2008年4月18日 (金)

私の暮らした街4

私が暮らしたスイスの街、ロザンヌ。これで最終回。
ココログもこれを最終回にFC2だっけ?そっちへ
移るつもりでいます。どれだけ書くか分からないけど
日本の披露宴だけは記録に残しておきたいので。


**********************


ロザンヌの市街地からも見晴らしのいいところ
からなら湖が見えます。


Img_9614

















Img_9616




















こんな感じで街は湖に向けて下っています。


Img_9617



















まーちんが来た週末は寒かったから、霧も出て
遠くがよく見えませんねー。



Img_1403





























どんどん下って行くと15−20分くらいで湖に
出ます。

Img_1409

















Img_1410

























湖のほとりは歩道がずっと続いていて、広場も
あります。

地面に描かれたチェス板の上でおっきな駒を動
かしてゲームを楽しむおじさん達。

この風景が私はなんだかかなり好きでした^^



Img_1411


















この湖の畔は季節によって全く違う顔を見せます。
冬は風が吹き付け本当に寒いんです。人もまばら
で寂しい感じで、霧が出ると向こう岸の山脈や
フランスの街も見えなくなるので来る意味がほと
んどない^^;

でも天気のいい春や夏は音楽祭が開かれてたり、
子供達が噴水で水浴びしていたり、大人達も
日光浴や散歩を楽しんでいて、とっても景色
のいい気持ちいいポイントに変わるんです^^

ここからはフェリーも沢山出ていてジュネーブ
やフランスの街へも行けます。


Img_1413
















Img_1415
















Img_1412


















土曜日の6時以降と日曜日は街のほとんどの店
が閉まってしまうので、食品の買い出しや、その
他のショッピングなんかを土曜の早いうちに全て
やらなくちゃいけなくて、日曜はぼーーっとして
いたので、そこはちょっと不便で退屈でしたけど
この街は本当に綺麗な所でした。

今思うと楽しかったなー^^あんな素敵な所で
暮らせてほんとにラッキーでした^^


スイスでお世話になった方々、仲良くしてくれた
皆に大感謝です!




人気blogランキングへ ←これでココログは最終回。
           引っ越し先は次の記事で
        もう一度リンクを貼ろうと思います             

            今日も最後の1クリック
          どうぞよろしくお願いします。








 

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

私の暮らした街3

さー、ロザンヌの街の様子をちゃっちゃか見せてきます。





Img_9595_2













これが私の働いていた所からいつも見える景色。湖が見え、
向こう岸のフランスの街が見え、そしてその後ろにそびえ
る山脈が見えます。

この景色が、その日の天気、時間でいろいろ変わって、
いつも本当に綺麗でした。夕日にピンクになってたり、
日が暮れて向こう岸の街が夜景となってチカチカしてた
り。毎朝、毎晩、行き帰りにこの景色を見て何度癒され
たことか^^





ここをずっと下っていくと、ロザンヌの中心街に入って
いきます。


上を通っている沢山のワイヤーは路面バスのための物。
もうすぐ地下鉄が開通し、この路面バスはだいぶ減るん
じゃないかな。




Img_9600

















Img_9602
















小高い丘に建てられているこの教会は、街のいろいろな
所から見る事ができます。どの方角から見てもいい味
だしてて、私はかなり好きでした。



Img_9604
















更に中心地へ向かって降りて行くと、毎週土曜日に
マーケットの開かれる広場へ出ます。衣類、食品、
アンティークに分かれていて、アンティークマーケ
ットと見て回るのが大好きな私は、よく来てました。
そしてただ見てました^^だって、絶対英語通じな
さそうだし、フランス語じゃ「これいくらですか?」
以外に交渉できないもーん^^;

でもこのマーケット、12時過ぎると閉まりだすの
でちょっと寝坊するとここまで降りてくる前に終わ
っちゃうんですけどね。



Img_9609

















反対側から見える教会。

ロザンヌの街は坂が多いです。そして街がかなり
立体的に入り組んでるんです。だからこそ、素敵
な景色がたくさん生まれるんです。


Img_9613









この橋の下のレベルに降りて、元いた場所を見上げると、


Img_9547_2





















こんな感じ。

ほんとにいろいろな顔を持ってます。


Img_1387

















こんな風に屋根のあいだにぽかんと開いたような
テラスができるのも、向こう側の土地が手前より
ずっと低いから。


Img_9546
















Img_1391






























素敵な中心街を通り抜けて、もっと下って行くと
次は湖にたどり着きます。

それは次回で^^


人気blogランキングへ ←ロザンヌは次回で終わり。                         今日も1クリック
          どうぞよろしくお願いします。


| | コメント (2)

2007年11月24日 (土)

CoCoだけの話、なぜか私編

れにーさんが、CoCoさんに無条件で課した罰であるトピック
を何にも関係ない私が、ここで用いるのもなんですが、せっか
くなので(←せっかく!?)カミングアウトしようじゃないですか^^


そんなに言いたいのか!?という疑問には


気付かぬフリよ!みんな!!











実は露出狂なのか?
(←身体的にではないわ
よ!!)と言う疑惑にも、




気付かぬフリよ!!!みんな!!!!!!












そう、私昔から、、、、


















かなり
   
コスプレ好きなんです!
    ^^(やーん、ニッコニコ)




って言ってもさー、別に


メイドになりたい。ご主人さまー!


とか




踏み付けるわよ!女王様とお呼び!!!

とか




そんなコアなものじゃないから^^ごめんねー。
(誰に謝っているんだか。。。)












じゃーどんなコスプレ付きかと言うと、普通の制服。
もともと男も女も制服関係好きなんだよねー^^背広も
好きなんだけど、なんかこう、組織だった動きがツボ
と言うか(←なんてマニアックな。。。)。例えばね、
車通りの激しい道とかで、後ろから救急車がサイレン
鳴らして来たとするでしょ?



そこで、ささ!とスピードを落とし、道の隅へ車を寄せ
る皆さんの動き
は私にとって、かなりたまらないのです












うわ、自分で言っててマニアック度200%だわ。。。






そして、地下鉄の車掌さんが、ホームに見送って
いる係員さんに送るあの「点検よーし(そんな事は
絶対言っていない。。。)」みたいな合図
。あれ、
本気でハートを打ち抜かれます。。。






ま、それは男の方の好みですけど、女の制服は
やっぱり着てみたくなるじゃん??^^それがコスプレ
に繋がるってだけの話よ(だけの話か??)

別にどっかの裏ルートから仕入れてナースの格好
したりはしないけど、昔、機会があって”一日警察”
させてもらった時はかなり嬉しかった^^ほほほ
婦人警官の格好が^^ ^^ ^^←またまたニッコニコ







で、近頃のヒットがですねー。先日ニューヨークへ
まーちんと遊びに行った時に訪れたのですよ。

ニューヨークのお隣の市に日本からの親友の夫婦
が住んでるんですが、5年ぶりくらいに会おうと思って
連絡取ったら、ディナーに招待してくれて泊めてくれた
のですよ。当日、彼らの家に着くと、まず荷物を降ろす
為に私たち用の寝室に通されましてね。そこに用意
されていたのは。。。。


















なんとコスプレ衣装!!!!!
やっほー!!(←喜び過ぎ。。。)

注:たぶん、仮装衣装と呼ぶべき品物だと思われます。。。






ってかさ、それ用意してる親友も親友だよね。旦那の方が
大学からの親友で、かなり奇人変人入ってる男なんだけど
その日、ハロウィンの2日前とか?だったからそれにちなん
でなんだろうけど(←これ、絶対いい訳だと思うわ。個人的
な趣味よ、絶対)私とまーちんにそれぞれコスチュームを
プレゼントしてくれたのよ。





そして、着いた早々、




それに着替えろ!と来たわよ!




さすが私の親友だわ。。。














変態め。。。。
























10分後、、、、












何の抗議も抵抗も無く
         着替え完了の私達2人^^


お前らも変態だ!(←自己批判です。スルーしてください)














こちらが証拠写真。

ネコ女の私
   ばーちゃんが赤ちゃんをおぶってる格好のまーちん
(分かりにくいけど、まーちんは1人2役なの)


Img_1319





















グッドチョイスよ!我が変態親友!



こんなの欲しかったの^^でも別に必要不可欠な物でも
ないしー(だったらそれはそれで、ちょっと素敵だけど)
お金もったいないかーって買うまでには至らなかったの
よねー。しかも、”2mのベビーフェイス”まーちんにも
これはぴったりよ!









懸命に着替え中『ともみさーん、ほんとに無理しなく
ていいですからー><』
と気遣ってくれた可愛い奥さ
んもビックリの私達のノリノリ振り。





ごめん、ひいてた???ふふふ。







そしてなぜか、私とまーちんはその格好で、親友夫婦
が準備してくれた美味しいディナーを一緒にいただき
ましたとさ。






めでたし。めでたし。





*付け足し*
今、れにーさんからのコメントで読み返して思ったんだけ
ど、もしかして皆、私は週末コスプレってるとか思ってる
かしらん?
いやいやいや、持ってないから!ネコ以外^^(←ネコ
気に入ってます^^)。期待させてごめんねー!ほほほ





おまけ


髪が伸びてきた誰かさん。7:3写真をお楽しみください。
オタクっぽ。。。


Img_1308_3













人気blogランキングへ ←アメリカにはほんとに
           オタクが多いのねー(嘘)と
           
1クリックどうよろしく
            お願いします^^
              
               

              







   

| | コメント (4)

2007年5月 9日 (水)

ナローボート旅行

先日話したとおり、先週末は3連休だったので、友達と
一緒に、ボート旅行へ行って来ました。


今回の企画人はカシャ。って言うか、私達が誘われる
催しの90%の言いだしっぺは、カシャ^^彼女はまーちん
の友達で、同じ大学で博士号を取った後、今年から研究
者として働いてるポーランド人の女の子。ここで出会った
メキシコ人のカルロスと結婚しています。私達は、彼女
達が結婚する前から親しくしていて、パーティーやバーベ
キューやハイキングを企画する度に呼ばれるんですが、
出不精+週末にも実験の予定を入れてしまう私達の参加
率はおそらく10%以下^^;


このカシャ繋がりで、同じ建物で実験しているポーランド人
は皆知り合いで、今回はその殆んどが旅行に参加。

ポーランド娘3人+カシャの旦那さんカルロス+カシャの
友達の日本人男+まーちん+私+私の知り合いの日本
人夫婦と言う総勢9名で10人用ナローボートをレンタル
して3泊4日(私達と日本人夫婦は2泊3日で帰りました)
の運河の小旅行です。




Picture














まずレンタルしてくれるマリーナへ集まって、近くのスーパー
へ食料の買出しをした後、操作方法や設備の説明を係員
から教えてもらって、いざ出発。





運河はイギリスのあちこちを巡っているんですが、これは
川とは違うので流れていません。なので行き来はどっち方
向も問題なくできる訳ですが、高さの違う土地を移動して
行くのに、ロックと言う物をいくつも通過していかなくては
いけません。


ロックとは、いわゆる船用のエレベーターみたいな物で
違う高さの水位の間を船を移動させる場所です。

Picture1_20














これは低い水位から高い水位への移動の場合です。
まず、木製の大きな門へ突き当たります。その扉を手動
で開くと、もう1つの扉でふさがれたスペースへ出ます。
始めの扉を開く前にこのスペースの水位は今まで来た
のと同じ高さにしてあります。だからボートはそのまま
そのスペースへ入れます。

Picture2_16









ボートが中へ入ったら、最初の扉を閉めます。そして
2つ目の扉と一緒に付いている水の通り口を開いて
閉められたスペースへ水位の高い側から水を入れて
いくんです。始めの扉はしっかり閉められているので
スペースの水位はどんどん上がって、高いほうの水位
と同じになります。そうしておいて、2つ目の扉を開い
て高い水位の運河へ入っていくんです。




Picture3_14













分かりにくいよね^^; こんな説明で分かったかな。







それ以外の場所はゆるゆると歩く位の速さで移動して
いきます。ただボートは長いのでカーブなんかは結構
操作が難しくて、上手くやらないと曲がり切れずに岸
にぶつかったりしてしまします。



今回は男4人、女5人だったので、ほとんど男の子達
が順番に操縦してくれました。

Picture4_9












いくつも通過していく橋の中には、釣り橋もあって、自分達
で踏み切りを下ろして車を止めて(と言っても、田舎なので
車なんて殆んど通ってないですけど^^)、橋を引き上げて
通り過ぎます。




Picture7

















土曜日は天気が良かったので、船の屋根に上って本を
読んだり、昼寝したり、ギターを弾いたり。空気は冷た目
でも屋根が暖まっているのでポカポカして気持ちがいいん
です。




船の中はキッチン+リビングスペース、ベッドスペース
になっていて、トイレが2つ、シャワーが2つに、ダブル
ベッドが3つ、ツインベッドスペースが2つ付いてます。
それぞれのベッドスペースには洋服の収納スペースや
ベッドサイド照明も付いていて、なかなか快適。





Picture8_2











ベッドにごろんと横になって、通り過ぎて行く橋や覗き
をしているまーちんを眺めたり(注:まーちんは場合に
よっては見られない場合もあります。ご注意ください)











それぞれ思い思いに午後を過ごしていると、川岸に咲い
ている野花でポーランド娘達が花冠を作り出しました。
そして私に叫びます。



「とも!ともも、作れるうちにつくっとかなきゃ!!」



どうやら、この花冠、ポーランドでは未婚の女性しか
かぶっちゃいけないらしい。処女の象徴でもあるそうで。




「そうね、清い乙女であるうちに作らねばね!!」
(つっこみは受け付けませんわよ)と私も参加。





Picture5_3

























これを意中の人の名を呼びながら、流れに投げ入れ
その相手に拾ってもらえれば、2人は結ばれるらしい。



「まーちん、今から投げるからね!
       
              取らなきゃ婚約破棄よ!」




「愛するまーちんに届けー!!!」


と花冠を投げ入れる私。





「取ったよーーーー!!!!^^」





待ち構えてたまーちんはしっかり花冠をすくい上げて
くれました^^偉いぞ、まーちん! 

(左上の写真:まーちんが拾い上げて壊れた花冠。。)












ちなみに只今彼氏無しのポーランド娘達は

「ケンブリッジまで流れて行けー!」

だの

「『これを見つけた人は、この携帯まで連絡を』って書い
とこうかしら」



などと、ぶつぶつ言っておりました。









あなた達  素敵に現実的だわ。












夕飯は1日目が和食、2日目がポーランド料理を作って
みんなで晩餐。



Picture6_1











退屈するかなーと思ってたけど、船がいつも移動している
ので周りの景色がどんどん変わって、それでいてのんびり
した時間が流れているので、本当にいい休日でした^^





今回のレンタルは調理用具、食器、石鹸、タオル、トイレット
ペーパー、ガス、ガソリンなど全部含めて、3泊4日で1人
1万8000円ほど。食料は1人3000円位でまかなえたし、
結構手ごろな旅行が楽しめて、ナローボート、天気のいい
イギリスの夏にはお勧めのレジャーです^^






| | コメント (22)

2007年2月28日 (水)

ミッション ポッシブル3(イタリア編)

週末を使って行って来ました。2年振りのイタリア。




今回のミッションは











結婚 オヨビ 結婚式 二 必要 ナ 
       
       日本 カラノ ブツ ヲ ゲット セヨ!




なお、このテープは自動的に消滅する。
    幸運を祈る。
     バコ!←自爆音ね

ブツについては、また次回ね。




日本からのマフィア、とも母とシスツーの到着は土曜夜。
3時半にはフィレンツェ空港に到着した調査員の私と
お付きのまーちんは、取り合えず、その日はマフィアと
の接触を諦め、ピサへ斜塔を見に出発。





着いた時は、そこそこの天気だったのに、1時間近くバス
に揺られてピサへ着いたとたん、雨が降り出す。
サンクス!ゴッド!!







かなりの土砂降りにもめげず、斜塔へ到着。暗くなる直前
に写真だけ何とか撮れました。


フィレンツェは3回目だけど、ピサには来た事無かった
から斜塔が思ったより傾いている事にちょっと感動^^


Picture2_9





←傾き加減を強調する
為に、私は反対に傾い
てみました^^







Picture3_8

すっかり暗くなった
街をピザ片手に駅
へ向かって引き返
し、帰りは電車で
フィレンツェへ。







まーちんが半分この約束のピザを、半分以上食べるという暴挙
に出たため、ジェーラートを奢らせ、無事にホテルに到着。




母とシスツーは日本発のツアーで来ているので、合流の為、携帯
を海外で使えるように手配してきてました。で、「4時にはイタリア
に着くから、日曜の待ち合わせ場所&時間をつめる為に
まー
ちんの携帯に電話してね!」
って言ってあったのに、、、、











9時になっても、











10時になっても、、、













11時になっても、、、、














電話来ないよー。。。。 ; ;











まーちんの携帯からかけると、すっごく高いので、ホテル
のフロントから、母の泊まっているはずのホテルに電話
してみるも、日本からはその日5ツアーも滞在している
らしく、その参加者の個人名はわからないらしい^^;




もー、しょーがないので母の携帯にまーちんの携帯から
かけると何とか繋がりました。





「もしもし!!!明日の時間と場所言って!!!!」
(高いから超早口



「は~??あー、明日ねー。OO美術館の前に12時ネ。
なに慌ててんのー??」

超普通の速さ。いや、半分寝てたらしく通常より、のろい













ちくしょー。そっちからかけてくる約束もすっぽかし
ておきながら、敵は余裕だぜ!くそー><







取り合えず、連絡が取れたので速攻「じゃね!」と言って
会話終了。まーちんになだめられながら(まだちくしょー
モード
だった^^;)就寝です。



次の日の朝、朝食を終えて、12時に待ち合わせだから
ぶらぶら観光しながら待ち合わせの場所まで行こうと
10時半頃ホテルを出て、すぐ近くのドーモへ。




Picture6




ぼーっとしてる私の
麗しき後姿。。。







まーちんは写真撮影。私はビデオ撮影に精を出していると、、、
どこからか聞き慣れた声が!!!









「とーーーーも  
    ちゃーーーーーーん!!!!!!」

















                     











Picture1_15

なんと、偶然午前中
の市内観光でツアー
の人と一緒にドーモ
へ来た所で、私達と
合流。

そして、タイミングよく
ツアーはそこで解散。

心配してたわりに
あっさり会えてしま
いました^^







Picture5_2
ドーモから市場やダビデ君
(本物の方)や、橋を見ながら
ひたすら歩き、絶景で有名な
ミケランジェロ広場へ(ここの
ダビデ君は偽者)。







その途中で母達のツアーのガイドさんが個人的にお勧め
のZazaと言うレストランへ行ったんですが、その記念に
看板を入れて記念写真。



を撮ろうとした、母。(←母が撮ってんだよ!ここ強調ね)









「もうちょっと右によってー!!!



ちょっと下がり過ぎー!!!






看板、入ってる?? 入ってる???
















それは、、、














あなたしか、分からないから。。。。。


てか、あなたには絶対分かるはずだと思うんだけど。。。









この頃、いい具合にボケだしてるうちの母。娘として
今後の成長が楽しみだわ^^






お腹いっぱいになった私達御一行は「ここら辺は私に
任せて!!!」
と言う、大ホラ吹きともみさんに騙されて、
全く意味も無く急な坂道を上って、下って(=意味なし)
ようやくミケランジェロ広場へ着きました!





Picture4_7

 











わーお!   とれびあーん!(ここで敢えてフランス語)

ここで写真撮れば誰が撮っても、ポストカードみたいに
撮れるんです^^

Picture11_1


(注:手すりの向こうは坂になっているので、まーちんはあっち
側にいて私と身長を合わせてるんです。私が突き落とそうと
している訳では、けっして!!!けっして!!!!!)




夕食はデリでサラダからパスタからいろいろ詰めて貰って
母とシスツーの滞在するホテルへ一緒に帰って日本から
持って来てくれた濁り酒で酒盛り^^






毎朝、6時起きで、寝坊の私達には結構堪えましたが、家族
とイタリア旅行ができたのはすっごく楽しかったです^^次に
会うのは8月のポーランドだなー!楽しみに待ってるぞー!!

********************************************************************************
今回の旅行でさり気に嬉しかった事:もう4年も勉強してなかったイタリア
語が意外と頭に残っててちゃんと使えた事^^勉強した事は無駄にはなって
なかった。よかったー^^

********************************************************************************












追伸。



家に帰って、パソコンを開くと、ホットメールに母の携帯から





「今、ホテルに着いたよー!!^^」メールが。。。
日付、土曜 夜8時






いや、これをどうやって私に確認しろと。。。その頃私は携帯
チラチラ気にしながら、ひたすら連絡待ってたんだよ。。。ね。。。

| | コメント (14)

2006年11月 8日 (水)

まーちん と お父さん

実は、両親・妹の中で、今回までまーちんと会った事が
無かったのは父だけ(祖父母・親戚はもちろん会った事
無かったですが)。

うちの父は、私達姉妹と仲が良く、一見冷たそうに見え
るのに、家ではバカな事ばっかやります
。そう、まーちん
とそっくり
^^日本人とポーランド人なのに、なぜか見た目も
似ている。。。

でも、普段は私達の彼氏のこと、将来の事を細かく言ったり
はしません。最後の最後に、ダメな事はダメ、ときっちり言い
ますが、それまではあまり意見を言いません。今までの彼氏
の事も、母や妹には話しても、父にはあまり話さなかったし、
父もあまり彼氏の事を気に入っていないみたいなところが
ありました。

でも、まーちんの事は出会ってからの私の様子、私から聞く
話で会う前から気に入ってくれていて、今回初めて会える
のをとても楽しみにしていてくれました
^^











父はお酒は飲めますが、すぐ赤くなって寝るので、普段は
ビールくらいしか、母に許してもらえません^^;なので、
まーちんに「お父さんには何をお土産に持っていけば
いいかな?ウィスキーとか飲む?」
って聞かれた時も、
「お父さんあんまり、そういう強いお酒飲まないからさ、
ホットチョコレートの詰め合わせでいいよ!^^」
って
答えてました。



まーちんは
「え”~、ほんとにそんなもんでいいの~!?」って言って
ましたけど、だって、お父さんがウィスキーなんて飲んでる
とこ生まれてこの方、見たこと無いもーん!















でも、あの人、









実は結構飲めたんです。。。











→ 母に飲ませてもらえてなかっただけ ^^;









家には他に飲む人がいないので、お祝いやお歳暮でもら
った日本酒や、焼酎や、ウィスキーが私達の帰国の為
にたくさんとってありました^^(私は結構いける口です)





そして父がとっても楽しみにしていた、

まーちんとの晩酌。










まーちんの来日に合わせて、ランプやら観賞植物やらを
買って来て、きれいに模様替えしたちっちゃな居間に
父がいそいそ持って来たのは、









父と母が、新婚旅行のお土産に買ってきた

ちょっと高級な(その当時、父達にとって^^)


ウィスキー!











特別な日の為にとってあったらしいのです^^















父と母が結婚した時のウィスキーを、私の婚約者と一緒
に飲むため
に開けてくれた事。そして2人が、英語と日本
語で一生懸命話している
のを見るのは、とってもうれしい^^
2人は毎晩一緒に晩酌してました。私もたまに加わって。




2人で1本開けてしまったのに、次の日普通に早朝から
仕事へ行く父は、すごくカッコ良かったよ^^すごく忙しくて
深夜に帰宅する事も、休日出勤することもしょっちゅうの
お父さん、体には気をつけて、あんまり無理しないでね。








そんな父、
私達がイギリスへ帰った後、















再び禁酒令(By 母) ^^; やっぱり。。。






毎晩、嬉しそうにホットチョコレートを作っているらしい。。。
一番のお気に入りフレーバーは「ホワイトチョコ!(ハート)」
だそうです^^;




ほらね、お土産はホットチョコで正解だったでしょ?

| | コメント (22)

2006年11月 1日 (水)

まーちん in モンキーパーク

一晩眠ったまーちん、さっそく朝から観光です!!

どこへかって???












犬山モンキーパーク!よん!!













どんなとこかって?いや、そのまんまなんだけどね。。。
猿しかいない、動物園。。。です^^;



一応見とく??→ここです











だってさー。まーちんが猿のいっぱいいるところへ行きたい
って言ったんだもーん!

そしたら、タイミングよく、『日本発!上空を猿が駆け回る!
モンキースクランブル誕生ってチラシが入って来てさ。
妹がこれはまーちんの来日の為にできたようなもんだ
!!」
って、行き先が決定してしまったんだよーん^^

我が家はみんな、”強引グ マイ ウェイ” なのよ^^









母が運転する車で、妹も一緒にいざモンキーパークへ!
日本へ来てモンキーパークを見ずに帰れるか!!!














帰れるよ。。。普通に。ふふふ










車の中でまーちん、しっかりデジカメで写真撮ってます^^











写真1


道路沿いの歩道




写真2

反対車線越しに見える、ボロイ倉庫+目の前を通り過ぎた
トラック






写真3

私が教えてあげたラブホテルの裏側(いい角度で撮れず
くやしがってる。。。)













こんなんでいいの?日本。。。
そんな写真でいいの??ほんとに。













で、問題の(別に問題じゃないけどね。。)モンキーパーク。





結構たのしかった^^



いいもんだね、久し振りにああ言うとこへ家族や恋人と行く
のも^^すっごいセクシー立ちの自意識過剰ゴリラ(オス)を
見たり、やる気の無いニホンザルにエサ投げたり(人間にも
ちょっとは付き合えよ。。)近頃できた目玉の2施設、空中に
渡らせてある綱バシゴをテナガザルがぶら下がりながら渡って
くのと、飼育小屋の中へ入って同じ空間でまじかにキツネザル
が見れるのは、なかなか感激でした^^









昼には向こうを出て、午後から大学へ行かなきゃいけない
妹を送りに行ったついでに、下宿でスーパーで買った弁当
の昼食。

日本では、なんで何でもこんなにうまいんだーー!!

いまだ日本食への興奮冷めやらぬ ともみさん。。。








にしても、まーちんの興味の対象は理解に苦しむ。。。
その日の夕方、近所のスーパーから2人で歩いて帰って
来る途中で彼が一生懸命撮っていた物。


稲穂+田んぼ ・・・ 計10枚(まあ、これはよしとしよう)

めっちゃ汚い ドブ
そしてそこにいる フナ(汚水でほとんど見えない。。。)






なんで、ドブなの???フナ、ほとんど写ってないし。。
神社の写真は撮らないのに、やっぱりへんなやつだ。。。







そして、夜は、、、

そう父との晩酌が待ってます^^


つづく

| | コメント (12)

2006年10月27日 (金)

まーちん来日!

まず最初に。気付かないうちに、このサイトのアクセス数が
めでたく10000ヒット超えました 超えていました!^^;

嫌な事があった時、なんだかつまんない時、ちょっとだけ
楽しくなれるような
記事を書いていきたいと思ってます。
皆が見てくれるのがとっても励みになってます。いつも
どうもありがとう!コメント残してくれると、さらに励みに
なるよ。ハゲ気味にまでなっちゃうかもよ。とにかく、皆に
感謝。



今回、帰国で感じた事は、日本は素晴らしい国で、私に
とってやっぱりかけがえのないふるさとだと言う事。そし
て私がどれだけ家族を愛していて、家族にどれだけ
愛されて暮らしているか
と言う事。

毎年1回は里帰りするようにしているけど、今回ほど、この
事を強く感じた事は1度もありませんでした。

なんでかな。。やっぱり自分が結婚すると言う事。そして
だんなさんが日本人でない=日本から離れて暮らす
期間が長くなる、と言う事は避けられない事
。そんなこと
が私の気持ちを、日本や家族を見る目を変えさせたのか
な?



もう、以前まーちんと会った事のある妹と母はもちろん、
今までの彼氏との付き合いにはうるさかった父も、私が
イギリスへ行くことに最初は反対していた祖父母も、とて
も温かくまーちんを迎えてくれました。

父とまーちんは毎晩2人で飲んでたし、祖父母は一生
懸命英語の単語を言おうとしたりしてるし、見てる私は
本当にうれしかった^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、まーちん到着初日から。

私たち(父母、妹、妹彼くん)でセントレア空港へ張り切って
まーちんを迎えに行きました。6時前に着くはずだったので
一緒に夕飯食べて、温泉(セントレアには温泉があるのよ!)
入る予定^^

しかし、到着時刻直前になって、掲示板に

”ソウルへ不時着、到着時刻未定”

の文字が!!!!








おい。。。。まーちんどこ行ってんだ。。。。






なんと燃料切れの為、ソウルへ急遽不時着したのです。















やるわね、まーちん。

ちゃんと、やってくれるわね。




にしても、エミレーツ、いくら予定より時間がかかった
からって。。。燃料余分に積んどきなよ。。。






と言う訳で、3時間遅れながらちゃんとこっちへ向かう
事を確認した私たち、夕食へ向かいます













待ってられませんわよ。

3時間も^^




そして、ビビンバにつられて韓国料理の店へ。。。







まーちん来るけどね?

初来日だけどね?

2週間ぶりだけどね?

















にんにくプンプン家族で
お出迎えよ~~~~ん!!










実は私、まーちんの初来日日記を記録する為、デジタル
ビデオ
を買ってもらっちゃったんです!しかし、前日箱か
ら出してみると。。。





壊れてます。よ~~~~~~~~~













せっかく、来日の瞬間を!
私の両親との面会風景を!!!

撮ろうと思ったのにーーー!!!





在庫がなかったので、ビデオが手元に戻ってくるのに
2日かかると言われ、その日は仕方なくデジカメ持参
でまーちんを待ちます!







。。。。

やっと、まーちん便着いた!!!!


。。。。。。。


エミレーツのスッチー(古い?)が出てきた!!!!!





。。。。。。。。。。。。



あっ!!!!



まーちん、  
 だ~~~~~~~!!!!!!!!!







その時、私は。。。





家族の後ろから、写真とりまくってました。
家族とまーちんが出会う様子を。。。


そう、パー子を撮りまくる、
        林家ペーのように。。。





まーちん、ゲートから出てきた時、「とも、いない・・・??」
って思ってたらしいです^^;

2m下がっていろんな角度から撮ってましたから!




結局10時頃到着したまーちん。その日は速攻帰宅・就寝
したのでした。

| | コメント (14)

2006年10月23日 (月)

楽しかったよ~><

3週間の帰国も今日でおしまい。結婚・結婚式の準備、
まーちんの来日で今回はいつもにも増して多忙だった^^;
でも、その分家族と過ごす時間がいっぱいできて、本当
に楽しかったな!

うちのパソコンが古くて遅-----いのもあって、更新が
ちゃんとできなくてごめんね><イギリスへ帰ったら
またちゃんと書いていこうと思います。どうぞよろしく^^



では、気をつけてかえりますねー^^

| | コメント (12)

2006年10月 7日 (土)

無事帰還

エミレーツ、よかったですよ^^

今回の帰国、初めてエミレーツを使いました。イギリスも
実家も首都に住んでいる訳ではないので直通はありま
せん(高ーいのならあったかも)。いつもは大韓航空(こ
この機内食のビビンバが私は大のお気に入りなんです
が^^)やルフトハンザ、エールフランスで12-14万円
位かけて帰って来てたんですが、今年はエミレーツが
新ルート拡大のためか、すごくお手頃に9万円で売り出
していたので、初めて使ってみたんです。

アラブ首長国連邦の航空会社でドバイで乗り換えです。







まず、機体。きれいです。各席に個人スクリーンがあっ
て、200以上の映画、テレビ番組、各種音楽が自分の
好きな時に自分の好きなものを一時停止や早送り、撒
き戻ししながら聞いたり見たりできます。席のスペースは
標準的。

客室乗務員。親切で優秀です。特にドバイー日本間の
便は日本航空との共同便なので、日本人のスチュワー
デスがほとんどで、非常に訓練されていて、人当たりが
最高に良かったです。

次に食事、おいしかったです^^しかしこれは日本到着
前に出た朝食以外。洋食のアスバラガスのオムレツ
が品切れになってしまったため、私は和食しか残って
なかったんですが、白身魚の醤油焼きはパサパサで
周りの付け合せの筍や野菜の煮物も味がほとんど
ありませんでした^^;でもイギリスードバイ間で出た
夕食はヒヨコマメのカレーに羊肉とほうれん草のクリ
ームソースあえのような物にご飯がついていて、その
他のサラダや、デザートのホワイトチョコレートムース
もグッド。


しかし、ひとつ致命的だったのは、とーーーっても
総フライト時間がながーくなってしまって事。
いつ
も乗換えで帰るんですが、それでも乗り換えの時間
を入れないと合計12時間ほどで日本へ帰れます。
しかし今回、イギリスからドバイまで7時間半。ドバ
イから日本まで9時間。。。長かった。。。。。
唯一救いだったのが、今の時期、どっちの便もとっ
ても空いていて、座席の上に寝そべって眠れた事。
これはとっても助かった。




ドバイへ着いたのは、現地時間12時半。まあ、イ
ギリスとは3時間時差があるため、私の中の時間は
9時半で元気だったのだけど、乗り継ぎの2時間半、
そんな夜中じゃ売店も何にも開いてなくってつまん
ないだろうなーとあきらめていました。







しかし!!!




飛行機から降りて、廊下から下の階に見えたのは










眩いばかりの免税店スペース!!!!












そう、ここドバイ空港は24時間(たぶん)飛行機が
乗り入れてくるので、免税店も24時間営業なので
す!これには感激してしまった私。アラブ系の国に
は来た事がないので、珍しいお土産品を見て回って、
テスターで口紅を塗りなおして(イギリス発の便は未
だにテロ未遂事件の影響で液体、及びジェル・クリ
ームは持ち込み厳禁。余計な面倒を起こさない様
に化粧品は全部スーツケースへ入れて、紙類しか
持ち込みませんでしたので^^化粧品売り場でちょ
っとお化粧直し。



しかし、夕食を何時間も前にとってしまった私は
2時間半の乗り換え時間の間に








腹ペコ。




激ペコ。



日本便へ乗り込むと眼をギラギラさせて食べ物を
待ってます!!




30分ほどで、飲み物サービス。各種カクテル。日本
酒まで用意してありましたよ。しかし、ちょっと寝不足
気味の私はアルコールはパス。













それより食べ物をーーーー!!!!!
(By 餓鬼)






1時間ほど経過。やっと軽食のお寿司が出てきました!!
渡されるが否や、ちっちゃい巻き寿司3つ、速完食


















まだ、、、、足りません   

        よ~~~~~~!!













飲み物のサーブに来たスチュワーデスさんに聞き
ましょう^^





「すいません。ここに書いてある

(ここ→ ”お夜食にインスタントヌードルをご用意
しております。ご希望の方は係員までご要望ください)



インスタントヌードルは、何ですか??キラキラ!!」






スッチー:「あ、はい、おうどんになります。すぐにお用意
いたしますね^^」







はい、この夜食、軽食の直後に頼むものではありません
その後の朝食までの7時間ほどの間におなかの空いた人
用です。











うんまいね~~~~~  ^^ ^^ ^^ 



やっと満足した日本人餓鬼はやっと眠りについたのでした。




こうしてイギリスを出てから19時間後、何とか我が母国、
にっぽんへ帰ってきたのです!

ー完ー




| | コメント (17)