« ポーランド結婚式当日レポート9 | トップページ | スイスへ »

2007年10月28日 (日)

音楽係 アンジェイ

ポーランドの披露宴は日本のようにビッチリと
進行が分単位で決まっている訳ではなく
て(何
時間も続くのでそんな事しなくても全然いいのです
^^;)、メインのイベント(ファーストダンス、ケーキカッ
ト、ブーケトスなど)の順番と大体の時間帯は考え
てあるものの、ずっと自由度が高いと言うか、
の雰囲気を見ながら進行
していきます。そのイベ
ントの間は、食べて・飲んで・しゃべって・踊りま
^^


なので、配膳をしてくれる会場側のスタッフさんの他に
その場の空気を読みながら、音響・音楽演奏全般
+司会進行してくれる音楽係さん
(DJって書きた
かったけど、響きが実態と合わない^^;)を雇います。


私達の結婚式は、日本人9人(うち5人は英語OK)、
イギリス人6人、ポーランド人約35人(うち4人位は
英語OK+1人まーちんは日本語もちょっとOK^^;)
な内訳だったので、ポーランド語の他に英語でも
司会のできる人
に依頼しました。



この人アンジェイ(本人はアンドレアスとかっこよく
呼んでいますが、私達の間の通称はアンジェイ)。


ポーランドでも結構名の知れた音楽屋さんで、シンセ
サイザーやコンピューターを使ってデータ管理や演奏
をポーランドで始めた先駆けの人のようで、有名人
や国際的な音楽祭やパーティーにも依頼されるらしい
んですが、見た目ちっちゃいおっちゃんです^^;



この人、親も音楽家で、音楽の才能は確かにかなり
のもんなんですが、相当いい加減なところがあるの
です^^;でも口は上手いよ^^;悪い人でないのは分か
るんですが、全ての予定は1ヶ月前に完了して
いたい系の計画型日本人の私
の神経をピリピリ
させ、向こうもかなり私にビビってました^^;






まず、私達が相談をかねて挨拶に行ったのは、イー
スターホリデー。つまり3-4月の事です。その時ま
でに、かけて欲しい曲をピックアップし、購入した
り、日本からわざわざ送ってもらったりして準備
万端にして持参した私達
。ってか、^^ふふふ。

早速、アンジェイのパソコンにそれらの音楽を保存
して準備完了。私達のファーストソングをアレンジして
くれると言うので、お願いしてファーストダンスの練習
もしたいので式の1ヶ月前までにメールに添付して
送ってもらうように話をつけて帰って来た訳です。











全て、十分余裕を持って進め安心していた私達(私^^)
ですが、1ヶ月前になっても曲は送られて来ません。
まー、1ヶ月前というのは必要以上に余裕を持って
いたのでそれほど気にせず、一応確認のメールを
送ります。しかしアンジェイ、「全て順調です」とか
「どんな風にでもあなた達の好きな様にします」
か言うわりに、具体的な事が伝わってきません。



式の2週間前、私はアメリカへ学会へ行かなくては
いけなかったので、もうまーちんとファーストダンス
の練習をする暇がありません。「いつ送ってくれる
んですか?」
とメールをすると、「今、音楽祭に参
加していて、送れないが、曲はできあがっている
から7月29日に帰国次第送るから」
との返事。



まー、ポーランドへ着く前に一応聞けるし、着い
てからも1週間あるから十分だわ
と思って私は
アメリカへ。。。(この時点で私的にはかなり妥協
してるんですがね^^;)
































はい、8月4日に帰ってきてもアンジェイ、曲送っ
てきてません。









アンジェーーーーーーイ!!!!!!!!








とにかく、その翌日にポーランド入りし、2日待って
みるものの連絡無し


























あんじぇい、、、抹消する。。。。。





と殺気立っている私の命令によりまーちん、アン
ジェイに直接電話します。











ここで、衝撃の事実が!!!!!!!!!!



























アンジェイ、、、、、






ハードドライブが壊れて、保存してた曲、
             
              全部消えたらしい。。。






















あんじぇーーーーーういい
   !!!!!!!!!!!!

;;  ;;  ;;  ;;  ;;  ;;




















ここまで来ると、呆れて物が言えません。
しかも、消えたなら消えたとどうしてすぐに連絡して
来ん!!!イギリスを発つ前なら、CDも持って来
れたのに!!!!こっちが電話するまで連絡が
無いとは何事!!!!!(←怒りマックスな私)







幸い持って来ていたパソコンに殆んどの曲は保存
してあったので、それ程のロスは無かったものの
完全に一本切れている私、アンジェイが自宅まで
やってきた時も、淡々と冷静にどういう事か問い
詰めます。(そんな私にまーちんも結構怖かった
らしい^^;)



あー、この時ほどアンジェイが英語をしゃべれて
良かったと思ったことは無かったわ>・(ハート)
ちゃんと自分の言いたい事が言えて、相手も
ちゃんと答えなくてはいけないのって、やっぱり
大事^^

これこそ、
   真のコミュニケーション^^(=怒りのクレーム)








ここから3日間。アンジェイは私の監視下に置かれ
進行・曲作りも私と1対1で確認させられたのでした。


代金の支払いは全額、披露宴終了後なので、私
達も結構余裕持ってましたけどね^^ま、当日の
でき次第では大幅値下げも仕方ない、アンジェイ!
って思ってたので^^





とは言うものの、さすが評価されているだけの事は
ありました。当日は演奏、司会進行ともにばっちり!
ゲストの様子を見ながら曲を変えたり、時間配分を
したり、しっかり仕事してくれました。イギリスからの
ゲストもわざわざ彼を褒めるコメントをくれるほど
かなり好評でした。




私も個人的な感情で根に持つ訳ではなく、ビジネス
として接しているので、無責任な対応にはそれなり
に対処しますが、当日はいい仕事に満足して楽しく
過せました。







実は私と2人きりで話していた式の2日前、最後に
ちょっと値上げを試みたアンジェイでしたが「払うの
は私じゃないから、私に言っても無駄だよ」と私に
跳ね返され、まーちんパパに「最初に同意した値段
以上は払わんよ」という一言で済まされ、それは実
現しませんでした^^




にしても、当日にこれだけいい仕事してなかったら
半額覚悟だったからね。ちゃんと全額もらえて良か
ったね。アンジェイ^^






最後に振袖姿の私とまーちんも一緒に記念撮影。
最後のゲストが帰った4時半まで演奏し、5時過ぎ
に帰宅するまでの約12時間。ずーっとがんばって
くれました。


彼らのその日の支払いは8万円弱。これはポーラン
ドではかなりの出費ですが、私達の場合は英語の
しゃべれる事が条件で、結果名の知れた音楽家
だったのでこの値段になった訳で、普通はこんな
にはしないはずです。

でも演奏家2人を12時間雇って、必要な器具は
全部揃えて持参
してくれるので、日本の司会者2時
間半で5万円、音響3万円などを考えると、私達にと
っては十分に価値のある出費でした。ポーランドでも
物価が上がるに連れてこういうサービス業もどんどん
値上がりしていくんでしょうね。

|

« ポーランド結婚式当日レポート9 | トップページ | スイスへ »

コメント

アンジェイ、シバくヽ(`△´)/ ピシー

ともみさんたちは優しいわね~。
私だったら、時間にルーズな方は即切ります。( ゜゜)ノ ゜ポイ

まあ、とは言え、一生に一度のことだし、英語が話せて、実力もあって。。。となるとやっぱり彼に頼んでよかったのかもね♪

ちなみに、うちは私がお財布の紐を握っています。
まあ職業柄(Accountant)、ヤミ金の隠し方には詳しいですからΣ(゚д゚lll)

と、言うのは冗談だけどね^^

投稿: れにー | 2007年11月 1日 (木) 13時30分

れにーさん

アンジェイ、ビシ!バシ!!

やっちゃってください。。。


私も時間にルーズな人は嫌いです><ま、長い付き合いの相手でもないし、結果的には当日は大活躍だったので許します^^

れにー家の金庫番長はれにーさんなのね。なるほどねー。納得^^ほほほ

おっと、ヤミ金隠しは慎重にせねば。せねば。”と言うのは冗談だけどね^^”の笑顔が非常にうさん臭くて怖いわー><これは=(イコール)”冗談じゃないから。そこんとこ4649!”って事ですよね???そうよね。絶対そうだわ。。。

投稿: ともみ | 2007年11月 1日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポーランド結婚式当日レポート9 | トップページ | スイスへ »