2008年3月21日 (金)

イースターとB氏と30年後の理想

日本は木曜日が祝日でしたよね。こっちは週末をはさんで
金曜・月曜がイースターの祝日です^^それでまーちんが
明日の朝(金曜)から月曜までスイスへ来てくれます。

結婚式以来、1ヶ月半ぶりに会えるので、やっぱりうれしい^^


でも先の見えなかった日本からの帰国時と違って、この
1ヶ月は先の光が見えていたので、それほど悲しまずに
過ごせました。それでも離れる時の寂しさを考えずに
一緒にいられるようになるのが待ちきれないです^^





さて、スイスでの生活も残す所1週間ちょっととなりまし
たが、スイス名物、我が道暴走中のB氏、まだまだ健在
です。最後まで楽しませてくれる彼の実力は底知れぬ物が
あります。

さー、B氏、今回またとても重要な発見をしたらしい。。。
重要すぎて、同じラボの私達にもまだ内密なのです。。。

以前、彼が面倒を見ていた学生にもつい興奮を抑えきれず
パソコンのチャットで話しかけてしまう程だったB氏。




「ハイ、トム(仮名)。元気かい?」

「ハイ、B氏。僕は元気にやってるよ。そっちはどう?」


「実は、自分はものすごい発見をしたんだ。
































何かは教えられないけどね。























じゃー、ゆーーーーなよーーーー!!!!!

それを言う為に話しかけたんだろーー!!!><><><













一緒に実験をしている技術師の人にも





「君も、僕と一緒に有名になれるのさ」





と言っていたらしい。。。。ま、B氏はもうすでに有名なん
だけどね。そう彼が言ってるから。。。
更に
有名になるんだよ。。。














相変わらず、B氏は




    でかい。



 顔もでかい。













もうなんの脈絡も無く余談ですが、今ちょっとイギリス人
俳優達にハマっています。

カミングアウトしてしまうと、前言っていた俳優はジェレ
ミー・アイロンズと言うイギリス人俳優でして。”エリザ
ベス1世”と言う作品で彼と共演していた(と言うか、
彼女が主役なんだけど)Jeremy




















ヘレン・ミレンと言う女優さんとの2ショットがすごく
素敵なんです。

73139411 Helen_2

















2人とも60過ぎてますが、本当に素敵。もともと彼女
にそれほど興味があった訳じゃありませんが、見れば見る
程、授賞式なんかで着ているドレスのセンスに惹かれます。
「人はこうやってエレガントに年を取っていけるんだなー」
って心から思わせてくれる人っていいよね。この2人の
ツーショットは私の中の30年後の理想です^^



今日はまとまりも何もなくってごめんなさい^^;

では、皆さん良い週末を!

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

続・彼の名は偉大なるB氏

だいぶ間が空いてしまいましたが、B氏。まだ健在で
いらっしゃいます。

そんな素敵なB氏をご存知でないあなたはここをクリック!



これはラボの誰にも言っていない、と言うかとても
言えない事ですが、最初の頃、B氏はかなり真剣に
”私達”(なぜに私達。。。)の事を考えてしまって
いたようです。。。





なんとなく、私への好意をほのめかされているかも??
とやっと気づいた(<ーこの時点で遅過ぎ。)私、
釘よ!釘!釘持って来て!!と指しに行ったのであり
ます。


B氏、、、私の事を気に入ってくれてるのは嬉しい
けど私はまーちんの事がだーい好きだし、他の人と
の恋愛なんて全く求めてないのよ。ほんとに要らな
いの。だからB氏も私の事を友達として見てくれない
と困るよ。


はっきり言ったよね???わたし。




とB氏。







分かってる。






君も僕も結婚していると言う事実は














否定できないさ。。。。




















否定したくないからーーーー!!!!!!
その事実、オッケーですからーーーー!!!!!



私の事をまるで、
『出会うのが遅過ぎたの。。。
あなたと、、結ばれたかった。。。』

なんて言ってるメロドラマな女のように言うのは
ヤメテーーー!!!!!!!






その後も、私の度重なる横腹フックにも、アッパー
にも動じず、衰えを見せないタフ ガイなB氏。。。






こんな事も、言ってました。。。私の心の声と共に
お楽しみください。。。













僕は妻の洋服も選んであげるんだよ。

(そう。。。それはちょっとうざいわね。。)

ところで、君は自分の似合う物が良く分かってる
みたいだね。


(ありがとう。。。)



あー、
いつか君と2人で学会へいけるといいなー。


(行けなくても、、、いいよ。。
むしろ行けない方が余計な心配が要らないよね。)



そうしたら、、、、


(そうしたら??)
















僕が君に服を選んであげるよ。

妻じゃないから買ってはあげられないけどね。















要らねーーーーーーー!!!!!!><><><

あなたは
カリスマスタイリストかなにかなのーーー????


選んでもらう事に、そこにすごいプレミアとか
ついちゃってるのーーーー??????????















そんなこんなで、季節はクリスマス。ラボの皆
でクリスマスディナーへ行く時に(ボス抜きです)
プレゼント交換をする事に。プレゼントを贈る
相手をくじで決めて、当日まではそれは秘密です。

今週末にはそのプレゼントを買って来ないとね!
と言う話題をB氏としていた私、そこで彼は







僕はもうプレゼントは用意してあるよ。中国へ
帰国した時に、誰かのプレゼントになるような
物をいくつか買っておいたんだ。




その中から素敵な物をあげるつもりだよ。








ま、残念ながら、




















そのラッキーな女の子は
    君じゃなかったけどね。


ふっ。。




























すげーーーーーーーーーー!!!!!!!!
ここまで来ると、すげーーーーーよーーーー!!!













あー、天まで届くB氏の自信。。。
でもこんな天然記念物なB氏は私的にかなりツボで
大変だったラボでの毎日に多いに笑いを提供してく
れたのです。






彼の自信もさることながら、妄想力も“強”な
B氏。これはちょっと私的にきつかった、ある日の
会話から。。












仮にだよ。
















仮に、










僕と君が一線を越えたとしたら、
その先にあるのはいったい何なん
だろう。。。








僕は結婚しているから、君を愛する事はできない、
ナンタラ カンタラ。。。








いや、先も後もないから!!!!!そんな『仮』
は永遠に起こらないから!!!!そんな心配は
いーらーなーいーのーーーー!!!!!;;(涙)







激しく一人ツッコミをしてしまうB氏との会話。



限りなく怪しく聞こえると思うんですが、でも彼は
危ない人ではないのですよ。ストーカーになるとか
そういうタイプじゃない。妄想は激しいが、結構
冷静な所もあり、そして男の中の男である自分(自分
そう言ってたもん)は『相手の女性の嫌がる事は決
してしない。』と言うジェントルマンな信念がある
らしい。。

だから私がもうチャットはしたくないと言ってからは
すごくいい同僚として接してくれている。拒否される
と逆切れして、なじったり、無視したりする人もいる
じゃん?同じ職場だから、ちょっと心配してたけど
彼はその点、大人ね。「君が助けが必要な時はいつでも
いってくれ」なスタンスなの。これはこれで結構いい
男だと思うわよ。わたし。





そう、ジェントルマンなのよ。ふふ。
そして、それは昔からみたいよ。


だって、昔 仲が良かった女の子の事話してる時、
こんな事も言ってたもん。








結局、その子とは恋愛関係にはならなかったん
だけどね。。。
















僕が、紳士過ぎたんだよ。。。。




















そうだね。そうに違いないよ、B氏。。。

それ以外にその子がこんなに完璧なあなたを断る
理由は考えられないもん。






皆にはかなり変人扱いされてるけど、こんなB氏
は誰にでも手を貸せる優しい所もあって、私は
憎めなくて結構すきでした。



いや、でもまちがっても、
一戦超えたり、しないから!!!!!!!


まじで。。。これだけは冗談にしてもきつい。。。






そんな素敵なB氏の輝かしい未来を
私は願ってやまないのです。。。


男の中の男、
  完璧無欠なB氏に幸あれ!


グッ ラック!
(By キムタク) 





人気blogランキングへ ←B氏ファンの方も、そうで
          ない方も、今日も1クリック
          どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

彼の名は偉大なるB氏

久し振りにオモロい人たちについて書いてみる。



ここスイスにも、濃い人達が、、、、いる。


あの伝説の変人ブルーノ(さらに続編ブルーノ
に続く期待のホープ、


その名をB氏










私とB氏が出会ったのは、去年の夏のアメリカでの学会だった。
彼は今のラボの先輩研究者にあたる訳で、もうその学会があっ
た時にはこのラボへの就職が決まっていたので、同じく出席し
ていた今のボスが、B氏を私に紹介してくれた。


B氏は中国人の歯医者だが、中国で学位をとった後、フランス
で研究をし、その後ここスイスへやって来たらしい。この男、物
凄く自分への評価が、、、高い。。。



そして、困った事に、、私の事をとっても、、、気に入っている。。。







いい人は、いい人なんだと思う。。。(だぶん。。。)学会で会って
から速攻でメールをくれ、私がスイスへ引っ越し、仕事を始める
手続きをほとんど全部やってくれた。今住んでいるアパートも彼
が10件近く調べて、アポを取り、見に行ってくれてやっと見つけ
た部屋だ。

彼は私に会った時、私を”妹のように”面倒をみようと決めたら
しい^^;私的には”弟のお嫁さん、つまり義理の妹”くらいの
関係にしておいて欲しいと思うのだが^^;


あ、言っておきますが、B氏はもう7年連れ添っているB氏には
絶対もったいない!くらい可愛い中国人の奥さんがいます。
そして、B氏は、もし仮に私が

まーちんと出会っていなくて、
     物凄くさみしい生活をしていて、
              私はもう一生孤独なのー!!!

って状況だったとしても、「デートしないであろう」タイプの方です。
顔は四角くて平らですが、研究者にしてはかなり物のいい物を
着てるので、実際より見てくれは良くなっていると思います。
そして、美しい物を回りに置いておくのが趣味らしく、奥さんの
着る物の自分がアドバイスをしていらっしゃるようです^^;

余談ですが、わたくし、美意識の高い殿方は苦手でございま
す^^;「よく分かんないから、洋服選んでくれない?」と言う方が
ずっと好きです^^






さて、どれくらい、B氏が自分自身にあつい、あっつーーーーい
信頼を寄せているかと言いますと、、、、




自分作、の実験用サンプルを手に私のところへ来て、
何を言うかと思ったら、










「ほらほら、トモ、これは





世界で一番美しい



サンプルだよ?



自分より上手くこのサンプルが作れる人はいないだよ」


       (一片の迷いも無く断定です)











その”世界で一番”の根拠がわかんないよーー!!!


そんな大会があったのか???私が知らないうちに
サンプルDeオリンピック!みたいなマイナーな世界
大会が開かれていたのか????










またあるとき。。
2週間の休暇をとって中国へ里帰りし、そのついでに母校で
実験を監督する、その出発数日前のある日。



B氏のたまわく、






「中国の自分の母校では皆、自分が来るのを恐れている
だよ。

なぜなら!


自分が帰って来たら、

  誰も自分に太刀打ちできない
からな」







はっはっはっはっは!!!!(←と笑ったかどうかは定かでは
ない。。。)








どんな母校だよ!!!!!
      どんな自信だよ!!!!!!


「皆、自分の優秀さにはかなわないと分かっているからさ!」
(by B)




言えねーよーーー!!!そんな事、絶対、絶対、もし仮にそれ
が事実だとしても言えないよねーーー?????

そしてもっと重要な事は、それが事実である確立は物凄く低
い。。。と言うのがラボの皆の共有した意見です^^;

そんなにすごい人が、なんでここで一研究者してんのよ^^;
普通、とっくに教授とかになってんじゃないの???





恐るべし、、、B氏の事実把握能力。。。。








でも、私はB氏のこと、そんなに嫌いじゃないんだよねー。
だって、自信過剰が度を越えていて、お笑いにしか思えない
んだもーーん^^笑えるんだよ、この人。ここまで来ると笑える。





このB氏、事実把握能力の低下、自信が際限無く膨張中
以外にも、興味深い症状がでている。




スイスへ来るまでに部屋の事や、大学の手続きの事でしょっ
ちゅうメールのやりとりをしなくてはならなかった私とB氏。
面倒くさいので、チャットで話を片付ける事が多くなった。


そして、無事スイスへ到着した私。

オフィスの私用のデスクをもらって、パソコンで仕事をして
いると、、、

チャットのウィンドーが開いた。



















0_3













B氏。。。。。。

























あんたは、、、、あんたは、、、、、、、、、、































私の真後ろの席に
 座っているだろーーーー!!!!!!















3メートルも離れていないのに、、、なぜかチャットで用事を
聞いてくる、B氏。。。。


















私達って、社内不倫かなんか、だった?????



















んな訳なーーーーい!!!!!!!!!!













その後もB氏の暴走の日々は続く。。。


追記:
B氏は普段はもの凄く堅物な、真面目な、無口な感じの
人で、それが余計、行動とのギャップを生みますのです。
ハイ。そして、彼の中での男の浪漫を生きているのです。
ハイ。かなり、勘違いなところが多いですが。。。^^;

そう言われて見れば、このメールやチャットなど、面と
向かわない時だけイヤに情熱家に変貌するキャラ、
Kタローさんと共通する物が、あるある。事実把握能力
が微妙に低い所も、共通点、あるある。。。^^;




人気blogランキングへ ←変人に好かれるのは、そりゃ
           ほら、類友だろ。。。と思った
           あなたも1クリックよろしく。。

          
 
 











| | コメント (4)

2007年3月14日 (水)

清しこの夜。。。

イギリスと言っても、私がいるのはロンドンではないので
日本人の友達は数えるほどしかいません。しかも、ほと
んどが修士を取る為に留学してきた子達なので、1年で
帰ってしまうんです(イギリスの修士過程は1年なんです)。


そんな感じなので、日本人の男の子と恋愛??(←この”?”
重要ね!
)がらみな事になったのは、3年間で1回だけ。
でも、彼はちょっと面白かった。。。






その彼、Kタローさんは日本で大学を中退した後、いったん
塾の先生をしていて、その後でイギリスへ来ていた(学部生
だったと思うが、良く覚えていない)。だから年は30位だった
と思う。。。そろそろ人生の計画は?と言う年頃にも関わらず
単位落として1年留年してましたが^^;


坂本竜馬をものすごーく気弱にしたような感じの風貌の人で、

Ryoma21 ←参考資料





人当たりの柔らかい、いい人なのは間違いないのだが、ちょ
っと??な事もよくあり。初めて会ったのは日本人の友達の
家でパーティーをしていた時だったと思う(←すんません、
Kタローさんの記憶は全てあいまい。。。^^;)


どうやら、彼は女の子にとって、頼りにされる兄貴分みたい
なポジションだと守備位置をしっかり決めていたようで、私にも
そんな自分をちょっとアピール。でも私的に頼りたい感じでは
なかったので、私の兄貴にはならなかった^^;




そんなKタローさん、何を勘違いしたのか、私を優しくて明る
い、とってもいい子!
だと勘違いしてしまい(まー、明るいけど
ね。。。)、アタックナンバー1が始まってしまいました。。。







その頃周りにいた日本人の友達メンバーは結構夜な夜な

『”優しくて明るくていい子なともみちゃん”(←誰?)
               についての考察(byKタロー)』


につき合わされていたらしく、しまいには携帯の着信を見て
見ぬふりを。。。私事ではありませんが日本語は正しく使いま
しょう
ご迷惑おかけいたしました事をお詫び申し上げます。






彼は、会ってる時はそんな素振りは全然見せないのに
Eメールになると、いきなりタキシード仮面に変身すると
いう技をお持ちで、かなり熱烈なお言葉を書き連ねてくれ
るんですが、キャラに合わず、イマイチ効果が出てなかっ
た気が。。。^^;



その頃私はもうまーちんを付き合っていて、なんの不満も
無く、Kタローさんでなくても、恋愛感情はでません!って
感じだったんですが、気弱に見えてかなりポジティブ
キング
なKタローさんは”日本男子の良さ”なる物を語っ
てきたり。。。日本人だろうと何だろうと、そんな物を基準
として付き合っている訳ないんだけど。。。^^;あなたが
ポーランド人でも、付き合ってないと思うよ。。。








そんな素敵なKタローさん、自宅で皆を招いて開くクリス
マスパーティー
に私も招待してくれました。



実はKタローさん、料理はすごく上手いんです。パンとか
も自分で焼いてました。私も、ちょっと変だけど、Kタローさん
を嫌っている訳ではなく、その恋愛感情をなくしてくれれ
ば。。。
という友人関係だったので、招待も快く受けました。





当日、携帯メールで何か買ってきて欲しい物は無いか
聞きます。パーティーに限らず自宅に呼ばれた時は
手土産を持っていきますが、友達ならかぶってしまわない
ように本人に何が欲しいか聞くこともあります。大体は
自分が飲むドリンク程度を持参しますが、メンバーによっ
てはノンアルコールの方が良かったり、スイーツの方が
喜ばれたりしますからね。その日は私一人で行くので
「まー、ワイン1本あればいいかな?」と思ってたわけ
ですが、Kタローさんからの返事は






「ワイン2本くらいでいいから^^」

















くらいって言った。。。。




















OK!
2本もってくよーん! ^^/













そしてKタロー家に着くと(大学の寮で4人位とフラットを
シェアしているので1人暮らしじゃないよ)、そこには、、、























Kタローさんしか、いないよーーーん?











なんでかなーーーーーーー???????

















机の上にはキャンドルが揺れてるよーーーーーーん???


2人分の食器がセットされてるよーーーーーん?????






















ハメられた。。。。
















Kタローさん!
    それは反則です!!!!!!


















まー、身の危険はないし、せっかくいろいろ料理してくれて
いたので楽しくお食事させていただきましたがね^^;



ロマンチックな彼的に)ディナーの後(with ふつーの会話)、
家まで送っていただいて告白されました><









「惚れました!」








直球だわ。。。。







もちろん、丁重にお断りしましたが、その後もソフトなアタック
は続きました。。。しかもまーちんが迎えに来る時は、絶対
顔を合わせようとしません、Kタローさん。なぜかって?
それはKタローさんは心優しい、気遣いの人だからだよ。



だって
「彼が不安になるといけないから。。。」
                
って言ってたもん!





















なんないから。。。


















そんな素敵なKタローさん、帰国前に日本人の彼女ができ
(たぶん)その彼女とめでたく結婚なさったそうです。


めでたし    めでたし。










              <完>




| | コメント (17)

2007年1月29日 (月)

続・奇人ブルーノ

初級ポーランド語クラスも終わり、奇人ブルーノに会う
こともなく、その存在も忘れかけていた頃。いつものよう
に大学の帰りにまーちんと買い物の為にいつものスー
パーへ。



ふと顔を上げると。。。














ブルーノじゃ----------!!!!!




ひょえ~!!!
(まーちんに見せたかった思いが叶った満足感と、もう2度
と会いたくなかったという悲しみの心の叫び)








気付いた時には目の前にいて動揺しているうちに相手に
見つかってしまったため、何となくまーちんを紹介(←この
へんが動揺具合を表してます)






「あ、、、こちらブルーノ。。。ほら、ポーランド語クラスの。。
こっちはまーちん。。。」



「Hi。」(←まーちんは必要最小限の事しか言いません^^;)


「あ、まーちん、まーちん。。。」




会話したくなかったので、不自然ながら「じゃ!」と切り
上げる私。











その場から離れ、野菜売り場で買い物を続ける私達。


















「コチャ。。 コウチャ。。。 アッチ。。。ツウロ。。。。」









!!!!














ブルーノ、なんでオマエはそこにいる。。。

野菜の列の反対側からポーランド語で話しかけてきている。。
しかも、久し振りのポーランド語で意味の分からない文章に
なっている。。。







と、日本語に切り替える

「オカシ、、、、 オカシ、、、、」





注:オカシとは、彼の飼っている飼い犬の名前である。
もともとはクッキーと言う名前なのだが、クッキーを
日本語で言うと何ていうんだと言う質問に後輩の友達
が「クッキーだよ。。」と言ったのが気に入らず、しつこ
く粘って、「お菓子、、、かな。。。」と言う一言を無理やり
ゲット。その日から犬の名前は「オカシ」になった。。。

















オカシオカシ言ってんじゃねー!!!
                   きもいんじゃーー!!!









2度目の強行突破でブツブツ言っているブルーノを振り
切って、レジへ。

何とか無事生還











しかし、先週また遇った。。。







自転車でブイブイ言わせながら自宅へ向かい快走
していた私達。歩行者信号で足止め。その時!







「Hi!

トモ、そして マーチン!!!」 
(いやにさわやか)

















ブルーノ!!!!!!







タイミングよく、信号がに!!!!




「Hi!じゃーねー!」(会話短かっ!!!)











ふー。あぶなかった。。。。。

































「ボク走ってるよー!」














ブルーノが横の歩道を走ってる。。。。(イギリスでは
自転車は車道を走るのが普通なので)




















なんで走っとんじゃー!!!!!!

お前はマラソン選手の横を走る小学生かよ!!!!









。。。。(←コメントが付けられず笑うしかない私)






「そんなに遅くちゃだめだよーーー」




「ぼくの方が速いよーーーーーーーーーー」














お前、ほんとに意味不明だよ。。。。。

ついて来んなってーーーー!!!!


(まるで愛する人の旅立ちを見送る駅のホームで
どこまでも列車を追いかけていくような
。。。この絵柄
が意味わかんないよ><)













その後、ブルーノは結構人通りの多いレストラン通りを
駆け抜けながら100mほど走り続け、最後は「じゃーね
ー!」と大きく腕を振って私達を見送っていました。。。















こえーーーーーー、 ブルーノ。。。。

もー、会いたくねーーーーーーよおーーーーーー ; ;











ほら、あなたの前を歩いているその男の人、もしかりたら
ブルーノかもしれませんよ。。。ふふふ。。。







              (完)

             
(お詫び:恐怖による極限状態の為、一部、花嫁ブログに相応しくない、
聞き苦しい日本語が発せられております事、深くお詫び申し上げます。
By 花嫁)

| | コメント (14)

2007年1月27日 (土)

奇人ブルーノ

ブルーノ。



私のいる大学へ交換留学できていた後輩の友達は彼の
事をよく知っているはず。一応イギリス人だと思うのですが、
話し方がおかしいのでネイティブなのかやや不安になる
時もアリ。


彼女達は運が悪いと言うか何と言うか、偶然彼の親(だと
思う)が所有していて、彼が大家になっているフラットを
借りてしまった。そして私は、全く別の巡り合わせで、彼と
同じポーランド語の授業を取る事になった。これが私が
彼と出会ってしまった成り行きなのだけど。




やつは本当に、です。。。



かなりいっちゃってるんじゃない??と見せかけて、
本当は正常なのかもと思わせたと思えば、

ただの変なやつなのか??と思わせて
ホントは精神病かも。。。といった感じの人で。





結論としては『多分相当狂ってる。』が適当だと思わ
れます。








ポーランドクラスの初日。初めて会う生徒の私達は先生
に続いて、自己紹介します。皆普通に

「祖父がポーランド人で親戚も何人かポーランドにいる
ので、ポーランド語を話せるようになりたいと思ってこの
授業を取りました^^」


とか



「妻がポーランド人なので、」



とか




「ポーランド人の親戚がいるわけじゃないけど、ポーラン
ドにとっても興味があるので、、」



とかですわ。











次、ブルーノ


















「こ、こ、、   













コハクの商売をするため。。。。。」


























怪しい。。。










彼の容姿は、金髪っぽい色素の薄い髪の毛を角刈
りみたいにして、色白でどっちかと言うとヒョロっとした
痩せ型で、そのくせ目だけはギョロギョロしてし、しゃ
べり方もあからさまに暗いのです。なので、この自己
紹介だけで、「何、企んどんじゃー!」と、かなり怪し
いのですが、ポーランドは琥珀の産地でとっても安く
手に入るので、まあ、ありえない理由ではないですね。







と言っても、この最初の直感は当たっていて、やつは
正真正銘の奇人でした。









斜め後ろにたまたま座った私が日本人だと知り、微妙
な日本語を披露しようとします。彼によれば、中国とも
ビジネスをした事があるとか無いとかで、日本にも興味
があるらしい。事業拡大ですな。。。





でも、「アリガト!」とか「コンニチハ!」とか言ったベー
シックな日本語は出てきません。最初の会話は、



















「ヤワラカイ   ミミ。。。」









「は??」(←聞き取れなかった私)











「ヤワラカイミミ。。。。」











(この人、『軟らかい 耳』って言ってる様に聞こえる
けど。。。。どうなの???私、くるっちゃった???)










「それどういう意味?」






「ソフト イヤーだ。。」
























当ってた。。。。。















こいつ絶対、やばいよ!


ウィーーーン!!
ウィーーーン!!!

ウィーーーン!!!!
(鳴り響く警告音)















「ヤワラカイミミ。。」





「ヤワラカイ ミミ。。。」
























まだ言ってるしー!!!!!!






















出会ったその日に、こいつからはなるべく離れていよう
と心に誓った私でした。






奇人ブルーノの奇行は授業中でも続きます。と言って
もやつは陰気に静かな感じなので、授業の邪魔になっ
たりはしませんでした。自分で勉強したのか、ブルート
意外に単語は知ってます。でも発言には、変人ぶりが
色濃くでてました。。






ある日の授業は、『家の中の部屋や家具の名前を覚え
ると共に、”暗い” ”綺麗” ”大きい”などのそれらを
表現するために形容詞をマスターしよう!』と言うもの。

一通り新しい単語を確認し、家の様子を話せるように
なった後、先生が『長距離電車で隣り合わせになった人
と新しく引っ越すことになった家について話をする』と
言うシチュエーションで会話をしてみましょうおっしゃい
ました。




指された生徒が順番に先生相手に会話をします。

皆さん、習ったばかりの単語で「カラフルなキッチン」とか
大きなリビング」とかそれなりの会話を一生懸命作って
います。













はい、ブルートの番




















先生 「その家はどんな家なの?」






ブ  「スゴク、、、キタナイ イエ ダヨ。。。」

  


    (一同 やや引き)









ブ  「ソウジヲ シナイカラ キタナインダ。。。」





    (さらに一同引く。)







先生がんばって会話を続けます。。。


「どうして 掃除をしないの?」


















ブ  「ソレハ、、 ソウジキガ  ナイカラ。。。。」






   一同、ドン引き (先生を含む)





























どんな会話じゃねん!!!!!












会話の練習にも相応しくなければ、実際のシチュエーション
であっても気持ち悪いわーーー!!!!

そんな状況だったら
    私は逃げるね。。。怪しすぎる。。。。 








そんな怪しすぎるブルートの話を私は毎週のようにまーちん
にしていたのだが、まーちんに見せる機会はなかった。

しかし、今年、中級のコースには来なくなってずっと会って
いなかったブルートに私とまーちんは街で偶然遭遇する。










つづく

| | コメント (10)

2006年9月21日 (木)

イタ男くん

今日は、気分転換にイタリア人のこと。



知ってる人は知ってると思いますが、まーちんと付き合う
前、私は2年ほどイタリア人と付き合ってました。で、イタ
リアで長期滞在してその人の家族や親戚、友達に囲まれ
てとても良くして貰ったので、彼らの社会を内側から見る
機会がありました。日本で言うイタリア人のイメージ
当たってるとこ、間違ってるとこ、感想があります。


そして、何人かの経験者の話を聞いたり、イタリア人の
友達を見ていても、私の印象は結構共通して見られる
イタリア人の特徴みたいです。


私の場合、イタリア人の女の子達の印象は総じていい
です
。みんな明るくて親切です(一部はちょっと遊びほうけ
過ぎではありましたが)。と言う訳で、ここで出てくるのは
イタリア男




とは言うものの、やっぱり国民全部を一からげにして自分
の経験から話をするのはちょっと気が引けるので、ここで
はイタリア人ではなく、代表者イタ男と呼びましょう。イタイ
男と言う意味もかねてね^^








まず、第一にして一番大きいのは





イタ男はマザコン(かなり激しいタイプ)です






これは間違いなさそうです。本当にかなりの勢いで、
そうです。

例を挙げたらキリがありませんが、一部を紹介すると、
「ママはすごくキレイ!(ママは60近いです。参考
までに)」
とか平気で言います。私は年を重ねることに
肯定的なので、ママが60だろうと、80だろうとキレイ
だと言えることは素晴らしい
と思います。








これはママだけに対するもので、その他の女性はこれ
には当てはまらない
のです。(この辺がヤなんです><)

街で、60近いけど、知的でピンと背筋を伸ばし、すごく
素敵に年を重ねてるなーって思える女性を見つけた私は
彼に「あの人すごく素敵だねー」って言ってみた事が
あります。返ってきた答えは、え”~すごい年じゃん!」
「あんたのママの方が、見た目ずっと年だろー!」って
呆れてしまいます。。。


家族を大切にするのはとても良い事です。でも大切にする
事と、他人にもそれを押し付けることは違よね。彼らの場合
自分が大切にしていると言うより、自分を大切にしてくれる
ママを皆は大切にするべきだって感じです。当然恋人にも
友達にも、自分のママ(と言うより家族かな?)への恩返し
を強要する。。。自分でしろよ、皿洗い自分でやれよ、
宿の手配
。。。う~ん分かるかなー。





2つ目は、イタ男は自分たちが世界で一番美しい男達
と思っています。本気で思っています。本当はブチャイク
でも。。。^^; これは個人差が結構あると思われますがね。




もう1つ、私が思ったのは、彼ら、「自分は女の考えている
事なんかお見通しで、とても敏感だから、彼女が浮気した
のにピンと来たからふってやったよ」とか信じてます。個人
的に、よそから客観的に見ていると、これは彼女が冷めて
別に別れてもいいと思っているから彼らが気付いたパター
ンが多いんですが^^; このポジティブキングで自分に都合
のいい解釈は、「違うと思うよ。。。」とも言えないくらいの
自信を持って信じ込まれているのです。




しかし!
私の経験から1つイタ男の間違った印象を挙げるとすれば、
彼らは特別プレイボーイでもナンパ師でもなかったこと
中にはそういう人もいるだろうけど、そういう人は他の国にも
いっぱいいるし、他の国民と変わらないんじゃないかな。




しかし、これらの素質をムンムンと匂わせていても、友達と
してはとてもいい人たちばっかり
でした。あれやこれや
世話を焼いてくれて、とっても可愛がってもらったのは今
とっても感謝してます^^



でも、まー相性はほんと人それぞれなので、
* マザコンが大丈夫な人
* 束縛されることに愛情を見出せる人
* 負けず嫌いで対抗してくる所をだっさ~ではなく
   かわいい!と思える人

はきっと上手く行きます。ふふふ、私は無理ですが^^;


でも、イタリアと言う国(住むとか働くとかはちょっと^^;)、
料理や文化はすごく好きです。それらを内側から体験する
機会をくれた事、そして、イタリア語を覚えるきっかけを得
られた事にはとても感謝してます。どんな人間関係も自分
をしっかり持っている限り人生の財産です。









最後にハッキリさせなくてはいけないのは(させなくていい
??^^)私が”外国人好き”ではない事!!!

そう勘違いしてる友達もいるくらい。ちゃいます。日本人
の方がラテン人より好みです^^そして、付き合ってきた人
のほとんどは日本人ですから。国際結婚している人は
外国人好きだと思っている人も多いし、そういう確率も
高いかもしれないけど、こっちにいて運命的に惚れられ
る日本人に遭遇することはほんとに少ないのよ^^;
確率が全然違うもん、日本にいるのと。パートナーとして
持っていてほしい資質が他にいっぱいありますから、国
籍なんかで選びませんよ、ほんとに ^^;

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

友情: 男と女の場合

昨日、すごく嬉しい事があった^^

3年近く、ろくに話もしていなかった(メールも含めて)大学時代
の大親友とチャットで話せた。



彼は皆仲の良かった学部仲間の中でも、特に仲良しだった。
一つ年上で、始めは1年上の学年で入学してたけど、1年
休学してイギリスへ行っていたので2年から一緒の学年に
なった。もともと私の知り合いの先輩の彼氏として紹介され
たので、私は彼の事をいつも先輩と呼ぶ。



前に話した高校時代の親友「はじめ君」よりはずっと地に足
の着いた人だけど、やっぱりかなりの個性派で、ムチャクチャ
してるようで一番回りに気をくばってるような、学部内の兄貴
分みたいな人。


私はなぜか、グループの中で変なオーラを放ってる人と友
達になる事が多い。もしかしたら私も変なオーラを放っている
のかもしれない^^;




そして私が惚れるのは、正反対の「」のタイプ




だから、異性として惚れるタイプと友達にはなれないし、友達
として大好きな人達と恋愛関係になる事はほとんどない。




ひとつ厄介なのが、男でも女でも、私は1対1で話をするのが
好きな事。グループでわいわいやるのもたまにはいいが、「この
人はすごい人だ」と思った相手とは1対1で話をしたいと思う。
大勢の中での会話はどうしても、皆が会話の内容に無責任に
なる
。話した内容はあとで噂話として面白おかしく話される事も
多い。そういうのは好きじゃないし、だから私は深い内容の話
なんかしない。でも、自分にとって学ぶべき事があると思った
相手とそんなうわべだけの世間話はしたくない。






これでその人が女だったら、心配無用。でも、男だとどうして
もいろいろ面倒な事が絡んでくる。






まず、私の彼氏。彼らは我慢させられる事になる^^;
前に言った様に、私は友達だと分類した人にその後惚れる事
はない。それに親友付き合いは1対1が基本。それを理解して
付き合いだしても、やきもち妬きは我慢できなくなる。そういう
人とは長くは続かない。自分を正当化するつもりは無いけど、
私は彼氏が他の女の人と2人出会う事を、別に気にしない。
会うって言うこと自体が大事なんじゃなくて、浮気しようとしてる
のかしてないのかが問題で、そんな事なんて、付き合ってれば
分かると思う。信用できないタイプは付き合いたいとも思わない
から。そして、まーちんは気にしない人^^本当に自分に自信
(ナルという意味ではない)がある人は嫉妬なんてしないと思う。
と言う訳で、私の彼氏は心配いらなくなった^^



そして、相手の彼女。これは私の口出しする範囲を超えてい
る。だから、相手に任せる。本人は私達がカラッとした関係
しかないってのは分かってるし、それでも彼女に対して申し訳
ない言う思いに苦しむなら、会えなくなるのは私は仕方ないと
思う。


ただ、一つ、私がとっても傷付く事がある。それは突然無視
される事
。理由も分からないまま、プッツリ音信不通になら
れるのは本当に悲しい。嫌いになったならそれでいいし、
彼女ができて女友達とは縁を切りたいならそれでいい。一言
言ってくれればいいのにと思う。それ位告げてもらえるくらい
の友人関係は築いてきたと思ったのに。。。と、とても悲しく
なる。



とにかく、そんな経験をして疎遠になった男友達がいたので、
別にその大学時代の親友が私を無視していた訳じゃないけど、
ちょうど疎遠になってたのが彼が結婚した頃だったし、もう私
とは関わりたくないかな
って心配で、彼がオンラインになって
いても、なかなか話しかけられなかった。。メールを無視される
のも悲しいけど、チャットで話しかけて無視されるのは本当に
ショックだから。



でも、昨日、なぜか話しかけてみようと思って、その勢いで
「元気?」って聞いてみた。



彼はすぐ「元気よ。でもビックリしたー!」って返事してく
れた。








よかった!^^





最後に会った3年前と、よく一緒に遊んでた5年前と変わら
ない会話だった。本当にうれしかった。たぶん彼が想像する
よりずっと、私はうれしかった。大切な大親友が、まだそのまま
でいてくれた事が。きっと彼には大袈裟だって言われるけど。




会話の中で「1度あなたは私の前から消えてるからね」って
私が言った時、彼は「消えたんじゃなくて、身を引いたんだよ」
って言ってた。これなのかもなー。私が男の人と友情を築くのが、
女の人とより難しくなると思う理由は。本人同士以外に、気を使う
事がやっぱり多くなるから。







日本への帰国が待ち遠しい。昔からの親友達新しい友達
皆に会って話ができるのが待ち遠しくてしかたがないです^^



P.S.
今日、私が交換留学生としてイギリスへ来た時からの友達が
ロンドンからやってきます。一緒に夕食へ行く予定。今週末は
友人ラッキーデーでした^^

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

禁じられたあそび

私とまーちんは基本的に自転車通学。こっちはすぐ天気が
変わって、「さっきまで晴れてたのに今は土砂降り;;」みたい
な事が多いからそういう時はバスを使いますが、夏になると
天気も安定して、日本みたいな湿気も無くカラッと晴れる
ので、自転車で来る人も増えます。

そして今日のお題。サイクリングスーツ!

皆さん見たことありますか?ダイバーが着るような黒地に
ビビッドカラーの模様の入った全身タイツ方スーツです。


68605122005

(←これはセパレートでショートなタイプ。
くるぶしまであるやつはほんとに全身
タイツです)






これ着てくる人いるんですよねー^^;女の人は未だに見た
ことないですけど。これ、想像つくと思うんですが、目の
やり場に非常に困ります

















いや、見たい訳じゃないですよ!





見たい訳じゃないのに(ほんとほんと)、まるで自分が見たい
と思っていると思われているんじゃないか
と言う心理状態
に陥るんですねー。


複雑な深層心理です










そして、私の尊敬すべきアドバイザー、教授・スティーブ
彼はあのサイクリングスーツで颯爽と出勤されます。そして
研究所の吹き抜けになっている階段スペースを1階から4階
までそのお姿で上り下りされます(出勤・帰宅時だけで後は
普通の洋服に着替えていますが)。

その階段スペースは多くの研究室のオフィスやコンピューター
スペースから丸見えでまるで、ファッションショーをするような
ものなのですが、さすが私のアドバイザー(何が?)スティーブ
非常に堂々と全身タイツで闊歩しております。

雄雄しいですねー。



そしてみーんな目のやり場に困ってます^^;










しばらく前、イギリス南部のサウスアンプトン(ここはあの
タイタニック号が出航した港町です)の研究室に2週間
実験技術を学びに行っていた時、もう一人手ごわい全身
タイツァーに出会ったことがあります。彼、出勤帰宅は
もちろん、仕事中も全身タイツ(サイクリングスーツ)の
まま。。。


何も悪い事してないのに、まるでこっちが下心(ないよ)ある
ような気分にさせられる事に憤慨した私は、決心しました!







どうせ、罪悪感を感じさせられるなら、、、







堂々と観て
(観賞?)やろうじゃないの!!!!





次の日から、意を決した私は彼の登場を待ち構えていた
のですが、彼が前からやって来ると!!!



























やっぱり
見れなーーーーーーーーーーーい!><
















敗北。


妙にくやしー。








彼もたまに普通の服で出勤したりするので、チッ!とか思い
ながら過ごすうち、2週間の滞在期間が終了してしまったの
でした。。。。







最後まで、凝視できなかった。。。。


負けた。。。


全身タイツに負けたんだわ。。。。











今度こそ、(スティーブは一応アドバイザーなのでやめておき
ます)全身タイツァーに出会ったら、、、



絶対凝視してみせる!!!



決意を新たにした私でした。






以上、
イギリスから、
ともみでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

貴女も今日からあにーたに

もーほんとに、絶望的です。
















何がって、


コメント欄に記入ができないの!!!








声を大きくして言わせてもらいましょう。






マッキン0ッシュなんて大嫌いだーーーーー!!!!!






という訳で、コメントくださってる心優しい皆さん、返事が
なかなかできなくて本当に申し訳ありません><でも、気に
せず書いてください(気にするよね。。。)コメントはとっ
ても励みになるので。。。そして、皆のところでコメント
残せなくてゴメンなさい><すごくもどかしいです。。。




記事なら問題なく日本語で書けるという事で、
記事でコメントにも答えちゃいます。



まずは今話題の「男服、ノンノン委員会」について、委員長
のさおりんごさん!いいんです。さおりんごハニーさんが
5指ソックスを履いていたとしても、我らの結束は
永遠ですっ!そして、ワイシャツの下にタンクトップを着て
いる夫を気にしていた、わたあめさん!いいんですいいんです。
見えないところはいいんです!


私、「見えない所にこそ気を使うのが大人のお・ん・な」
なんてせせこましい事(”せせこましい”の使い方が間違
ってます)言いません!見えるとこ、命です。表面的です。









コメントに返事をしてすっきりした所で、
今日の本題です。


先日ご紹介した、モテモテあにーたがまたまた巷でプチ
ブームを引き起こすかもしれない、予感がしているよう
なので、今日は初心者のための「今日からあなたも
プチあにーた!」特集を。




ー 初級編 ー



* 人と目が合ったら取り敢えずにっこりと微笑む^^


* 体系維持に気を抜かず、子持ちに見えないスタイル
  を維持


* おしゃれにも気を使い、高価でなくてはやりのアイ
  テムをさりげなくプラス





これをマスターしたら次は
ー 中級編! ー


* 男に媚びるためではなく、女友達にも気遣いがうまい


* バリバリ働いて(常に上の事に挑戦していくという
  意味で)、努力を惜しまない


* たまには、谷間を見せる





そして、いよいよ
ー 上級編!! ー


* 女同士の時に悪く言っていても、その男の人の前
  では結構かわいめに対応(えっ!?嫌いだったんじゃ)


* 自分のモテ具合、デキル女具合を日頃から会話に
  挿入して、手の届かない女感をアピール


* 自分に気のありそうな相手には、他の男の存在を
  それとなく匂わす。そして、聞かれたら「xxくん
  に言い寄られちゃって」と暴露してしまう


* 不倫するつもりがなくても、好意を持っている事を
  相手に隠さない





ここまで来れば、あなたの周りの男の子達は
「なぜかいっつも、面倒起こすの。なんでかしら?」
となるでしょう。

あにーた恐るべし。そして、彼女のすごい所は、これらを
計画的にではなく、無意識にやっているという事でしょう。
でも、彼女、自慢屋な訳ではありません。自分におこった
いい事も悪い事も、しゃべっちゃうんです。普通なら
「あっ、彼私の事見てる。気があるのかしら。」って
思っても、人に話しませんよねー。勘違いだったら恥ずか
しーじゃん!って事になりますが、あにーたは「彼、私に
気があるみたいなの。どうしよー」と言います。そして、
勘違いの時もあります^^;でも気にしてないみたいです。
それでも、何度もそんな話しを聞いてるうちに、あにーた
ってメッチャモテモテじゃんってイメージができちゃうん
ですねー。意表をついた作戦です。まー、勘違いじゃない
割合は普通の人より高いんですけどね。




さー、プチモテあにーたを目指すあなた。今日からさっそく
トライですよ!



そして、まーちんはあにーた系に全く興味のない数少ない
男の一人です。わたしら お互いマニアック趣味なのでね。




P.S.
効果のあった方、ご報告お待ちしてます。




 

| | コメント (5) | トラックバック (0)