよろしくお願いします^^
              
               

              

               








                

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

ポーランド結婚式当日レポート8

只今5時40分

Picture15

2回で演奏してくれている
おっきなパイプオルガンの
音色に包まれて進んでいく
式。



Picture14 
















さー、結婚の宣誓です。


まーちんにとって、神の前で誓う事はとても大きな意味を
持ちます。どんなことがあっても全力で守らなくてはいけ
ない誓いなんです。今幸せだから結婚して、でも心が離れ
たからお互いの為に離婚なんて事は通じません。どんな
事も2人で乗り越えていくと言う誓い。私はキリスト教徒で
はないですが、彼にとってそれだけの重さのある気持ちを
受ける事が幸せでもあり、気の引き締まる思いもします。

Picture4_2

右手を繋いだ所へ神父さんが首にかけている布を巻き
つけます。3つの質問に「したいです」と2人一緒に答え、
その後は一人ずつ、「私、OOはXXを妻(夫)とし、、、」
と続くフレーズをポーランド語で宣誓します。まーちんは
「神の名の下に」と言うものが入っていますが、私はキリ
スト教徒ではないので、信仰していない神の名に誓う事
はできません。その部分を省略した形で、宣誓します。

結婚式の3日前に神父さんに挨拶と打ち合わせに行っ
た時に宣誓の言葉をプリントした物をいただいて、練習
してあったので、私もちょっとつまずきながらも無事達成
^^


Picture5









Picture6












この時、私がポーランド語を勉強している事も、これらの
文章を暗記していた事も知らないまーちん親戚一同は
かなりビックリしていたそうです^^





そして指輪の交換

まーちん、3日前に神父さんと練習しときも中指に入れ
ようとしたんですが、ここでも中指をつかんで来る!!




どこ掴んでるのよー!!!!><


微笑を保ちながらも必死に抵抗し、なんとか薬指に摩り
替えた私。いい妻だわ^^

Picture7_2




























指輪の交換の時も、「OO(相手の名前)、これは私の愛と
忠誠のしるしです」とポーランド語で言います。これは短い
のでノーミスでクリアー!まーちんの目を見ながらちゃんと
言えました^^無事指輪を交換し、教壇から戻り残りのミサ
を受けます。

Picture9_2































そんな中、私達の背後では、、、またしてもまさかの!!!


































仏教徒だけど周りのキリスト教徒と一緒に
アーメンと言い、
  十字架をきってしまう両親^^;



これはでもそうだよね^^どうしようって思うよね。やった
ら失礼になるか、やらないのが失礼になるか分かんない
もんね。私も式が始まって何もそれらの事を教えてなか
った事に気付いたんだよ。いろいろ本当にバタバタして
てそこまで頭が回らなかった。ごめんね^^;







結構長くてしんどかったが、式の全てが終わり、神父
さんが教団から私たちの所までわざわざ降りて来てく
れました。彼は英語は話しませんが、まーちんには
ポーランド語で、私には英語で「あなたの人生にたくさ
んの幸運が授けられますように」と個人的に祝福をし
てくれました。神父さんの笑顔が本当に嬉しかった^^


Picture8_2



神父さんが奥の部屋へ下がって行った後、まーちん
がベールを上げて、私のおでこにキスをしてくれまし
た。

Picture10











セレモニーで使ったキャンドルを記念に持ち帰るので
まーちんが取りに行き、2人一緒にゲストに見守られ
ながら退場します。


Picture11_2
























Picture12
Picture13













午後6時15分
やっと式が終了しました^^私達、もう夫婦です><




ドアが開くと、集まって来ていた近所の子供たちが
コインシャワーで1グロシェコインを私たちに降り掛
けてきます。


Picture14_2
























上の写真の写っているドアに貼り付けてある白い紙見え
ますか?実はこれ、まーちんパパが知らないうちに用意
してくれていたもので「お米は投げないで下さい」って書い
てあるんです。私達日本人がお米を大切に扱っている事
をどこかで調べて知っていたパパが、ライスシャワーも
一般的なポーランドで気を使って張り紙をしてくれたんで
す^^

今時、お米を大切にする人も祖父母の時代に比べたら
ずっと少ないし、西洋にならってライスシャーワーも日本
でも普通に行われている中で、私達自身よりもっと私達
の文化を大切にしてくれる思いに心が温かくなります。

まーちんパパ、ありがと^^






さあ、投げかけられたコインは一つ残らず全て拾わなく
てはいけません。

4_78






















Picture17























ゲストへの挨拶は披露宴会場ですることにして、私たちは
新郎新婦様の車に乗り込み皆に見送られながら、披露宴
会場へ向かって、教会を後にします。


Picture18_3  


















さあ、式も無事に終わって、これから夜通しでパーティーです!






人気blogランキングへ ←やっぱり何かしてくれる素敵な
             ともみ家両親、アーメン。と思った
             あなたは今日も1クリックどうぞ
             よろしくお願いします^^
               

              

               








                

| | コメント (4)

2007年10月20日 (土)

私でも淋しいと思う時

あと2週間弱で私達夫婦の遠距離結婚生活が始まる訳で
すが、実は只今、まーちんアメリカへ仕事で一週間出張中。
と言っても学者の出張なので、かっこよく世界をまたにかけ
てビジネスしている訳ではなく、向こうの大学へボスについ
て授業をしに行ってるだけですが。

私も月曜日から1週間、仕事の終わったまーちんに合流して
ニューヨークへ行ってきます。(なのでこの間コメントの返事
ができませんが、ごめんなさい)

やっぱり、1週間でも淋しいは淋しいです><私達もう4年
弱一緒に暮らしていて、一緒に出勤していて、一緒にお昼
を食べていてそして一緒に帰宅して1日が終わると言うか
なりベッタリな生活をしているんですが、一緒にい足りない
と言う事は無いですね。前の彼氏さん達とはいくらうまくいっ
てても「プライベートな自分だけの時間は絶対必要よね。」
と思ってたんですが、まーちんはいつも私の横にいてくれて
構いません(←何様?ふふふ)

でもね、Junbugちゃんが以前言ってたけど、私たぶん、こう
言う物理的な距離とか痛みとかは結構強い方だと思うんで
す。最初の1-2日はやっぱり悲しくなるほど淋しいけど、そ
れなりに慣れてちゃんと暮らしていけます。私、人からの悪
意のある言動とか慕っている人からの冷たい(と私が勝手
に感じてしまう)態度とかの心理的なダメージには物凄く弱く
て、よく「そんなの人たちの事気にする必要ないよ」とか「向
こうはそんな事きっと思っても無いと思うよ」とか言われるの
ですが、逆に相手が自分の事を大切に思ってくれている事
を確信していれば、遠距離だってあまり悲しまずに続けられ
ます。でもこれって、きっと心の優しさが足りない事への裏返
しだと思うよ。きっと離れている事が悲しくて悲しくてって人達
の様な心の温かさが私にはちょっと欠けてるんだと思う。
だから別にそれを誇る気持ちにはなれないけど、そう言うの
に強いと言うのは自分でもそう思う。


だけどね、だけどこうして家に一人でいて思うのは、絶対的に
笑う事が少ないって事。


私とまーちん、一緒にいる時はいっつもどうでもいい事(90%)
お互いの仕事の事(5%)、相手のムカつく事=ケンカ(5%)話し
てます。そして、ケンカ中以外は^^いつも笑ってます。でも何で
笑っていたのか思い出せない。ひとりで一日過ごしてても何も
笑うような事が無いような気がする。そんな自分に気付く時は
ちょっと淋しい。

まーちんはうちにいる時は自分が眠くなっても私がベッドに入る
まで起きて待ってます。(私は眠くなったら勝手に寝ます^^)
私が横にいないと良く眠れないらしいです。(私は普通に眠れ
ます^^)でも、やっぱり横にまーちんのでっかくてあったかい体
が無いのはちょっと淋しいので、まーちんのトレーナーをスイス
へ持って行こうか考え中です。私、ちっちゃい頃からかなり長い
間ぬいぐるみ抱えて寝てた人なので^^;今でも何となく枕とか
掛け布団とか抱えて寝てます。ふふふ。



でもこの一週間は私的には遠距離の予行練習、ワンクッション
として良かったなと思うんですが、月曜から1週間は24時間
ベッタリ一緒に過ごすのですごく楽しみな反面、また離れたく
なくなるだろうなーとちょっと心配です。


自分で決めた事とはいえ、早くまた一緒に暮らしたいと今から
思ってます。その時は赤ちゃんも欲しいし、もう離れて暮らす
事はないだろうなと思いながら、その日を待ってます。



人気blogランキングへ ←激励の1クリックどう
よろしくお願いします
              
               

| | コメント (4)

2007年10月19日 (金)

ポーランド結婚式当日レポート7

まず最初に、まーちんと私、うかしゅとシスツーは教壇
の奥にある小さな部屋へ入って行き、神父さんの立会い
の下結婚に必要な書類にサインをします。これらは私達
の結婚をポーランドで宗教的・公的に証明する為に必要
な書類です。つまり結婚式と市役所でする婚姻届の届出
をいっぺんにやっている事になります。

4_9_2


















4_10





全ての書類が整った所で、皆の待っている教会内へ戻り
式の始まりです。

Picture1_2



























まず神父さんのミサを聞きます。当然ポーランド語なので
私が理解できたのは、世界には様々な異なる文化があり
それらがお互いに尊重し合い、受け入れ合う事ができる事
は素晴らしく喜ばしい事であると言うような大体の内容だけ
^^でも神父さんが国籍・宗教・文化を跨いだ私達の結婚を
祝福してくれているのはとっても伝わってきます

Picture2_2



午前中は薄曇りだったお陰で真夏日ではありませんでした
が、午後は日が差していたので5時過ぎの教会の中には
まだまだ日が差し込んできて、結構暑い^^;。ムシムシして
ます。

ふと、横を見ると、そこにはまたまた まさかの!!!!





















使い古しのティッシュ
         汗を拭くまーちん。

          ^^>
フキフキ







どっから、それ出て来たんよーーーー!!!!!!
あんた、そんなにバッチリ決めてるポケットに使い古し
のティッシュ入れていたの!!!!!!その胸に付い
てる素敵なハンカチーフで拭けとは言わないわよ。せめ
て、、せめて、、、、まっさらな・フレッシュな・純白の・・
ティッシュ持って来いってーーー!!!!!


(注:ポーランドでは普通なのかどうかは知りませんが、
こっちの人結構ティッシュを何度も何度もクタクタになる
まで使います。ま、ハンカチも1日に同じ物を何度も使う
からそれはいいんですけど、日本ではあんまりする人
いませんよね?でも結婚式の時位、、、新品を。。。^^;)








いいわいいわ。そう、私はこんなまーちんが好きで
結婚するのよ。だからそう、今日だからこそ、あなた
は使い古したティッシュで汗を拭くべきなんだわ!


と無理やり自分に言い聞かせている後ろで、、



















ビーーーーーン!!!と


      鼻をかむウカシュ。





ちっ、兄弟め。

Picture3








ともかく、式は厳かに進んでいきます。











神父さんのお話や賛美歌が終わり、いよいよ私と
まーちんは神父さんの前へ出て行き結婚の宣誓
です!!





人気blogランキングへ ←結婚式の必需品。幸せの白い
              ティッシュ。これは次に来るか
              も!と思ったあなたは今日も
              1クリックどうぞよろしくお願い
              します^^
               

              

               








                

| | コメント (6)

2007年10月15日 (月)

ポーランド結婚式当日レポート6

午後5時5分。

Picture1



















教会に着くと、父が待っていてくれて手を取って降ろし
てくれました。その時は何とも思わなかったけど、今
思うとなかなかやるわね、父。^^


Picture2




























ほとんどのゲストはもう教会に入って席に着いていて、
外で話していた親戚組みも中へ入っていきます。

私は入り口の脇へ行って、母とおばに留めてあった
ながーいトレーンを伸ばしてもらいます。母とおばも
教会へ入って行き、私はゲストが全員の着席を教会
の入り口で父と待っています。


ポーランドでは新郎新婦が2人で入場するのが一般的
なようですが、私は父がさり気に期待しているのを知っ
ていたので、ちゃーんとまーちんの両親の了解をとった
上で、父と2人で入場させてもらいました^^

入場はやっぱり日本流で一歩ずつ踏み出す歩き方で
しょ!(今まで気付かなかったけどイギリスやポーランド
では普通に歩いて入ってました!!!)家を出る前に
2人で練習したのでバッチリなはず!!



ゲストも皆着席し、アベマリアのパイプオルガンの演奏
が始まります。


さー、入場です><

Picture3
























父とせーので「い~ち。に~い。」と足を合わせて歩き
出します。出だしは順調!しかしバージンロードを半分
来た頃に緊張気味の父、微妙にずれる^^;

Picture4























このバージンロードをゲストに見つめられて、神父さん
とまーちんのいる所まで歩く間、頭がぐわーんとして、
胸が詰まって、
泣かなかったけどちょっとうるうるした。

Picture4_3 





嬉しいとか、緊張するとか、悲しいとか、そんな単純
な言葉ではとても言い表せられ無い様な気持ち。

本当に周りの風景がグワ~ンってしてくらくらする感じ
だったです。

Picture6_2 





















教会の中は、車の装飾をしてくれたのと同じまーちんの
おばさんが、花と、扇と水引のデコレーションで装飾して
くれていて、入った瞬間に「わー、こんな風になったんだー」
と私までワクワク^^




Dsc_1670













Dsc_1658



この扇、わざわざ母とシスツーが
イタリア旅行へ来た時に日本から
持ってきてもらったピンクとうす緑
の和紙と水引きを使って私が作り、
まーちんの両親とおばさんが布と
白いバラで仕上げてくれた物。









1_14_2













1_13


なんだか「一つ一つ和紙を折
って扇作ったなー」なんて思い
ながら、それらの物に囲まれて
結婚できる事に純粋にあった
かい幸せを感じていました。








ボンネもショール風の上着も素人の手作りで既製品に
比べたら全然綺麗じゃないけど、その分もの凄く愛着が
あるし、作ってきた時間もとっても大切な思い出になり
ました。本当にやって良かったなーと思っていることの
1つです^^昔の人ってきっと嫁入りの衣装とか、持って
いく身の回りの物とか結婚式までに自分で裁縫して作っ
たりしたんだと思うんですが、その気持ちがわかると言う
か(←そんなに数、作ってない人)お嫁に行くってこんな
感じ?と一人で喜んでいるのです。ふふふ。

さて、現実に戻って、バージンロードを進む私達。
微妙にズレながら何とかマーチンのと頃までたどり
着き^^父からまーちんへ手渡されます。彼の隣に
立って、式の開始です。

Picture7

















人気blogランキングへ    ←あ~、やっと式の開始だ。。あと
               何回レポートは続くの?と思った
               あなた今日も1クリックどうぞよろ
               しくお願いします^^
               

              

               








                

| | コメント (4)

2007年10月12日 (金)

ポーランド結婚式当日レポート5

写真撮影から帰宅した私達。

只今3時15分。


写真を撮っていた間、うす曇の時はあったものの
撮影していた披露宴会場では雨は全く降らなかった
んですが、この間に、まーちんの実家の町では夕立
があったらしいのですが、その雨も私たちが帰って
くる頃にはやんで道も乾いていていました。グッドタイ
ミングよ!

私たちがロケーション写真を撮りに行っていた3時間
のうちに、家に残った家族と日本からわざわざ駆けつ
けてくれた友達Rちゃんがゲストへのプレゼントの扇
にリボンを付けてくれました。

Picture17











←これ。






これは夏の初めを狙って家族に頼んで100円均一
で入手してもらった桜の柄の(確か^^;)かわいい扇。
ポーランドも夏は暑いので、使ってもらってお土産に
持って帰ってもらおうと準備していたんです。持ち手
に私が買っておいたパール加工をしてある白いリボ
ンを結んでもらうのを家族にお願いしておいたんです。
ほんとに皆ありがと^^




ホット一息ついて、まーちんママが用意しておいて
くれたポテトサラダ風サラダ(なんのこっちゃ)とパン
を貪り食う私達(=麗しき新郎新婦)。若干の無言の
争奪戦を経て、お腹も満たされたところで。。。
















ねえさん。
    事件です!
(←もうすぐ、これも
              通じない世の中になって
              いくのよねー。きっと。
              ここの読者は当然分かる
              わよね??)



なんとシスツーと母、まさかの





















**FIGHT!!!!**
(ファイトよ!ファイト!!
                       フライトじゃないわよ。。ほほほ





勘弁してくださいよ~、姐さん。私の結婚式ですぜ~;;
しかも式開始、1時間前ですぜ~。








母の言い分を聞き、シスツーの言い分を聞き、2人を
別々に慰める私。。。(=今日の主役、麗しの花嫁)












母の怒りがおさまらない為、最後は私も泣く。





















どんな家族やねん!
   感動の涙じゃないんかい!!

と激しく自己ツッコミしつつ泣いていると、まーちん
登場。私の話を聞いて、なぐさめ、鎮静剤の吹き矢
を吹き、エサを与え、
落ち着かせてくれました。



猛獣使いまーちん、どうもありがとう!













母とシスツーにもどうか今日だけは喧嘩はしないで
楽しく過してくれと念を押し、式の為に化粧直し+着
替えを開始。



この後、2人は喧嘩の事はコロッと忘れ、結婚式を
メッチャ楽しんでいた。。。。






あー、素敵な私の家族達。(遠い目をして言って下さい)








只今、4時45分。やべ~!!遅刻すっよ??












大急ぎでガーターを履いて(足の部分だけのストッキ
ング、ガーターって言うのか??)、下着とドレスを
着けて(撮影後、下着まで着替えてたからね~^^だっ
て特別な=ただ白いのを買っただけ ウェディング
(の日)用の下着だもんねー)、ボンネとベールも準備
OK。挙式時は肩を覆う為にショール風ジャケットを
自分で作ったので、それも忘れずに着ます。




その頃、まーちんのおばさん(まーちんママのお姉さん)
が家にやってきて、私とまーちん、そしてウカシュを除く
家族は全員一足先に歩いて教会へ。教会はまーちん
家族がいつも通っている所なので歩いて3分です。


















4時57分。

手袋もはめて、ウカシュに戸締りを確認してもらって、
さー、私達も出発です!










と、玄関まで来た所で、
     またブーケを忘れたー!!!

       (ほんとにアホです。花嫁)










ウカシュが急いで取りに行ってくれ、今度こそ準備完了。
家の前ではまーちんの叔母さんが(正確にはまーちん
パパのいとこ)デコレーションしてくれた車が運転手と共
に待っています。

玄関の鏡で最後の全身チェックして、
「どこもおかしくない?」と聞くと、「完璧だよ!」




























     ウカシュが







答えてくれました^^;まーちん、あんたが花婿だろ!















ちなみに、この日ウカシュはまーちん側の付添い人
を勤めていて、家の戸締りから、私達や家族、ゲスト
の世話から、お酒の進み具合を見ながらのボトルの
追加から、全てがスムーズに進むようもの凄くがん
ばってくれてました。ほんとに素敵な弟だわ。ウカシュ。














さー、なんとか遅刻ギリギリで自宅出発です><




こんな豪華なかっこうして普通の街へ出るのはちょっと
特別なような、恥ずかしい様な変な気分でした。

でも「あー、私本当にこれから結婚するんだなー」
教会へ向かう車の中でしみじみ思っていた私(教会へ
着くまでの45秒で^^;だって、歩いて3分だって!)


Picture2

















只今5時5分。教会が見えてきました^^
(ちなみに教会は家を出た時から見えてました。ほほほ)

新郎新婦、到着です。

Picture1












人気blogランキングへ    ←さあ、この調子でレポート突っ走っ
               て!と願うあなたは
1クリックどうぞ
               よろしくお願いします^^








                

| | コメント (6)

2007年10月 9日 (火)

ポーランドの結婚式レポート(ブーケ編)

皆さん、ご無沙汰してしまって本当にごめんなさい!><


聞くところによると、『卒論終ったら、ガンガンいくとか
言ってたくせに、嘘つき!』などとエリカと一緒にワイド
ショーで叩かれているそうですが、一応弁解をさせて
くださいな^^








あ、言い忘れましたが、
卒論無事提出し終えましたー!^^




そして、提出前日、私とまーちんは昼間は引越しの為の
荷造り、そして夜9時から朝4時まで大学で卒論の仕上
げと印刷をしていました。。。^^;あほです。

更に4時間の睡眠の後、私は卒論提出にまーちんは
荷物をレンタルしたバンで引越し先へ移動させ、2人
して午後はずっと超ヘビー級のダンボールたちと戦い
5時半のレンタルの期限に間に合うように車を返しに
行き、その町で迷い、日の暮れた道をやっと新居へ
たどり着くと言う過酷な日々を過していたのです。更に
この日からまた2人して(全く仲がよろしいこと!)ウィルスに
やられてヘロヘロしているうちに、先週一週間過ぎて
しまったのですー><ほほほ。



重ねてですねー。引越し後、家にインターネットがまだ
無いんです。だからブログはおろか、メールのチェック
さえままならない環境におかれ、わたくし、大ピンチです!
と言っても、まだ大学で残ったお仕事を片付けており
ますので、これ以上ともみバッシングを加熱させ、アッコ
様に呼び出されるような事にならないよう、がんばって
更新していきますね!







では、前置きはこれくらいにして、

今日はブーケについて(レポートじゃないんかい!!)



ブーケを探し始める前、私はお花が溢れだすようなキャス
ケードタイプのブーケが好きなのかなーと思ってました。


キャスケードってやっぱり一番豪華で優雅な感じがします
からねー。いかにもウェディングって感じで素敵です><


Picture1_3

←これは私の大ファンの一会さん
のブーケ。リンクも張ってあります。
許可を頂いたので、後々一会特集
を企んでおります!!
(いつになることやら^^;)







Picture2_3 











でも、いろーーーんなブーケを見て行くって、気に入った
物をどんどん保存していったら、どうやら私のお気に入り
はこのタイプじゃない事に気付いてきたんですよ。(こういう
事、結婚準備してるとほんとにしょっちゅうありますよー)


見ていて自分が持ちたいなーと思えたのは、意外にクラッ
チタイプのブーケ。このタイプは切りっぱなしの花をまとめた
ようなナチュラルでフレッシュな可愛さがあります。

Picture3






















清潔感があって、清楚で本当に素敵ですねー。うんうん












それぞれ綺麗だなーと思ってもなかなか心に残るブーケっ
て多くは無いです。見ている時よりも、後から心に残って
離れないブーケ。それがこのブーケです。




ポーランドで買ったイタリア系のウェディング関係の雑誌の
中にあった1つのブーケ。これはどこかのデザイナーの
ファッションショーのドレスに合わせてモデルさんが持って
いた物なんですが、これがなんだかとても印象的だったん
です。Img_10901_2New_image1_2






















すごく清楚で、派手さのないブーケですが、今まで見た事
のない透明感のあるデザインですごくキレイだなーと思った
んです。私はもともと、梅、ハナミズキ、木蓮などのすっきり
した花が好きなので、その辺がツボだったのかもしれませ
ん。




Img_10761

























今でもこのブーケは私が見た中で一番美しいブーケだと
思っています^^


で、自分もこんなブーケを持ちたかったんですが、式の
時はOKでも一日中持つのに白だけだとちょっと淋しい
感じになりそうだったので、この雰囲気でピンクバージョン
を作ってもらおうと言う事になりました(自分の中でね^^)。









Tr_bouquet_5

でも1つしか持たないなら
やっぱり色はピンクでしょ^^

←この色合いもの凄く好きです






Picture4 



しかし、問題なのが花材。このつきつきでている蕾の
ついた小枝が何の花なのかも分からないし、こういう
花って冬の終わりか、春の初めの物じゃないですか。
8月にはそれっぽい花がなかなか無い!





カスミソウはちょっとフワフワし過ぎてて、このツキツキ感
はでないだろうし、枝を刺しておく訳にも、、ね~?^^;










私もちょっと心配だったんですが、なんせいろんな事が
もの凄く忙しくて、花屋さんと相談する暇もなかったので
上の写真をメインに色合いを説明する為に1-2枚他の
ブーケの写真を渡し、お任せしてありました。







当日は、レポートで分かる通り朝から息つく暇も無い位
次から次へとイベントが目白押しだったので、ブーケと
対面したのが美容院から帰って来て、写真撮影へ出か
ける用意をしていた時。



気付いたら、まーちんパパが花屋さんへ取りに行って
くれて、テーブルの上の花瓶にいけてありました^^;












その、私のブーケがこれです。画像が悪くてスミマセン^^;6_26_3






























見本にしていた白い花束よりもしっぽが長いですが
この長いしっぽがすごく好きです><



Flower_4
























ピンクの小バラをクラッチブーケにして、細くて長い
グリーンでブーケのツキツキ感とリボンを巻いた
持ち手の下から垂らしたしっぽをつけてくれました。

1























この写真は色合いがちょっと濃くなって見えます
が、もうちょっと淡い感じです。派手過ぎず、地味
過ぎず、私好みに作ってくれた花屋さん。なかなか
やります。一度も会えなかったけど、さり気にこの
ブーケは結婚式アイテムの中でも、かなりお気に
入り上位に入ってるんです^^



 
私も背は低くないんですが、なんと言ってもまーちん
が2mあるので、この縦に長いシルエットのブーケが
全体のバランスを良く見せてくれたように思います。



さー、次はがんばって挙式のレポートに行きます!
(と言っております)

人気blogランキングへ    ←さっさと結婚式レポート終らせん
               かい!!思った方
1クリック
               どうぞよろしくお願いします^^

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »