« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

新しいブログとスイスの冬(相互関係無し)

スイスの冬ってどんなんかのー。やっぱり雪掻きせんと
家に閉じ込められたり、雪がぼーぼー降る中長靴はいて
出勤したりするんかなー。。。




と、ここへ来るまではちょっと雪国へ嫁ぐオンナな
心構えをしてたんですが。













スイスの冬、明るい!





そして今年はあったかい!!!










いや、これが普通なのかは分かんないけど、
12月に寒くって街角に時計と一緒表示されて
る気温見て、




マイナス

フォーーーーーーーー!!!!

(注:氷点下4度)

Hg






















と言ってしまったあと、どうにもHGの残像が
頭から離れず、怪しい微笑みをたたえたまま
人ごみを歩いてしまった。と言う事はあったけど
(前置き 長。。。)

2月なんて、名古屋の方が普通に雪降ってたし、
寒かったし。

スイスはいいお天気で気温も10度くらいいって
た日も多かったもん!



さー、前回お話しした通り、後1ヶ月でスイスを
後にする事が決まったので、もうちょっと私の
いたこの街の様子を載せていこうと思います。



ほんとにきれいで可愛い街なのよ、ここ。週末
には路地にマーケットが出たりして。その中の
花の露天がかわいくてねー。もったいないから
もっと写真とっておく事にする。

そして、スイスを去ると同時にブログも引っ越そう
と思います。

ココログすごく好きだったんですが、海外からの
コメントが制限され過ぎてて、それだけの理由で
引っ越しします。(<ーココログの人、よく見て!!
よく見て!!!これが理由よ!りゆう!)

*ここだけの話だが、ともみさんには、ココログへ文句意見の
メールを送ってみるも、全く相手にされずな可愛そうな過去
がある

取りあえず、いろいろ見てみて、ここはどうかな
と言うのを見つけました。

ここです。新(仮)とも と まーちん


取りあえず、わたあめさんによってドイツオッケー
なのは確認済みなので、がんばってやってみます。

でもここね、ちょっと専門的で、私には操作が
難しいのよー。ココログ、よかったんだけどなー。
規制さえなければ!(<ーしつこい)

このバックさー。かわいくない?
私、ココログのバックも気に入ってて、初回から
変えてないんだけど、今度のバックも結構気に入
ってるの。

私、結婚式後、腰まであった髪をおかっぱにしたの。
おかっぱなんかほんと小学生ぶりじゃないかしら。


Slide1











よくわかんないだろうけど、こんな感じなの。


それが結構気に入ってね。このバックの女の子が
私っぽいじゃんと勝手に思ったわけよ。だから当然、
横の黒いの


まーちんよ^^

なんかこの、どうでも良さげに描かれた感じがどう
しようもなく、まーちんなの。

だからこのバックにしてみました^^



しばらく平行運行で試してみます。

では、よろしく!




人気blogランキングへ ←今日も1クリック、どうぞ
           よろしくお願いします。
       
 

| | コメント (7)

2008年2月25日 (月)

決断

結婚式のレポートをする前に、書いておきたい事が
あります。この頃、ブログもあまり書けませんでした。
時間的余裕が無かった事もありますが、それより気持ち
が仮死していたからです。







おとつい、ボスにここを去る事を伝えました。正確には
3月末で今のポストを辞め、イギリスへ帰ります。

11月に今の職に就いてから4ヶ月、私の人生の中で
もっとも辛い日々でした。まーちんがいて、家族がいて
そして親身になってくれるスタッフの皆と結婚式の計画
を立てている時間があったから、救われた事は多かった
けど、仕事の事を思うと毎日辛くて自分を信じる事がで
きなくなりました。

いつも泣いてばっかり。前向きに努力努力と思って
がんばってきましたが、ボスの態度は悪くなる一方で
人間的な面、仕事の面での彼への不信感は募っていく
ばかりでした。

日本滞在中も、彼の提案で始めた書類を毎日書き、サポ
ートするからやってみようと言っていた言葉とは裏腹に
結局最後まで1度もまともにチェックも入れてくれない
まま、提出をしました。

その後も私のプロジェクトが長く取り組めるものか
疑わしいと言い出し、白紙に戻されそうな空気が流れ
始めたのです。もともと彼が考え、私と進めてきた
プロジェクトですが、彼からは全く計画的、理論的な
考えが見られませんできた。リーダーとしての展望は
全く無く、行き当たりばったりな思いつきで膨大な
量の仕事を提案し、私ができていない事を責めるばかり
でした。





日本にいる時に、ふとした事で、今まで大丈夫大丈夫
って言い聞かせてやって来たけど、ずっと受けていた
ストレスが確実に自分の体にダメージを与えていた事
がわかりました。

その心から伝わって体に表れた傷跡を見つけたとき、
私はなんだか嬉しかった。こうなる事はわかっていた
気がしたから。





細胞が死んでいる。。
そんな痛さをいつも感じていました。これが体が出す
信号なんだな。そんな事をぼんやり考えていました。




私の細胞が死んでいっている。





辛くて辛くてしょうがない私の気持ち、形の無い気持ち
を私の体はちゃんとわかってくれていたんだな。そう
思ったらなんだか愛おしい気持ちになった。私の心が
苦しんでいたせいで、あなたも苦しかったんだね。



 

クリスマス前からずっと苦しかったけど、これが仕事
と言うものだろうと思って、これを乗り越えなきゃいけ
ないし、私の努力不足なんだと、なんとか状況を変えよ
うと必死でやってみました。


でも何も変わりませんでした。



いまのボスは、プロジェクトがうまくいっている人に
は猫なで声で話しかけ、実験につまづくと、挨拶さえ
無視してその人を追いつめる人。そう同僚が教えて
くれました。一緒に解決策を考えるなんて気持ちは
全く無いと。。。

私もボスのサポート無しで、さらに彼のランダムで
無責任な提案をうまくかわしながら、一人でプロジェ
クトを進められるだけの、能力と精神力が欲しかった。
でも、今はまだ私にそこまでの力は無い。

いつも人を愛して、愛されて、その人の為に精一杯
を尽くしたいと言う人間性いっぱいで仕事をしてしま
う私がその代わりに陥ったのが、「自分が悪い。」
「自分は無能なんだ」と言う自己嫌悪のスパイラル
だった。









そんなボロボロの私に救いの手を差し伸べてくれた
のが、前の職場のボスたちでした。私がどんな人間
だったか、どれだけの能力を持っているかを、一生
懸命私に信じさせてくれた。自分を信じる力を全く
失ってしまっていた私に、「そんな人の為に、自分
のキャリヤを失ってはいけない、今すぐ戻って来な
さいと言ってくれた。

他の研究室のボスも、自分の研究室で研究者を募集
するからすぐに応募しなさい」と言ってくれました。



今のボスがプロジェクトを潰そうとしている事、他に
オファーをくれようとしている人がいる事、まーちん
と一緒にいたい事、すべてのタイミングがそろった気
がしました。


このままここに長くいればいる程、今のボスの私の
キャリアでの影響力が増し、結果は出せず、精神的に
も身体的にもボロボロになり、そしてその挙げ句、
次のポジションへ移るとき、ひどい推薦書を書いて
くるだろう事が目に見えていて、本当に私のキャリア
を終わらせてしまう可能性が増えるのです。

今、動かなきゃダメだ。

わかっていたけど、今まで何かを途中で投げ出した事
の無い私はどうしても自分が悪い、なんとか方法がある
のではないかと言う気持ちが振り切れずにいたし、前の
ボスが強い言葉で背中を押してくれなかったら、また
何ヶ月もこのままずるずる過ごしていた気がします。


でも、言いました。



決心したはずなのに、ボスのオフィスのドアを叩く
まで、本当にこれで正しいのか。不安で過呼吸になり
そうでした。




大切な担当ウェディングプランナーさんが作ってくれ
たエンドロール、私はスイスへ戻ってから毎日何度と
なく見てました。

マーチンの写真がメッセージと共に流れてくる場面に
なると、「あいしてるよ」の言葉と、マーチンがこっち
を見つめる笑顔で涙が止まらなくていつも泣いていた。

「なんで私はこの人とおいてここにいるんだろう。
どれだけがんばっても何も得られず、溜まっている
のはひどい心の傷ばかり。その為に私はこの人を
おいてここにいるの?」









でも今は、笑って見られます。

今週、ここへついて初めて、週末を自分の為だけに
過ごしました。


私がどれだけ苦しんで来たか知っていた友達。ボス
がどんな風に人を追いつめていくか身を持って知っ
ている同僚達は、私の決断を心から喜んでくれまし
た。もちろん、まーちんも心からほっとしています。
私がいつか狂うと心から心配していたのはマーチン
だったから。






私はイギリスに帰ります。
そしてまた自分の夢に向かって進みます。もう少し
で消えそうだった夢をみんなが救ってくれました。
自分を信じてくれる人がいる。その人たちの為にこ
そ、すべてを出し切ってがんばりたいんです。



やっと、本当の自分に戻って来ているのを感じます。
やっと、ブログも書いていけそうです。

もしかしたら、ブログのホストを変えるかもしれま
せん。でも書き続けたいと今は思っています。


こんな自分の事最後まで読んでくれてありがとう。
次からは楽しくいくからね^^







人気blogランキングへ ←今日も1クリック、どうぞ
           よろしくお願いします。
       
 

| | コメント (14)

2008年2月20日 (水)

やっとできた^^

やっと2年以上かかって準備して来た2つの結婚式が
終わりました。

日本とポーランド、2つ準備してみて、経験してみて
2つがまったく違った大変さ、面白さ、出来上がりに
なったのが、とても興味深かったなー。

ポーランドの式は博士論文を書きながら、日本の式は
新しい場所での新しい仕事と生活に翻弄されながら
準備をして、それぞれに大変だった事はあるけど、
最後に皆が笑って過ごしてくれていた事で全てが報わ
れた。そんな気持ちになった。

ポーランドの式は自分が楽しかった。自分が楽しんで
皆もそれぞれ楽しんで行ってね!って感じかなー。

日本の式は、大切なゲストや、支えてくれた家族や、
結婚式を一緒に作ってくれたスタッフに感謝の気持ち
を伝えたいと言う気持ちが大きかった。


皆と過ごせること、こうやってどれだけ皆が私にとっ
て大切な人達かを、ちゃんと言葉にして直接伝える
事のできる機会がもてた事が最高のプレゼントになり
ました。

何年も、時には10年近く直接会っていなかった人達
が遠くから、忙しいのに私達に会いに来てくれた事
が本当に嬉しかった。準備に疲れて途方に暮れていた
時に手を差し伸べてくれた友達や家族やスタッフを見
て、人生ってこういう人達に出会って、こういう人達
に感謝を伝えるためにあるんだなと思った。



2年前、婚約した時、父はそんなに長い婚約期間で
本当に大丈夫なのか?ってちょっと心配してたけど
まーちんの存在はあの頃とは比べ物にならないくらい
大きくて、強くなった。

そして家族が、大切で大切でたまらない。

今まで私は、仕事以上に大切なものは無いんじゃ
ないか位の事を思っていた。自分が人生で達成しな
きゃいけない事はキャリアであり、それを支え合う
のがパートナー、家族であると言うのが私のスタン
スだったし、家族が1番で家族の為の仕事と言うの
が理解できなかった。否定するとかじゃ全然なくて
自分にあてはめられなかった。



でもなんとなくわかるな。今はわかる。


やっぱり家族ってかけがえの無いものだな。




生い立ちのスライドを作りながら、私とまーちん
のツーショットの写真がほとんどない事、家族や
友達との写真ばっかりになってしまった事に気づ
いて、これが私の伝えたい自分の生い立ちなんだ
なーと改めて思ったりした。

お互いへの愛はちゃんと伝わってる。いつでも
わかってる。

私達を支えてくれている、皆にちゃんと愛が伝わ
ったなら、それが一番嬉しいな。


ちゃんと日本の披露宴のレポートもしたいと思う
ので、気長に待っていてください。

Img_9543





ほんとに皆、ありがとう。


人気blogランキングへ ←ごめん、まーちんの方が
           和装似合ってた^^;愛と
           慰めの1クリック、どうぞ
           よろしく。
       
 

| | コメント (8)

2008年2月 5日 (火)

準備してるぞ~!

ご無沙汰してしまいました。わたくし、ぎりぎり元気です^^


今、私はもう名古屋に帰ってきてます。披露宴まで
一週間切っちゃいましたからねー。ブライダル関係
の雑誌やサイトによく

「準備はがんばって
一週間前までに済ませちゃいましょう!^^」


なんて載っておりますが、



私の場合は、

「準備はがんばって
   一週間前には本気ではじめましょう!」


などと言う、非常によろしからずやな事になっており
ます。







ふふ。。ごめ


と言っても、これは始めから想定内だった事なので
(いまさらライブドアってみるのもおつな物かと^^)よいのです。



なんと言っても、ブライダルフェア後に速攻本予約
してから1年半、私は一度も式場へ行く事もなく、
プランナーさんと会うことも無く、一週間前まで来た
訳ですよ。今はメールと言うありがたい物が存在す
るお陰で、打ち合わせは何度も何度も重ねてきまし
たが、やはり会って3時間話すのとは違います。
これはどう?それはちょっと、じゃーこうしたら、など
やはり顔を見て話し合わないと全体像が見えない事
もいっぱいあるし、時差もあったので一気には決まら
ないですからね。


と言う訳で、土曜日に空港に降り立った2時間後
には式場でプランナーさんと話し合い、毎日の
ように各スタッフとの打ち合わせを詰めております^^



そのお陰で、ほとんどの事項は完了。やっと披露宴
の全体がイメージできるようになりました^^ほほ。
よかったよかった





それにやっぱり、我がルーツ、ともみ家の女たち
(=2xシス + 母)に会えるのは全くパワーの補
給になりますわ。






私、ここ数週間、仕事で本当に辛かったんです。
ボスに人間的に、学問的に、あまりにも失望させら
れる事が続き、朝から晩まで週末も働いていても
帰ってくるのは文句ばかりで精神的にまいりました。
家族もまーちんも一緒にいられないからこそ余計
本当に心配してくれて、私も涙が何も無いのに
こぼれて止まらなかったり、クラクラし歩くのが辛
かったり、ちょっと大丈夫かなって思ってて。

まーちんは本当に本当に全力で支えてくれて、
こんなに人は人の為に動く事ができるんだなー。
それを、私を助けたいってだけの為にできるん
だなー。



まーちんをと言うのを通り越して、人間って素敵
だなーと思ったなー。





まー、人生、楽な時も大変な時もあるからね。



とにかく、完全に乗り切ってはいないけど、ひと山
乗り越えたかな。仕事自体は楽しいのでがんばる
ところまでがんばります。














そんな話はおいといて、明日はヘアリハーサル。
鬘合わせて来ますよ~ん^^似合うのかしら、ぷっ!
ってなっちゃうかも^^ほほほ

楽しんで来るよーん!

人気blogランキングへ ←披露宴も2次会もがん
             ばって準備するよ!当日
             が不安なあなたも
             1クリック、どうぞよろしく。
       
 

| | コメント (14)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »