2007年1月30日 (火)

ほんとにどーでもいい私の記念日

どうでもいいんですが、今わたあめさんと話してて話題に
なったので、一応報告。



なんと今日1月30日は









指輪買っちゃいましたセールにつられて記念日
 (参照: ここ と ここ






         でした^^















ほんとにどうでもいいね。。。^^;









ホントはまーちんと一緒に、10月からのびのびになってた
『論文通っておめでとー!ディナー』へ行く予定になってた
んですが、ぼよぼよしているうちに今日は結局普通に過ご
します。もう1年の付き合いなのね、私の大事な指輪くん。
まーちんよりも愛してるかもって思っちゃう時があるかもし
れない位(あるとは言ってないわよ!)大好きよん!


Cagx0xkz







この指輪、なぜか昼より夜の方がずーーっとキラキラ輝く
のです。母に「偽物はショーケースの照明では光っても、
日光では光らないけど、本物のダイヤは日光でも光るん
だってー^^」と言われた時は、へこんだわ。あんたなん
で日光で光ってないのよ。。。



でもいいの。そんなあなたが、
好き。







だから夜だけでも私の指でずーーーっとキラキラしててね!


 








(まーちんじゃなくで指輪に愛を捧げている私。。。^^;
まーちん、好きだよ。。。
付け足し






『花王 愛の劇場』

花王の提供でお送りしま
した。




| | コメント (11)

2006年9月27日 (水)

むすめさんを!!

あと1週間で帰国です^^
久し振りの里帰り。本当に楽しみだよー!


そして今回は、婚約後初めての帰国であり、まーちんを初めて
家族に合わせ、私の国を見せる
ことができる、とーっても大事
な里帰り^^


母と妹2人はもう、まーちんと会った事があるけど、父は初めて。
そう、もちろん、結婚の挨拶と言うやつをやってもらわないとね!
(傍観者、楽しんでます^^)







と言う訳で、はい、練習しましょう





と: 「まーちん、日本に行ったら、うちのお父さんとお母さん
   に、結婚の申し込みしなきゃだめだよ~!」

ま: 「え~。なんて言えばいいの?」

と: 「『ともちゃんと、結婚させて ください』って言うの」

ま: 「ともちゃんと~ けこんさせて ください!!」





OKOK。









30分後。。。






と: 「まーちん、復習!ほら何て言うか言ってみ!」






。。。。


???





。。。。。。。




!!!!





ともちゃんと、、、 






させてください!!!!!




















まーちん、、、、


お父さんに向かっていきなり過激だな。。。








まーちん、がんばってマスターしました^^妹に動画機能
のあるデジカメ持ってないか聞いてみよう。絶対、記録
に残すべきだわ。









とは言うものの、実はまーちん、もうすでにうちの父と
電話で話した事があるのです。



それは、去年の私の里帰り中
まーちんは朝寝坊で一人でなかなか起きられません。
なので、目覚まし代わりに、私が家にいる時は、起きる
時間に私がまーちんの携帯に電話して、起きたまーちん
が、安い国際電話用のカードを使って掛けなおしてくれる
と言う、システムになっていました。



自宅の電話番号は教えてあって、掛け直してくれる時は
電話の前で私が待っているので、問題は無かったのです
が、母の実家へ遊びに行っている時、うっかりその事を
まーちんに伝えるのを忘れてしまいました。







まーちん、自宅へかけました。








父が出ました。








父: 「はい、もしもし?」











まーちん、ピーーーーーンチ!!!!!





少ない日本語の語彙の中から、まーちん一生懸命、単語を
思い出します!





まーちんの頭の中。。。

(ともじゃない!!絶対おとうさんだ!!!)

(『ともをお願いします』って言わなきゃ!!)

とも プリーズってなんて言うんだっけ!!!)






。。。。


!!!!(ひらめき!)









とも







くださいっ!!!!!!!!


















父:「。。。。」












初めての父との会話で求婚終了



いや~、まーちん。やっぱりあんたは器が大きいねー^^








と言う訳で、今回の父とまーちんの対面はどうなるか
楽しみ楽しみ^^

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

私とポーランド語、その2

前回からの続き



そして、学期初めの10月から大学のポーランド
語講座を受講。ポーランド語特有のアルファベット
と発音、基本的な挨拶の仕方から始まって、かな
りのスピードで進みました。週に3時間授業を受け
て、週末で語彙の暗記と習った事の復習をするの
で、結構な勉強量が確保できました。本来の私の
仕事の研究をしながらなので正直大変でしたけ
どね^^;

でもやっぱり言語と言うのは他のどんな学問とも
違う”生きた学目”だと思います。これほど、がん
ばった事がすぐに目に見える形で帰ってくる物は
ありません。

今年のクリスマス、1年ぶりに会ったまーちんの
お父さんとお母さんは私と片言ながらポーランド語
で話ができるのをすごく喜んでくれました。今回は
ほとんど始めての直接コミュニケーションが取れる
ようになったんです。すごく嬉しかったです。

もちろん、私のポーランド語は小学1年生より劣る
かもしれないレベルで(多分だいぶ劣ります^^;)
語彙もとても少ないので、複雑な話はできません。
でも、毎朝まーちんのお母さんと朝食を食べながら
(まーちんは寝坊なので11時まで起きません><
去年は朝食の時間が一番辛かった。。起きてきて
翻訳しろー!!ばかばかーー!!って感じでした^^;)
日本の家族の事暮らし方の事まーちんの小さ
かった頃の事
文化や宗教の事、辞書の助けを
ところどころ借りながら、いっぱい話しました。

来年も、中級の授業を受けます。もっといろんな
動詞形容詞を覚えて、結婚式までにもう少しマシ
な会話がまーちんの親戚の人達とできるように
なりたいです。

そして、子供ができた時に、まーちんと子供が
ポーランド語で私の悪口を言えない様にしっかり
上達しておかないとね>・

勝手な事は言わせないわよ!






まーちんも、今は私と一緒に独学してますが、研究の3年
契約延長が決まったので、来年は日本語の授業を取ります。
彼は私より語学の才能があるからそんなに苦労しない
だろうけど、しっかり勉強してもらわないとね!

楽しみ楽しみ^^

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

私とポーランド語、その1

私、去年の10月から大学の講座で初級ポーランド語
の授業を受けてます。大学の授業だから、私の研究室
から5分で教室まで行けるし、授業料も安いです。毎週
火曜日に2時間木曜日に1時間授業を受けて宿題
も出ます。テストも1学期に一回。最後の学期は
ライティングに加えて、リスニングリーディング・
スピーキング
のテストがあります。








先週、最後のテストを終え無事初級ポーランド語
終了しました^^やっぱり、授業を受けるのが一番いい。
自分でがんばってやろうとしても、その国に住んで
いないとなかなか上達しないし、なによりその他に
仕事なり勉強なりしないといけない場合は、毎日時間
を作って続けていくのは本当に難しい。どうしても、
明日やろう、今週は忙しくてできないってなってしま
います。







でもでも、

私、日本は自分で語学を勉強する為の(少なくとも
初級レベルは)環境がすごく整っていると思うんです。
NHKのテレビ・ラジオ講座は無料(テキスト買ったと
してもすごく安いし)なのに質が高いと思う。
私は日本にいた4ヶ月でこのラジオ講座でイタリア語
初級をかなりマスターできました。文法の説明や口語
の言い回しなど、しっかりカリキュラムが組んであって、
毎日勉強せざる終えない状態が保てるので、何か
新しい言語を1から始めようと言う人にはすごくお勧め
です。






でも、イギリスにはそーゆーテレビ・ラジオ番組が
無いんです><ほんと、日本はすごい!ポーランド語は
マイナーすぎるとしても、韓国語・中国語・フランス語・
ロシア語・ドイツ語
はありますよね。
日本人の言語を学ぶ事に対する関心がイギリスより
高いのかな?とにかく、こっちは教育関係の番組が
圧倒的に少ないと思います。







去年も一応ポーランド語のテキストは買って、自分で
勉強してましたが、忙しさにかまけてやっぱり全然
上達しませんでした><






でも、今年1年がんばって続けてきて本当に良かった
なと思います。なんと言っても、まーちんのお父さんと
お母さんと話せるようになったのが1番^^若い世代の
ポーランド人はみんな英語を話せますが、お父さん
お母さんの世代は英語より、ロシア語・ドイツ語
教育がされていて英語がほとんど通じません。









********************************************

2年前、初めてポーランドにお邪魔した時、すごく良く
してくれているのに気持ちが伝えられない状況で、すごく
悲しかったのを覚えています。まーちんがいる時はお互い
の言っている事を通訳してくれますが、ずーっと一緒に
いるわけじゃありません。何か、してくれようとしていても
お互い言葉が分からないのです。2週間滞在させてもらっ
たうちの最初の数日は、マーチンがいない時つい目をそらし
てしまう。お父さん達しかリビングにいないと何となく2階の
部屋に閉じこもってしまう(会話が始まって、通じ合えない
のが恐くなってしまうんです)。そんな状態で、そんな自分
が嫌でフラストレーションが溜まってまーちんの前で大泣き
してしまいました。家族みんなで過ごす大切なひと時に私
まで参加させてくれているのに、感謝の気持ちが伝えられ
ないばかりかコミュニケーションを拒否してしまっている
ような自分が情けなくて申しわけなかったんです。








私は同じ状態を前のイタリア人の彼氏の家族と経験
しているし、イギリスに来た時もイギリス英語の発音が
聞き取れず苦労したのでそういう環境には慣れている
つもりでした。








でも、イタリア語はやっぱり語源が同じなだけあって
英語を知っていれば形容詞などかなり推測できます。
でも、ポーランド語はスラブ語を語源としているので
単語が全く違います。さらに、特殊なアルファベット
独自の発音の仕方でローマ字読みでは全く違う
発音になってしまいます。文法もとても複雑です。
何を言っているのか想像もできないと言うのは初めて
の経験でした。









お互いが人間として慣れていくうちに、言葉が通じ
なくても言いたい事と伝えるのが苦痛じゃなくなって
言葉無しでもリラックスしていられるようにはなった
けど、やっぱり彼らの言葉を勉強しなきゃと強く
思ったんです。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

自己紹介でも。。。

じゃー始めますかねー^^

これを書こうと決めたきっかけは、国際婚約(こんな言葉があるのかどうかは知りません)したからです。

私達はイギリスに住んでいて、式はまーちんのふるさと:ポーランドで、そしてもちろん日本でも披露宴をしたいので3カ国またいで準備を進めなくちゃいけなくなる訳で(大変そうだわー)。いちいちデジカメでとってメールで送信とかするのも面倒くさそうなので、ここで公開できる事はいっきに公開してしまおうと言う魂胆です。

まーちんの事も、イギリスの事も、ポーランドの事も、国際結婚の事も、ちょっとずつ紹介しますねー。

では今回は私の事です。知ってそうで知らない私の事。ふふ。

私は日本人です。純。でもイギリスにいます。大学4年生の時に交換留学でこの国に来て、卒業後大学院に入学して2年半が経ちました。あと1年半で博士号が取れるように日々戦っています。まーちんは同じ大学の研究者です。すごくのっぽで、無口で結構 無表情なので普通の人は近寄りがたいです。でも 私はこういうタイプが大好きなのです!

いわゆる

     教室の隅で、

     騒ぐクラスメートを横目に、

     後10分しかないのに、

     淡々と

     次の授業の宿題を、

     完璧に仕上げていくタイプです。

ミステリアスでいいですねー。私は人見知りをしない(と思われている)、悩み事のない(とかなり思われている)、能天気なB型人間(と絶対思われている)なので、こういうレアなタイプを見るとほおって置けません!

私たちが出会ったのは私が大学院入学の為にイギリスに戻って来た時なので、2年半前。今は違いますが、最初にお世話になった研究室でまーちんは実験しているので、研究室のボスに紹介された訳です。

そこは顕微鏡を使うための薄暗い部屋。

そしてお互いの第一印象。。。

     わたし:(もやし・・・?すっごくながい、もやし)

     まーちん:(マッチ棒・・・)

実はわたし、3月に大学を卒業して、イギリスに渡るまでの5ヶ月弱(イギリスの学校は9月始まりです)、サルサ(ラテン系のダンスですが知ってますかな?)にハマッてしまってですねー。ハイパーなペースでレッスンに行って踊りまくってたので、かなり痩せたんですよ。だから豊満な肉体美という訳にはいかなかったと言うわけです(言い訳)。

   マッチ棒。

実は小学校時代にも言われた事があります。ブルマーに体操服の時代です。

まーあの頃はガリガリだったし、グラマーな女性美なんてありゃしない年代だからいいとして、15年もたった、そろそろ人生満開期??って頃に、マッチ棒はないでしょ!

   第一印象は大切です。

とにかく、わたしもまーちんも夜遅くまで実験するのが好きなので、皆が帰ちゃった後おしゃべりするようになり、無事第一印象を乗り越え、めでたくカップルとなったと言うわけです。

今日はここまで。ではまた今度!

| | コメント (2) | トラックバック (0)