« やっとできた^^ | トップページ | 新しいブログとスイスの冬(相互関係無し) »

2008年2月25日 (月)

決断

結婚式のレポートをする前に、書いておきたい事が
あります。この頃、ブログもあまり書けませんでした。
時間的余裕が無かった事もありますが、それより気持ち
が仮死していたからです。







おとつい、ボスにここを去る事を伝えました。正確には
3月末で今のポストを辞め、イギリスへ帰ります。

11月に今の職に就いてから4ヶ月、私の人生の中で
もっとも辛い日々でした。まーちんがいて、家族がいて
そして親身になってくれるスタッフの皆と結婚式の計画
を立てている時間があったから、救われた事は多かった
けど、仕事の事を思うと毎日辛くて自分を信じる事がで
きなくなりました。

いつも泣いてばっかり。前向きに努力努力と思って
がんばってきましたが、ボスの態度は悪くなる一方で
人間的な面、仕事の面での彼への不信感は募っていく
ばかりでした。

日本滞在中も、彼の提案で始めた書類を毎日書き、サポ
ートするからやってみようと言っていた言葉とは裏腹に
結局最後まで1度もまともにチェックも入れてくれない
まま、提出をしました。

その後も私のプロジェクトが長く取り組めるものか
疑わしいと言い出し、白紙に戻されそうな空気が流れ
始めたのです。もともと彼が考え、私と進めてきた
プロジェクトですが、彼からは全く計画的、理論的な
考えが見られませんできた。リーダーとしての展望は
全く無く、行き当たりばったりな思いつきで膨大な
量の仕事を提案し、私ができていない事を責めるばかり
でした。





日本にいる時に、ふとした事で、今まで大丈夫大丈夫
って言い聞かせてやって来たけど、ずっと受けていた
ストレスが確実に自分の体にダメージを与えていた事
がわかりました。

その心から伝わって体に表れた傷跡を見つけたとき、
私はなんだか嬉しかった。こうなる事はわかっていた
気がしたから。





細胞が死んでいる。。
そんな痛さをいつも感じていました。これが体が出す
信号なんだな。そんな事をぼんやり考えていました。




私の細胞が死んでいっている。





辛くて辛くてしょうがない私の気持ち、形の無い気持ち
を私の体はちゃんとわかってくれていたんだな。そう
思ったらなんだか愛おしい気持ちになった。私の心が
苦しんでいたせいで、あなたも苦しかったんだね。



 

クリスマス前からずっと苦しかったけど、これが仕事
と言うものだろうと思って、これを乗り越えなきゃいけ
ないし、私の努力不足なんだと、なんとか状況を変えよ
うと必死でやってみました。


でも何も変わりませんでした。



いまのボスは、プロジェクトがうまくいっている人に
は猫なで声で話しかけ、実験につまづくと、挨拶さえ
無視してその人を追いつめる人。そう同僚が教えて
くれました。一緒に解決策を考えるなんて気持ちは
全く無いと。。。

私もボスのサポート無しで、さらに彼のランダムで
無責任な提案をうまくかわしながら、一人でプロジェ
クトを進められるだけの、能力と精神力が欲しかった。
でも、今はまだ私にそこまでの力は無い。

いつも人を愛して、愛されて、その人の為に精一杯
を尽くしたいと言う人間性いっぱいで仕事をしてしま
う私がその代わりに陥ったのが、「自分が悪い。」
「自分は無能なんだ」と言う自己嫌悪のスパイラル
だった。









そんなボロボロの私に救いの手を差し伸べてくれた
のが、前の職場のボスたちでした。私がどんな人間
だったか、どれだけの能力を持っているかを、一生
懸命私に信じさせてくれた。自分を信じる力を全く
失ってしまっていた私に、「そんな人の為に、自分
のキャリヤを失ってはいけない、今すぐ戻って来な
さいと言ってくれた。

他の研究室のボスも、自分の研究室で研究者を募集
するからすぐに応募しなさい」と言ってくれました。



今のボスがプロジェクトを潰そうとしている事、他に
オファーをくれようとしている人がいる事、まーちん
と一緒にいたい事、すべてのタイミングがそろった気
がしました。


このままここに長くいればいる程、今のボスの私の
キャリアでの影響力が増し、結果は出せず、精神的に
も身体的にもボロボロになり、そしてその挙げ句、
次のポジションへ移るとき、ひどい推薦書を書いて
くるだろう事が目に見えていて、本当に私のキャリア
を終わらせてしまう可能性が増えるのです。

今、動かなきゃダメだ。

わかっていたけど、今まで何かを途中で投げ出した事
の無い私はどうしても自分が悪い、なんとか方法がある
のではないかと言う気持ちが振り切れずにいたし、前の
ボスが強い言葉で背中を押してくれなかったら、また
何ヶ月もこのままずるずる過ごしていた気がします。


でも、言いました。



決心したはずなのに、ボスのオフィスのドアを叩く
まで、本当にこれで正しいのか。不安で過呼吸になり
そうでした。




大切な担当ウェディングプランナーさんが作ってくれ
たエンドロール、私はスイスへ戻ってから毎日何度と
なく見てました。

マーチンの写真がメッセージと共に流れてくる場面に
なると、「あいしてるよ」の言葉と、マーチンがこっち
を見つめる笑顔で涙が止まらなくていつも泣いていた。

「なんで私はこの人とおいてここにいるんだろう。
どれだけがんばっても何も得られず、溜まっている
のはひどい心の傷ばかり。その為に私はこの人を
おいてここにいるの?」









でも今は、笑って見られます。

今週、ここへついて初めて、週末を自分の為だけに
過ごしました。


私がどれだけ苦しんで来たか知っていた友達。ボス
がどんな風に人を追いつめていくか身を持って知っ
ている同僚達は、私の決断を心から喜んでくれまし
た。もちろん、まーちんも心からほっとしています。
私がいつか狂うと心から心配していたのはマーチン
だったから。






私はイギリスに帰ります。
そしてまた自分の夢に向かって進みます。もう少し
で消えそうだった夢をみんなが救ってくれました。
自分を信じてくれる人がいる。その人たちの為にこ
そ、すべてを出し切ってがんばりたいんです。



やっと、本当の自分に戻って来ているのを感じます。
やっと、ブログも書いていけそうです。

もしかしたら、ブログのホストを変えるかもしれま
せん。でも書き続けたいと今は思っています。


こんな自分の事最後まで読んでくれてありがとう。
次からは楽しくいくからね^^







人気blogランキングへ ←今日も1クリック、どうぞ
           よろしくお願いします。
       
 

|

« やっとできた^^ | トップページ | 新しいブログとスイスの冬(相互関係無し) »

コメント

 やっぱりそうだったのね。スイスに行ってから
ちっとも楽しそうな話をしないから、なんか変だな
友ちゃんらしくないなあと思っていました。
 よく決めたね、決断は早いほうがいい!
イギリスの皆さんの顔が浮かんで、彼らの優しさに
ちょっとウルウルしてしまいました。
良い仲間に恵まれてよかったね。happy01

投稿: ねえちゃん | 2008年2月25日 (月) 22時12分

こんにちは。
楽しい結婚式の準備の陰には、こんなにつらいことがあったんですね。読みながら、涙が出そうになってしまいました。

仕事を途中であきらめる、というのは悪いことのように聞こえるかもしれませんが、時と場合によるもの。つらいままでいい結果が出せるはずもありません。しかも、一番悲しい時に抱きしめてくれる旦那さまもそばにいないのなら、なおさら。
イギリスで、まーちんさんのそばで、また元気なともみちゃんを見せてくださいね。そしてどんどん夢に向かって突き進んで行ってください。応援しています。

投稿: ポズナンの友美 | 2008年2月26日 (火) 17時32分

A子ねえちゃん
うん、自分の悩みをつらつら書くつもりはなかったんだけど、やっぱり気持ちに嘘はつけないしいつも通りにはなれなかったなー。

みんなのサポートがあってできた決断だから、本当に感謝してる。そう、ポーランドで会ったあの人達が助けてくれたんだよ^^本当にいい出会いができたんだなーと思うよ。彼らの期待に応えられるように全力でがんばるよ。

投稿: ともみ | 2008年2月26日 (火) 19時12分

友美さん
辛い事も辛いと思わず、楽しめるように努力しているんですが、今回は本当に辛かったです^^;

誠意を持って接しても、伝わらない人もいるんだなーって知りました。でもそれはどうしようもない事。伝わる人がいるって分かってるだけでも幸せだと思って前へ進みます。沢山の温かい人達に会えて来てるんだから、本当に私は幸せな人間なんです。その人達に感謝して生きていきたいです。

ポーランドからもドイツからもこのブログにはコメントできないんですが(ホストから規制がかかってるんです)新しいところを見つけました。次の記事でリンクを貼るので、もしよかったらポーランド帰国後も時間があったら遊びに来てくださいね。ドイツからコメントできるのはもうチェック済みですが、ポーランドもオッケーだといいんですが。。。

じゃー、残りの日本での時間をいっぱい楽しんで、帰国準備がんばってくださいね!

投稿: ともみ | 2008年2月26日 (火) 19時22分

ともさん、英断だと思いますよ
今は“自我を殺してでも職場のためにガマンして仕事をする時代”ではありません

私は12年目で辞職し、NZへ渡ることを決めましたが、5年目辺りから「これで定年まで行って、老後を迎えるんだなぁ」と思うとものすごく自分の人生が不安・・・というか、つまらないものに感じてきました(その職は超安定職で将来もそんなに暗いものではなかったのですが・・・)
その時期にちょうど海外旅行でNZへ立ち寄り、さらに技術職であった私はAPECという国際組織の技術資格を取得すれば海外生活も可能であることを知り、職を辞する決断をしました
そこから4年間は仕事と受験勉強に追われ、睡眠時間が削られる日々を過ごしましたが、運良く資格を取得することが出来、現在NZで永住を目指すまでに至っています

自分のことばかり話してしまいましたが、決意とタイミングはものすごく重要だと実感してます
その自分の体験を踏まえ、ともさんの行動は英断だと思いました

いろいろ書いて長くなってしまいました
また遊びに来ますのでよろしくお願いしま~す!

投稿: わいわい | 2008年2月28日 (木) 05時41分

すっっごいがんばってたんだね。
全然このブログにも遊びにこれなくて、
ほんとに全然知らなかったけど、
今は本当に良かったと思う。

何をどんな道を選ぶのか、
それはもちろん自分次第なんだけど、
いつでもベストの道がベストな時にやってくるっていうわけじゃないと思う。
今回の新しい光ある道はやっぱりともみちゃんが今まで一生懸命作ってきた道なんだと思う。
今まで、がんばってきて、本当に良かったね!!!!
今回のつらいことで本当のともみちゃんがしっかりと見ることができたんだね!
そして、名古屋の結婚式オメデトウ(*^^*)
着物姿ものすごくキレイ!!
まーちんと一緒にいることが一番大事かもしれない。
また元気なともみちゃんを待ってます!

私も来月出産・・・。
恐いこととか不安な気持ちも大きいけどがんばるね!また報告します☆

投稿: ひぃ | 2008年2月28日 (木) 18時33分

わいわいさん

ありがとうございます。よい決断だと信じてます。

自我を殺してでも、研究を続けたいくらいの気持ちはありますが、このボスの為に死ぬのはまっぴらです。

わいわいさんも行動力ありますねー。思ってもなかなかできる事じゃないですね。ニュージーランドでの永住の夢が早く叶いますように。

投稿: ともみ | 2008年2月28日 (木) 22時12分

ひぃちゃーん
遊びに来てくれてありがとう><
ひぃちゃんのお陰でできたペーパーアイテムもちゃんと見せてなくてごめんね!あれ、すっごく役立ったよ^^

これからちょっとずつ紹介していくから、出産前に見せられるといいなー。日本の披露宴の写真のリンクもまたメールで送るね!赤ちゃん、もう少しだねー><いいなー。不安もあるだろうけど、がんばって!もうすぐ2世に会えるんだもん!

投稿: ともみ | 2008年2月28日 (木) 22時16分

ひとまず、イギリスに戻れることになってよかったですね!いけてないボスとはさよならするのが一番、そしてイギリスで受け入れてくれるという素敵な人たちがいるのは、とても素晴らしい。そして、なによりも一緒にいる時間がたくさんあるに越したことはない!

投稿: Satomi | 2008年3月 2日 (日) 11時18分

satomiさん
本当です。仕事の為に、夜が遅くなったり、週末も働いたり、彼と離れて暮らすのはまだ耐えられますが、あのボスの為にこれらを続けるのは無理です^^;

この国の暮らしはとても好きだったので、今残りの時間を満喫しています。

satomiさんの彼はもう帰って来たのかな?また近状を教えて下さいね^^

投稿: ともみ | 2008年3月 3日 (月) 06時40分

スイスは安全だし、街はきれいだし場所的にはいいですよね。私のボスはいけてないけど、人間的には良い人なので続けてもまぁいいか、来年度契約更新はしないと思うけどという感じです。
彼はまだ日本で、3月の日本行きのチケット安かったので、イースターホリデー期間に行ってきます(うふ)。ついでに来年度の就職活動もしてきます(笑)。

投稿: Satomi | 2008年3月 4日 (火) 06時53分

Satomiさんへ
彼は日本を満喫してるかな?楽しいイースターになりそうですね^^私達もイースターはまーちんがこっちへ来てくれるので、一緒にスイスを旅行しようと思ってます!天気がいいといいなー。

お、そして就職活動と言う事は、もしや彼と一緒に日本移住計画進行中ですか??希望の職がゲットできますように!

投稿: ともみ | 2008年3月 6日 (木) 20時27分

ともみさん、お久しぶりです。去年時々コメントしていましたが覚えてくれているかな?

私も状況はまったく違うけどつい最近まで気持ちの晴れない日々を送ってきたので、ともみさんがつらい状況から脱出して今またマーチンさんとイギリスで一緒に住める・またもとの職場に戻れることになったと知って、自分のことのように「本当に良かったなぁ!」と思っています。しばらくは自分の心の傷を十分いたわってあげてくださいね。これからもブログ楽しみにしています。

投稿: misiu | 2008年4月11日 (金) 01時47分

Misiuさん
もちろん覚えていますよ!お久し振りです^^そしてコメントどうもありがとう。

Misiuさんもいろいろ辛い事があったんですね><もう元気になれましたか??私も頭の構造はかなり単純にできてると思ったんですが、その分ストレートに打撃を受けるみたいです^^;

今はもう大丈夫です^^心配してくれてどうもありがとう。Misiuさんも、元気に復活して春に向けて(と言うか、もう春真っ只中のはずですよね。。。イギリスは冬のよう。。。)前へ進んでいけますように!

投稿: ともみ | 2008年4月11日 (金) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっとできた^^ | トップページ | 新しいブログとスイスの冬(相互関係無し) »