« 続・彼の名は偉大なるB氏 | トップページ | 春眠 暁午前午後夜 を覚えず »

2008年3月10日 (月)

私の暮らした街1

私が半年ほど暮らしたこの街は、スイスとフランスの国境に
位置する湖のほとりにあって、本当に素敵な所でした。

イギリスよりももっとヨーロッパっぽくって、かわいらしい
小さな店がいくつもあって、湖の畔まで歩いて行くと、湖の
向こうのフランスの街や、その背後の険しい山脈がいかにも
スイスと感じさせてくれます。



仕事は本当に辛かったけど、私はこの街が大好きだったので
イギリスへ発つまでの週末に、できるだけ写真に収めておき
たいと思います。



今日は、花のある風景。


花については、イギリスもとっても得意な国だと思います。
夏になると、パブや公園はどこも花で溢れるし、普通の
人の庭も手をかけてとっても素敵に作られてます。


でも、私の印象ではイギリスの花は自分で育てるもので
あって、あまり花が花として売られている印象は無いん
ですよね。まー、これは私がイギリスでも学園都市に
住んでいるっているのもあると思いますが。




このスイスの街には、土曜日には街の狭い路地に露天
マーケットがたくさん出ます。野菜・果物・スパイスに
混じって、花を売る人もいます。

Img_9528_2











今はチューリップがいっぱい。




Img_9529_2




 





クリスマス前にはリースを売っていたり、いつもその季節の新鮮な花がバケツにたくさん売られていて、沢山の人が束で買って行きます。

Img_9533





















バラもいろんな種類がたくさんあって、ブーケにしてある
ものも売られています。




 

 




そして、花屋さんもとーーーってもお洒落なんです。
これはこの街に来て一番思った事。花屋さんが素敵。

ケーキ屋さんも宝石箱みたいにとっても華やかでかわ
いいんですが、それはまたの機会に。



Img_9523

















鉢植えが無造作なように沢山並べてあります。でもとっても
オシャレじゃないですか?









Img_9534
















 



Img_9535























今週は先週まで無かったあじさいが目につきました。



そしてここが、私が一番好きな花屋さん!
ここのセンスは半端じゃありません!


毎週、店の違うディスプレーに変わっていて、いつ
見ても隅々まですごく素敵なんです。


Img_9539


 













店の前のテーブルに飾られた鉢植え達。

 

 

Img_9541




 



 


 



 

 

 

 







ウィンドーの奥には花をアレンジしたディスプレイ。

これが毎週、オブジェのようで、これを毎週撮影した
だけで写真集ができるよなーとまじめに思ってます^^

でも正面から撮影する勇気がなかったため、あんまり
よく見えませんねー。ふふ。


Img_9542





























そして店の中には新鮮な切り花と、凝ったアレンジ物。

このフラワーアレンジがどれも本当にセンスが良くて
素敵なんです!あー、このまま結婚式に置きたい。。。
と何度思った事か。

店内はいつもすっきりしていて、洗練された清潔感があり
ます。

Img_9544
























花のある暮らしにいつも憧れていて、でも毎週切り花を
買うと思うと、どうしても値段と葛藤していまいできず
じまいの私^^;

イギリスに帰ったら、スーパーのお買い得シールのついた
花ばかり見ていないで、お気に入りの花屋さんを探そうか
なー。と思います。







人気blogランキングへ ←お花好きの方も、そうで
          ない方も、今日も1クリック
          どうぞよろしくお願いします。

|

« 続・彼の名は偉大なるB氏 | トップページ | 春眠 暁午前午後夜 を覚えず »

コメント

雰囲気はずい分違うけど、
韓国もお花屋さんが軒を連ねてて
びっくりしたよ。
日本って所々にしかないもんねぇ?
でもお花がちょっと飾ってあるだけで
部屋がパッと明るくなるし、
私もできたらお花とか買いたいなぁって思う^^

投稿: ハニー | 2008年3月10日 (月) 08時46分

ハニーちゃん
そうなんだー。韓国もお花好きなんだねー。しらなかった。

ほんと、特別な日だけじゃなくて普段から花を飾れる人って、なんか丁寧に暮らしてる感じがしてすごく憧れなんだけど、切り花って何週間も持つ物じゃないし、ついつい値段が気になって買えないんだよね^^;その分のお金でケーキとかワインとか買っちゃってるんだけどね^^;

投稿: ともみ | 2008年3月12日 (水) 17時58分

とみさんただいま〜。
スイスのお花屋さんレポート楽しく見させてもらいました♪
スイスって個人のお家の窓とかにもちゃんとお花飾ったりしてそう。それだけみんなの意識も高いんだろうな。
日本とヨーロッパって売っているお花はそんなに変わらないと思うんだけど、ともみさんのお気に入りのお店見たいに、お店の雰囲気やお花の飾り方にそれぞれ個性があってかわいいよね。
それだけでアートしているっていうか。
季節ごとにちゃんと作品を作ってウィンドウに飾っていたり。
パリのお花屋さんも店先にバラの花びらがまかれてたり、(ちょっと怖いけど)剥製の動物たちと花が一緒に飾られてたり、それぞれ個性が出てたよ。

投稿: kukka | 2008年3月17日 (月) 02時28分

Kukkaさんおかえりー!とみでーーす^^
スイスはパブなんかの花屋さんじゃない店先や個人の庭はイギリスほど花はあふれてないけど、切り花はいろんな人が買ってたり、抱えて歩いてたりするよー。国によっていろいろあるんだなーって思いながら観察してる^^

私のお気に入りの店もね、葉っぱや枝で作られたオブジェが飾ってあるんだよ。それがビーズアクセ作る時に使うような透明な糸でぶら下げてあるの。あれお店の人が作ってるような気がするんだよ。自分で作れそうな材料なんだけど、アイデアが新鮮で私はいつもじーーーーって見ちゃうよ^^

投稿: ともみ | 2008年3月19日 (水) 17時16分

「とみさん」って…。
かわいい名前から一気にレトロな名前にしちゃいました(><)
ごめんなさい!

投稿: kukka | 2008年3月20日 (木) 17時37分

Kukkaさん

とみでもいいよ^^ふふふ

投稿: ともみ | 2008年3月27日 (木) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・彼の名は偉大なるB氏 | トップページ | 春眠 暁午前午後夜 を覚えず »